誰かに必要とされる幸せ。動物保護施設が始めた介護施設への新たな取り組みが老人たちを変えた

誰かに必要とされる幸せ。動物保護施設が始めた介護施設への新たな取り組みが老人たちを変えた

987
update

今回は、動物シェルターが老人介護施設の入所者に親猫のいない赤ちゃん猫のお世話をしてもらうというお話です。そんなことができるの?と思われる方もいるかもしれません。その取り組みを実際に行ってみてどうだったのでしょうか?子猫ちゃんと施設のお年寄りの方たちに起きた変化についてお伝えします。

987
update

子猫の世話を楽しむ高齢者たち

新たな取り組み

アリゾナ州にある動物シェルターでは、生まれたての子猫の世話をしてくれる人手が必要となり、老人介護施設にそれをお願いするという異例の決断をしました。

このプログラムを発案したのは、保険事業所長のレベッカ ハミルトンさん。介護の仕事の他に猫の里親のボランティアもしていた彼女は、猫の世話をすることが、彼女自身にたくさんの喜びと幸せを与えてくれるということに気付き、それをお年寄りの方と一緒に取り組むべきだと考えたからです。

世話をする側も、24時間看護が必要とされている

Catalina Springs Memory Care の事務局長シャロンマーサーさんは言います。 「はじめは、それってどうなの?と思われるかもしれません。だって24時間の看護が必要とされている入居者自身が赤ちゃん猫の世話を任されるのですから!」

認知症やアルツハイマーになっても持ち続けている気持ち

「でも、認知症やアルツハイマーになっても動物の世話をするスキルもあり、動物たちへの思いやりや交流を持ちたいという気持ちなどを持ち続けています」

「愛情を与えたり、愛されたいという気持ちはずっと持ち続けているのです」

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

うちの施設でもやりたい❤️

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー