危機一髪で救われた黒猫。今では生徒の表情をしかめっ面から笑顔に変える癒しの存在に。

生後約6週間の黒猫オニキスは現在預りさんの元で暮らしています。その預りさんとは実は大学で英作文を教える先生なのです。そこで日々ストレスを抱える生徒達をリラックスさせる効果があるのではないかと思い、オニキスを英作文の授業に同伴したのですが...

危機一髪で救われた黒猫。今では生徒の表情をしかめっ面から笑顔に変える癒しの存在に。

子猫が大学の授業に参加?

危険な場所で保護された子猫


生後約6週間の黒猫のオニキスは2016年11月、カリフォルニア州サクラメントの高速道路の入り口付近で保護されました。

保護から3日後、預りさんの元へ行ったオニキスは安心できる場所でとってもハッピーだったそう。

「彼女は甘えたり遊んだり私の胸の上で眠るのが大好きな陽気な子なんです」と預りさん。
出典:https://www.reddit.com/user/Checkoutmygatos

預りさんは大学の先生!


実は預りさんは大学で1年生の英作文のクラスを担当する先生。そして現在受け持っているクラスは偶然にも留学生ばかりのクラス。彼らにとって母国語でない英語で文章を書くことを学ぶこの授業は実にストレスになるのだそう。 そこで先生は少しでも生徒たちのストレスを和らげてあげるべく、オニキスに大役を担ってもらうことにしたのです。

小さなアシスタントが大活躍!


ストレスを抱えしかめっ面で教室入りした生徒達はオニキスの姿を見るなりその顔は笑顔に変わります。授業中はオニキスの全開で喉をゴロゴロする音が教室中に鳴り響き、その音に生徒達はとても癒されている様子。そして授業が終わると生徒達はオニキスのところに再び集まりを抱っこをしては笑顔がこぼれます。

ストレスの吹き溜まりのような空間に子猫が一匹いるだけで空気は変わります。生徒達はとてもリラックスして授業に臨めたようです。

こうしてオニキスの授業アシスタントは大成功を収めました。
出典:https://www.reddit.com/user/Checkoutmygatos

大役を果たしたご褒美は?


長時間の授業の最初から最後までを見事に乗り切ったアシスタントさんには大好きな缶詰フードのご褒美! あらあら、顔ごとフードにダイブしちゃったから顔中フードだらけです♪

人に救われた猫が人を癒す


大役を果たしすっかり疲れて預りさんの腕の中で眠るオニックス。永遠のおうちの夢でも見ているのでしょうか? 人に救われ人を癒す猫。この日たくさんの生徒達に笑顔をもたらした小さな子猫には不思議なパワーがあるようです。 一日も早く夢見る永遠のおうちがみつかりますように!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

Silver7s

ミニチュアダックス2匹と暮らしています。2匹のうち一匹は元捨て犬です。海外の動物にまつわる記事を書かせて頂いてます。