トイプードルの性格から考える!飼い方としつけのコツとは?

「人形かな?」と思って見ていると、動く!そんな経験を何度もしました。人形みたいに可愛いトイプードルは、賢くて飼い主さんの手を煩わせることはほとんどありません。そんな性格や飼い方、しつけのコツをご紹介します!

トイプードルの性格から考える!飼い方としつけのコツとは?

トイプードルの性格と特徴を知ろう!

トイプードルの特徴は群を抜く賢さ!

トイプードルはとにかく賢いのが特徴の犬種なので、しつけにおいても何においても飼い主さんが困るようなことはあまり無いように思います。とても従順な性格なので、犬を初めて飼う方にもおすすめの犬種です。 だからといって何もしつけずとも勝手に覚えるわけではありません。しつけの難易度は低いですがだからこそ飼い主さんもしっかりとしつけを身に着けておきましょう。 子犬のうちに主従関係の構築に失敗してしまうと成犬になってから苦労することが増えてしまうかもしれません。 非常に人懐っこい性格で、飼い主以外の人でも危険がないと分かればすぐに打ち解けられる柔軟な性格です。 愛玩犬として非常に高い人気を誇っているのは、そんなトイプードルの性格も一つの理由なのかもしれません。

賢すぎるが故のしたたかな性格も!

賢すぎるので、人や状況をみて上手に立ち回ります。時には嘘をつくような行動をとったり、自分より下だと思うと全く言うことをきかなくなったりもします。神経質であったり、慎重な性格でもあるのは、賢すぎるが故なんですね。飼い主さんは、しっかりとしつけを行い、主従関係・信頼関係を築く必要がありますね。 子犬の頃からトイプードルの行動をよく観察し愛犬のことをしっかりと理解してあげましょう。たとえ家族であってもいけないことをした時はちゃんと叱るのも愛情です。

トイプードルの飼い方のコツ!


触られ慣れるようにする

とにかくマメにボディケアを行う必要がある犬種なので、子犬の時から触られ慣れるように、しっかりコミュニケーションをとってください。そのような飼い方により、ブラッシングや爪切り、歯磨きにも徐々になれさせるようにしましょう。 子犬の頃にブラッシングや爪切りなどに慣れておかないと成犬になってやろうと思っても嫌がったり暴れたりする可能性があります。 子犬のうちに飼い主との主従関係を教え、いろんなことに慣れさせておくことで、簡単かつ安全にトイプードルのケアを行えるようになります。

おしゃれを楽しむ

様々な毛色や雰囲気でおしゃれが楽しめるというのもトイプードルの魅力でもあります。カットスタイルなども色々挑戦できるので、飼い主さんと愛犬で楽しむことはお互いの仲を高める飼い方ですね。 服を着せる時はサイズが合ったものを選んであげてください。 トイプードルが嫌がっていたり、何かの行動を阻害していないか注意してあげましょう。

運動をたくさんしよう

とても運動能力が高い犬種なので、様々な遊びに挑戦させてください。実は見た目とは裏腹にトイプードルは猟犬なので、小型化されたといっても運動神経は抜群です。散歩は毎日欠かさずに連れて行ってあげてください。 散歩に行く時は散歩コースや時間帯に注意してあげてください。特に夏のお昼頃は犬にとって危険な可能性があります。 夏は日差しが強く地面は非常に高温になっています。 人間と違い犬は素足で歩くので肉球をやけどしてしまうかもしれません。夏の散歩は早朝か夜に行くのがいいでしょう。 どうしても日中にしか散歩に行けない場合は、アスファルトではなく土の道を選んだり、犬用の靴を履かせてあげるなど工夫をしてあげましょう。 また、定期的にドッグランなど思いっきり走り回れる環境に連れて行ってあげるのもおすすめです。 ドッグランは運動することでストレス発散にもなりますし、他の犬との交流にもなりトイプードルも喜んでくれることでしょう。 ドッグランに行く時はトイプードルが自分の手から離れていてもコントロールできるようにしっかりしつけを行ってからの方がいいですね。 ドッグランには他の犬や飼い主さんもいます。 その中でトラブルを避けるためにもしつけはしっかり行いましょう。

トイプードルのしつけのコツ

全ての犬の中で二番目にIQが高いとされているトイプードルは驚くほど早いスピードで、様々なことを覚えて実行できるようになります。家族に迎え入れる前に、飼い主さんはしつけ方の基本を勉強しておくことをおすすめします。 可愛いからといって甘やかしてばかりではいけません。犬種に関係なく、犬を飼う上で大切なことは飼い主との主従関係をしっかりと教えることです。 子犬の頃にしっかりと主従関係を教え込まないと飼い主を自分と同列、もしくは自分より下だと認識してしまいます。 そうなってしまうと今後のしつけにも非常に苦労しますし、なにか重大な問題を起こしてしまうかもしれません。 主従関係がしっかりと構築できればいろんなしつけや芸を教えることが出来ます。 子犬のうちにお手、おすわり、おかわりなどの基本的なことだけでなく、賢いトイプードルは様々なしつけが可能です。 飼い主さんも愛犬も楽しくて刺激的な毎日を過ごすことができるはずです。 是非、トイプードルが家族にきたら、こんなことをしたい、あんなことをしたいと沢山やりたいことリストを作っておいてください。 トイプードルは毛色によっても性格に違いがあるようです。一番飼いやすい色はブラックだと言われています。トイプードルの中でも一番賢く、運動能力も高く、服従心も強いということです。 これから家族に迎えようと思っている方は、どの毛色のトイプードルでもきっと大切な家族になると思いますが、頭の隅っこにちょっと入れておいていただけばと思います。 数ある愛玩犬の中でもトップクラスの人気と賢さを併せ持ったトイプードルはきっとあなたの良きパートナーとなってくれるでしょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!