犬のトイレの回数って?おしっこ・うんちの頻度を知ろう!

犬のトイレトレーニングで重要なことは、飼い主さんが犬のトイレの回数、排泄のタイミングをよく知っておくことです。特におしっこの回数はよく把握して置く必要があります。これにはお散歩の方法も一つの鍵になっているんですよ。うんちやおしっこの頻度をきちんと知っておいてください。

犬のトイレの回数って?おしっこ・うんちの頻度を知ろう!

お散歩と室内では違う犬のトイレの回数(頻度)

トイレの回数は、子犬と成犬、室内飼いと屋外飼育で変わってきます。 また、室内飼いの場合は散歩のときしかしないという犬もいるでしょう。

ここでは、それぞれの立場においてトイレの回数がどれくらいか、うんちとおしっこはそれぞれ何回が平均なのかをお伝えしたいと思います。

オス犬とメス犬でおしっこの役割は違う

去勢していても、オスの場合はお散歩で他の犬の排泄の匂いがあれば、そこは自分の縄張りとして、出来るだけおしっこを使って縄張り主張をするのが普通です。

これは去勢の有無にかからわず、習性として強いため、どうしても野外で他の犬の飼い主さんが多ければ仕方のないことです。

しかし、特定の大型犬の飼い主さんや、多頭飼いの飼い主さんでは、これを上手にコントロールしています。それは、まず水を与えるタイミングが違います。犬の場合は、エサと水は必ずペアで与えますが、この時間がほとんどお散歩が終わってからが多いのです。

加えて、散歩させる場所も、他の犬とは出会わない場所を選んでいます。 そしてリードを短く持ち、道のなるべく中央近くを歩き、人通りも少ない場所を選びます。

電柱や塀のある場所では、必ず反対側を歩き、匂いの残りやすいコンクリートよりは、土手の上、土の上とか、他の犬の匂いが少ない場所を選ぶんですね。これは、縄張りの習性を抑える工夫です。

室内犬と野外飼育ではおしっこ・うんちの回数(頻度)が異なる

室内犬でトイレトレーニングを完全に覚えた犬の場合、自分のテリトリー内にいつでも排泄場所があるため、排泄の頻度は犬の自由度が高く、頻度は野外飼育より回数が多いです。

野外飼育の場合は、トイレトレーニングを行わないケースが大半なので、お散歩のときが、排泄タイミングと重なっている場合、ほとんどの犬はお散歩時間まで排泄を我慢していることが多いです。

犬の場合、同じ排泄でも与える餌によって、消化にかかる時間は変わりますが、一般的なドライフードを与えている場合は、およそ8時間くらいが排便のタイミングです。

その意味では、早朝の起きだした時間と、夕方の2回が成犬では排便していることが多いです。これは、餌が1日2回ということからきています。

一方で室内で飼われる小型犬の場合は、1回のエサの量も少ないので、消化時間はやや早めで、おやつを与えたりしていれば、それだけ野外飼育よりも排便頻度、おしっこの回数もやや多いですね。多い子では4回くらいも普通に見られます。

また、飲み水も野外で活動的な犬なら、給水頻度が高いので、おしっこの回数は、飲んだ回数分増えることになり、大型犬で餌の時間にたくさん水を飲む場合は、回数は少ないですが、1回の量はかなり多いです。

子犬の場合は、消化器官が未発達なので、排便はやや柔らかめのうんちで、餌を与えて45分前後で排便していることがあります。

犬が大量に水を飲んだり、おしっこの回数が増えるのは問題

基本的に餌を与える回数と、お散歩でマーキングする以外でおしっこの回数が極端に増えるのは、飲み水の量が増えたからですが、観察してその回数と量が増えていく場合は、内臓機能に何らかの異常があります。

犬がたくさん水を飲みトイレの回数も増え薄いおしっこをしている場合、糖尿病やクッシング症候群、尿崩症、雌なら子宮蓄膿症の疑いがあります。

飲む量が変わらないのに薄いおしっこをたくさんするときは腎機能の低下や慢性腎不全などの病気が疑われます。逆に腎機能が低下しすぎた状態(腎不全)ではおしっこはまったく出なくなります。

犬がトイレの姿勢をしてもおしっこが殆ど出ないときは膀胱炎、尿路腫瘍、尿路結石、雄なら前立腺肥大が疑われます。犬は排泄したいのに出ないので当然回数も増えますが痛みを伴うので「キャン」と鳴き声を出すことで異常に気付くことが多いのです。

排便自体は餌の量で決まるので、おしっこの回数と量については、よく観察して日ごろからチェックしておくことが重要です。 また、非常に安価なドックフードを与えると、非常に糞の量も増えるのも特徴です。

この場合、決して健康的というわけではなく、量が多くなるのは未消化も非常に多いということですから、出来るだけ缶詰や安いドックフードは与えないほうが賢明です。また、排便の回数も増えることがあります。

病気のサインかも?

もし、おしっこの回数が増えたと感じた場合は、犬がどれくらい水を飲んでいるのかを確認してみてください。 水を飲む量が増えていた場合は、内臓の機能になんらかの異常が出ていることが考えられます。

代表的なものとしては、糖尿病やクッシング症候群、尿崩症など。メスの場合は、子宮蓄膿症かもしれません。 どちらにしろ、早めに病院へ連れていってあげたほうがいいでしょう。

また、水を飲む量は変わっていないのにおしっこの回数が増えている場合、腎機能の低下や慢性腎不全が考えられます。

腎機能ですが、少し下がった状態だとこのように頻尿になるのですが、もっと低下すると、今度はおしっこがまったく出なくなります。 ですから、おしっこの回数は、増えた場合だけではなく、極端に減った場合も病院に連れていったほうがいいでしょう。

おしっこが出ない場合、ほかには膀胱炎、尿路腫瘍、尿路結石ということもあるようです。オスなら、前立腺肥大という場合もあるでしょうね。

どちらにしろ、このように病気のサインとなるわけですから、おしっこの回数は普段からしっかりチェックしておきたいものですね。

ただし、例外があり、うんちの回数が増える場合は餌の問題であることが多いです。 とくに安価なドッグフードではうんちの回数が多くなることが報告されています。

この場合は、できれば餌を変えてあげてください。 なぜなら、うんちの回数が多くなるということは、未消化のまま排出されるものが多いというわけですから、犬の身体によくありません。

そのうち、体調を崩してしまうかもしれないのです。

飼い主としては、犬の健康のために、ぜひ排泄チェックをしたいところですよね。

犬の排便(うんち)の回数は、ほぼ決まっています。

成犬では、通常は1日2回程度が標準で、少なくとも回数が増えるのは間色が多いからですね。

一度、犬を公園などでお散歩刺させている方を見かけましたが、特に訓練するわけでもなく、しつけをしているのではないのに、おやつをたくさん与えている飼い主さんがいましたが、こうした間色は、犬の排便タイミングを狂わせるだけではなく、肥満の要因ですから、「お散歩におやつを携行」というのは、悪習慣の一つかもしれません。

排尿に関しては、これは飲み水の回数によるのですが、成犬の場合、飲み水を減らすというは良くないので、室内犬ではいつでも飲み水を与えられるようにしておくこと、野外飼育でも、少なくとも餌の時間やお散歩から帰ってきたら、充分に給水してあげたほうが良いです。

重要なのは、量と回数が極端に上下することですから、そこをよく注意してくださいね。

犬の健康チェックは、食べ具合と排便が誰でも最もわかりやすく、排便では色や量、形などである程度判断できます。尿の場合は回数と量、そのように覚えておくと目安となって便利ですよ。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

トイレの回数で犬の体調の変化を知れるんですね。ちゃんと回数も把握しておかないといけないですね。それに。回数が多い原因になりそうなものについても飼い主側は知っておくといいんですね。ありがとうございます。参考になりました。そういえば以前飼っていた犬が突然血尿をするようになって、病気だってことが分かったから、やはり体の以上はすぐに出てくるものなんですね。変化に気をつけておこうとおもいます。

2 名無しさん
通報

犬のトイレの回数をしっかり数えたことがなかったので、どれぐらいの回数、おしっこやウンチをしているか確認しようと思います。トイレの掃除の時に、匂いや量で体調を確認していましたが、回数でも体調が分かるということなので、しっかりと観察して、犬の身体に異常がないか見ていきたいと思います。これで早めに病気が分かれば、犬だって痛い思いをしなくて済みますね。

3 ハニー
通報

メスとオスでは、それぞれおしっこの役割が異なるんですね。私は長年、メスもオスも同じだとばかり思っていたので、ビックリしました。おしっこの回数が急に増えたら、要注意ですね。異常を早く察知できるように、おしっこの回数を記録しておくと、いざという時に良いですね。

4 りりこ
通報

トイレの回数って室内飼育と屋外飼育ではこんなに変わるんですね。確かに室内飼いだと好きな時にしていいけれど、散歩でしかさせないってなると我慢しなくちゃいけないし、そうすると散歩時間がバラバラだと犬の負担になりますね。これは全ての飼い主が考えなくてはいけないことではないでしょうか?

5 あさひ
通報

そういえばトイレの回数ってちゃんとカウントしたことがなかったです。でもトイレの回数でイヌの体調の変化がわかるということで把握しておかなくちゃって思いました。うんちとか臭いとか汚いと思ってあまり見ないようにしてたけど、体の中から出てきたものだから時々チェックしなきゃですね。

6
通報

我が家のシェルティもそうですね。朝と夕方の二回外に散歩に行きますがその時に用を足しています。

7 なな
通報

犬のトイレの頻度をよく知っておくと、病気にも早く気づくことができますよね。また歳をとってくるとどれだけ老犬になっているか、これからどんな手伝いが必要になってくるかも理解できると思います。

8 朝日
通報

確かに犬のトイレの回数を知っておくと、病気のサインなどに早く気づけますね。意外とトイレに関することは見落としがちになると思うので、常日頃から細心の注意を払う必要があると感じます。加えて、標準的な回数も知っておくべきだと思いました。

9 うめ
通報

我が家はトイレはすべて散歩のときと決めているので、家の中でトイレをすることはありません。というかトイレがありません。なのでかなり頻繁に散歩に行かないといけないのですが、それが当たり前だと思ってたので記事を読んでちょっと驚きました。回数というより犬が散歩を要求してきたら、連れて行ってたもので

10 ナツ
通報

うちの子も、一回いつものドックフードがなくてちょっと安めのドックフードに切り替えたら急に糞の量が多くなってビックリしました。食べるもの、飲むものにトイレの回数も変わってくるんですね。気をつけていきたいと思います。

11 豆腐
通報

犬のお散歩の時におやつを与えるのは良くないんですね。確かにむやみやたらにおやつを与えていてはカロリーオーバーしてしまいますよね。何かの練習後にご褒美として、少量のおやつならともかく、必要のないおやつを持ち歩かないように気をつけようと思いました。

12 名無しさん
通報

犬のおしっこや排便の回数によってもその子の健康のレベルを観察できるんですね。毎日の散歩のときにもしっかりチェックしておきたいと思いました。

13 秋の夜長
通報

普段から犬のトイレの回数を飼い主さんが知っておくことによって、病気のサインを見逃さずに済みますね。たかがトイレとあなどってはならないと強く感じました。犬の健康のためにも、トイレの回数を記録に残しておくなどの行動が求められます。

14 まえがき
通報

外飼いと室内飼いの犬ではトイレの回数が違ってくるんですね。排泄は自然なものなので、どこで飼うかによって変わるとは思いもよらなかったです。犬の健康のためにも、トイレについてはいろいろと知っておかなくちゃですよね。

15 ビーチ
通報

写真見たくトイレでおしっこ、うんちしてくれたら楽なのにな……って考えちゃうのは駄目かなwでも散歩に行くたびにうんこの処理って正直したくないよね。放置するわけにもいかないからおしっこはペットボトルの水で洗い流すし、糞も持ち帰るけど大変だよ。

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬の噛み癖を治す方法(噛んじゃダメ!)

    • 犬の噛み癖を治す方法(噛んじゃダメ!)

      人でも物でも何でも噛み癖のある犬。噛み癖のしつけをしないで放置しておくと、タンスやソファー等の家具がボロボロになってしまいますし、人に迷惑をかけることもあります。犬の噛み癖の治し方についてご説明いたします!

      3473
    • 子犬のだっこのし過ぎに注意。子犬のしつけを失敗させる5つの行為

    • 子犬のだっこのし過ぎに注意。子犬のしつけを失敗させる5つの行為

      新しく犬を飼うことになり、最初にしつけをしなければなりませんね。始めはしつけの仕方がわからず、戸惑うこともたくさんあるでしょう。ではここでは子犬のしつけに失敗してしまう5つの原因について考えてみたいと思います。正しい仕方でしつけをしていきましょう。

      1975
    • 『付け』を犬にしつける方法について解説

    • 『付け』を犬にしつける方法について解説

      普段のお散歩で犬はしっかりと飼い主の横に付いていますか?付けは引っ張り防止なだけでなく飼い主が進む方向やスピードを決めることで犬にリーダーシップをとることができます。今回は付けのトレーニング方法をご紹介します。

      1734
    • 犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

    • 犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

      犬のしつけの中でもとても大事な「待て」。愛犬は待てのコマンドから何秒くらい待てますか?待てに自信がある飼い主でも、遠くで他の犬が楽しそうにしていたら、待てのコマンドも忘れ突っ走ってしまいます。そうならないために、「待て」の正しい教え方を伝授します!

      1672
    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

    • 犬のトイレの場所はどこが良い?室内犬のためのトイレの考え方を解説!

      トイレのしつけに関しては。室内犬の場合は、充分な配慮と置き場所の設定は重要です。子犬の時とは違って成犬になってからは、特に臭いの問題はかなり生活に影響を与えるからです。マンションやアパートなど、賃貸で動物可の物件の場合、退出する際のトラブルを防ぐ意味でも、消臭や設置場所について詳しく解説します!

      1854
    • 子犬の甘噛みを直したい…ラクチンに噛み癖を止めさせる3つの方法!

    • 子犬の甘噛みを直したい…ラクチンに噛み癖を止めさせる3つの方法!

      子犬の甘噛みは、子犬を飼っている人なら誰もが悩みを抱える問題の一つと言えるでしょう。 甘噛みによって手が傷だらけになったり、服をボロボロにされ、がっかりされた方も少なくないはずです。 子犬のうちはよくても、甘噛みの癖が直らないまま成犬になると、人を傷つけてしまうことにもつながりかねません。 犬の噛み癖・甘噛みの防止方法を教えます。

      1237
    • 犬の芸の教え方。ハイタッチからバーンまで初級の芸をご紹介

    • 犬の芸の教え方。ハイタッチからバーンまで初級の芸をご紹介

      あなたの愛犬は何か芸は出来ますか?犬に芸を教えるのは、実はしつけにもなり、愛犬とのコミュニケーションもとることが出来るためおすすめです。犬の初級の芸である「ハイタッチ」と「バーン」、「ちょうだい」の教え方、犬がわかりやすい覚え方のコツをご説明いたします!

      4839
    • 犬とフリスビーで遊びたい!しつけ方やコツを解説!

    • 犬とフリスビーで遊びたい!しつけ方やコツを解説!

      犬と一緒に遊ぶことは飼い主と犬の絆を一層強くします。おもちゃを与えっぱなしにするのではなく、コミュニケーションが取れる遊びをするのが良いでしょう。フリスビーは飼い主と犬がお互いに相手をよく意識することができる楽しい遊びです。今回は初歩的なフリスビーのしつけ方をご紹介します。

      1843
このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!

おすすめコンテンツ

犬のしつけを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!