犬にアボカドを与えても良い?アボカドに含まれる危険成分について詳しく解説!

犬にアボカドを与えても良い?アボカドに含まれる危険成分について詳しく解説!

2969
update

「森のバター」と呼ばれるほど栄養価が高いことで知られるアボカドですが、犬が食べても健康に影響はないのでしょうか。アボカドに含まれる成分が犬に与える影響や、犬がアボカドを食べた場合の対処法についてまとめてみました!

2969
update

犬がアボカドを食べても良い?

犬が食べてはいけない食材

Hannamariah/shutterstock.com

犬はアボカドを食べても良いのでしょうか?

結論から言うと、現在はっきりとしたことは分かっていないようです。食べない方が無難ではありますが、100パーセント有害という証拠も確立されていません。海外製のドッグフードやおやつの中には、アボカドの有効成分を高らかに宣伝したものさえ存在します。

そのため、今現在調べられる情報ではっきりした結論を出すことはできませんが、食べない方が良いとされている理由について幾つか見てみることにしましょう。

アボカドが有害と考えられている理由

一つに「ペルシン」という毒素の存在が挙げられます。殺菌作用があり、人体にはむしろ有効な成分として機能するペルシンですが、人間以外の動物には毒性が強すぎるとされています。アボカドの栄養成分として魅力的な物質も、他の動物には危険なようです。

ペルシンについては後ほど詳しくご説明しますが、現在でもその働きや効果が十分分かっていない成分の一つでもあります。犬に対するアボカドの危険性は今一つ証明されていないのですが、鳥類や馬、ウサギなどに対する毒性は明確にあり、重度の中毒症状になると死に至る症状を引き起こすこともあるようです。

果肉には含まれていないとされていますが、果肉の脂肪分により介在する可能性があり、皮や樹皮、種以外も危険性があります。

日本では毒性の低いアボカドが主流なので、犬に対する危険性は比較的低いのですが、それでも毒性となる成分が含まれていることに変わりはありません。

さらに、アボカドは天然ゴムと似たような分子構造を有しており、天然ゴムアレルギーを引き起こす危険性もあります。ラテックスアレルギーとも言われるこの種のアレルギーは人間にも影響を与えることがあります。じんましんや腫れを引き起こすなど、死に至る危険性はないものの無用なトラブルを招くことがあるようです。

犬に対してもアレルギー反応を起こす危険性があり、フルーツアレルギーを合併してさらなるアレルギー症状を引き起こすことも考えられ、決してリスクを冒してまで食べる価値のある食品ではありません。

加えてアボカドの種も危険です。大きく固い種は、アボカドの脂質や粘り気のある皮によって滑ってしまい、意外にも飲み込んでしまう危険性があります。

飲み込むと消化管や気管支系に詰まり、中型犬程度の大きさであれば気管を完全にふさいでしまうこともあるでしょう。種を飲み込ませないことや、そもそも近寄らせないことが大切です。

もう一つ付け加えると、アボカドは脂質の多い食品です。犬が脂質を一気に摂取してしまうと膵臓や肝臓に負担がかかり、摂り続けると肥満や血中コレステロール濃度の上昇などのリスクがあります。

脂質は犬にとって必須の栄養素ですが、アボカドは過剰摂取を促してしまうでしょう。意外にも、アメリカではアボカドの脂肪分により、むかつきや吐き気が生じて問い合わせるケースが非常に多いそうです。脂肪分の多さは“諸刃の剣”であり、単純に食感や味わいが不快で嘔吐するケースも想定されます。

いずれにしても、詳しいことはまだ研究が進められているとはいえ、このような危険性が十分想定できる食品がアボカドです。

中毒症状が出るかどうかもはっきりとは分かっていませんが、万が一食べてしまった場合はかかりつけの動物病院にすぐに相談すべきでしょう。基本的には、人間だけが食べて楽しめる食品と考えるのが無難です。

アボカドを食べると発症すると考えられる中毒症状

消化器官がダメージを受けます。下痢や嘔吐、胃腸刺激によるけいれん、呼吸困難、うっ血、脱水などの症状を伴います。

前述のように、このような症状を発症しなくてもフルーツアレルギーを併発する危険性があるため、アボカドで体調を崩さなくてもフルーツが食べられなくなってしまうという可能性もあります。

あるいは、もともとアレルギーを持っていた犬がアボカドの中毒症状を発症してしまう、というケースも考えられます。とりわけ皮や種にはペルシンが豊富に含まれているため、犬に与えるのは避けたほうが賢明です。

アボカドにリスクがあると言える理由として、重症化しなければ気付かないという点も指摘できます。鳥類やウサギであれば、致死量を摂取すると心臓の働きを阻害してしまうほどです。

しかし、犬の場合はそこまで症状が顕著に現れることはありません。そのため、種が詰まって外科手術が必要になったり、重症化して心臓や肝臓に障害が出たりするまで気が付かないことさえあるかもしれません(こういった症状に関しては、報告例はあるものの非常に稀)。

含まれる栄養分そのものは犬にも必要なものばかりですが、毒性のあるペルシンのせいで中毒症状を引き起こします。下痢や嘔吐、おしっこの回数が増えるなどの症状が見られることもあります。

最近アボカドを食べて、いつもと違う様子が見られるようであれば、万が一にも重症化させないためにすぐに動物病院で診察を受けましょう。現時点で得られる中毒症状などの情報は多くありませんが、無用なリスクを負ってアボカドを犬に食べさせる理由は一つもありません。

致死量も定かではない

以上のような理由から、犬に対するアボカドの致死量もはっきりとは分かっていません。あくまで一般的な理由から、小型犬であれば少量、大型犬であればより耐性を持っている可能性がありますが、中には個体差ですぐに体調を壊してしまう犬もいます。

飼い主同士で話をしていて「うちの子は大丈夫だった」と聞いて、油断して与えて体調を壊したといったケースも実際に見られます。

目を離したすきに爆食いした等のケースでなければ、食べるだけですぐに死に至るようなことはないと思われますが、脱水症状により命の危険にさらされるリスクもあるため、量というよりもとにかく食べさせないことの方が重要です。

アボカドの成分を含んだ食品や商品も避けた方がベター

同じ理由から、アボカドの成分を配合したものや副次的な商品なども避けるのが賢明です。アボカドオイルやアボカドの成分配合のシャンプーなどは、気付かぬうちに中毒症状を引き起こす危険性があります。

アボダーム(Avo Derm)というアボカドを主成分にしたドッグフードはどうでしょうか?アボカドを使用したドッグフードは、基本的にその栄養価の高さに注目して開発しており、使用するアボカドはペルシンの含有量が少ない品種のみを使用して製造しています。

ペルシンの量そのものもモニタリングして管理しており、犬が安全に食べられるように配慮されています。

しかし、念のために避けた方が良いという意見も多数あるため、ご自宅で飼っていらっしゃる愛犬が「過去にアボカドで体調を崩した」「胃腸炎を発症した」などの経験があれば、わざわざアボカド入りのフードを食べる必要はまったくないでしょう。

病気になるかも

Lindsay Helms/shutterstock.com

次のページペルシンとは?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー