• 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      コメント

      生後6ヶ月くらいから徐々にお留守番ができるようになるんですね~。とはいえまだまだ1匹だけで丸一日過ごさせるっていうのは不安だなぁ。短時間の留守番ならできるんだろうけど、やんちゃな盛りだから何をするか分からないですしね~。

      23842
    • 生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後8ヶ月の猫は、留守番もかなり上手にできるようになりひと安心。でも発情期になると困った問題も起こります。また噛む力も強くなってくることから、生後8ヶ月の猫が、噛むときに手加減できないと飼い主さんの手は傷だらけになります。この時期の育て方のポイントを考えていきます。

      コメント

      猫が噛む理由は単にじゃれている感覚でいるんだろうなと認識していたのですが、噛む加減を学べなかったということも挙げられんですね。これが原因ならば、筆者の方がおっしゃる様に加減を教えてあげなければ!と思うのですが、どんな風に教えていけば良いんでしょうか?

      17525
    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後7ヶ月の猫は留守番ができます。しかし発情期を迎えると幼猫の頃とはちがった行動もするため、留守番のときに新たな注意が必要になります。また永久歯が生えそろったあとで飼い主さんを噛む癖は、矯正しないといけません。この時期の猫特有の、留守番と噛む問題について考えていきましょう。

      コメント

      生後7か月頃の猫はまだまだ子供と捉えていましたが、結構色んな事ができるようになる年頃なのですね。留守番や噛み癖に関してなど、有益になる情報を掲載していただけて感謝の気持ちで一杯です。この記事を参考にしながら育てようと思います。

      18507
    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      子猫は楽しいことが大好きな好奇心旺盛で自由気ままな探検家です。 生後5ヶ月の子猫にもなれば育てるうえで目を離せることも多くなります。でもまだまだ人間の子どもでいえば10歳前後の年齢なので成長時期ですよね。 気になる噛み癖(噛む問題)や留守番のさせ方を生後5ヶ月目の子猫の育て方から見ていきましょう。

      コメント

      生後5ヶ月の子猫ってこんな感じなんですね~。10歳前後ってことは一番体が動くし一番元気いっぱいでやんちゃな年齢ですよね。この年代だからこそしつけはきちんとしなきゃですね。三つ子の魂百までっていうようにこの時期の影響が成猫になってから大きいと思うので。

      9638
    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後3ヶ月の子猫は、小さな身体に沢山の好奇心と大きな可愛い瞳に映る全てのモノが楽しく不思議に感じるころです。 でもまだ3ヶ月。お母さんのことを思い出しては鳴いて探したり不安になる時期です。飼い主さんもそんな子猫をみて留守番をさせることもためらいますよね。 生後3ヶ月の子猫を育てながら猫の困った噛み癖も減らせる育て方としつけには、どんなことがあるでしょう。

      コメント

      三ヶ月頃の子猫はまだまだ子供って思っていましたが、この時期のしつけがとても大事ということなんですね。これはすごく勉強になります。大事な時期にしつけをしないでいたが故に、後々猫にとっても飼う側にとっても困ったことにならないように、気をつけたいです。

      21367
    • 猫の噛み癖が痛い!そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

    • 猫の噛み癖が痛い!そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

      猫を飼っている人なら、誰もが悩む「噛み癖」。しかも結構痛い。これが癖になっているなら、飼い主さんの手足は傷だらけなはず。これ、今すぐにでも直すことができるのでしょうか。じゃれついて噛んでいるのか、本気で噛んでいるのかでも対応は変わってきます。噛む理由、、どのようにしつけられるのかをご紹介したいと思います。

      コメント

      本能である猫の噛むという行動、いくら本能といえども成長するにつれて噛む力も強くなっていくと思うので、小さい時から「噛むのはダメ」と諭していく必要があると、記事を目にして改めて感じたところです。地道に諭していくことで、噛む回数が減ってくれればと思います。

      14485
mofmoおすすめ

おすすめ記事をチェック!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!