【猫の多頭飼い】猫同士が喧嘩するときの原因と止め方。

猫を多頭飼いされている方の大きな悩みのひとつは、猫同士の喧嘩ですね。ついさっきまで、仲良くグルーミングしていたのに、いつの間にやら取っ組み合いの喧嘩になっていることも。じゃれ合いならまだ良いですが、流血の騒ぎになると放っておけません。猫同士の喧嘩の原因と止め方です。

【猫の多頭飼い】猫同士が喧嘩するときの原因と止め方。

猫同士はなぜ喧嘩するのでしょうか?


多頭飼いの室内での喧嘩

食べ物に不自由しない飼い猫は、餌の取り合いで熾烈な喧嘩をすることはありません。また避妊や去勢をした猫は、発情期の異性を巡る争いにも無縁です。それなのに喧嘩をする原因は、テリトリー(縄張り)の主張や、社会的優劣の確認行為の習性が残っているからです。これはメス猫にも見られます。 また外で行われている猫同士の喧嘩や、獲物となる鳥の鳴き声に誘発されて攻撃的な感情が芽生えたとき、仲間の猫にそれをぶつけることもあります。室内飼いの猫同士の喧嘩は、大きな怪我に繋がるようなことは少ないようです。

外猫との喧嘩

室内飼いではなく外に出している猫の場合は、縄張り争いや異性を巡る争いが喧嘩の大きな原因になります。外猫同士の喧嘩は、熾烈な争いに発展することもあり、巻き込まれると怪我を負って帰ってくることもあります。

猫同士のじゃれあいと喧嘩

猫のじゃれあいは社会性の勉強

子猫のじゃれあいは、どれくらい噛むと痛くて怪我になるのか、降参や止め方はどのようにしたら良いのかを学ぶ訓練です。子猫のときに隔離されて、喧嘩で学ぶことのなかった猫は、大人になって甘噛みの加減がわからなかったり、攻撃の止め方がわからず「獲物」と言われる状況になったりします。 動物は同じ種族同士で傷つけ合うことを避けるため、喧嘩で互いの優劣が決したらそれ以上傷つけ合わないルールがあります。犬では負けた方が急所であるお腹を相手に晒すと、強い方はそれ以上攻撃しません。 猫にも似たような止め方のルールがありますが、子猫のときに学ばないと弱い方は降参の仕方がわからないのが原因で、怪我を負うまで攻撃が続くことがあります。

じゃれあいと喧嘩の境目

猫同士がにらみ合ったり、猫パンチの応酬や取っ組み合いをしたりしているとき、じゃれ合いなのか本気の喧嘩なのかわからないと止め方にも迷いがでます。喧嘩の場合は、威嚇のときの声がシャーッからウゥーという低い音に変わり、一方が耳を寝かせて負けモードでも攻撃を続けて追いかけ回すのが特徴です。じゃれあいでは、一方が飽きたら執拗に追いかけ回すことはしません。

猫同士の喧嘩の止め方(原因別)

じゃれ合いがエスカレート

原因がじゃれ合いのエスカレートである室内猫の場合は、執拗に追いかけ回さないようであれば放置しておけば治まります。 ストレス発散のために、喧嘩を止めないほうが良いとの説もありますが、ほどほどにしておきましょう。室内猫の場合は霧吹きなどで水をスプレーし、文字通り頭を冷やしてあげるのが有効な止め方です。

外猫との縄張り争い

家の外で飼い猫が他の猫とにらみ合いをしていたら、心配でしょうが自分の猫といえども手を出す止め方は禁物です。 興奮状態で飼い主さんを見分けられないときに触られると、本気で引っ掻いたり噛み付いたりします。家では大人しい猫でも、鋭い爪による攻撃を人間が受けると、何針も縫うような怪我になることがあります。猫同士がにらみ合っていたら大きな音を出して注意をそらしたり、傘やダンボールなどを間に入れたりして両者を分けるのが適切な止め方です。

猫の喧嘩でできた傷の治療

切り傷や引っ掻き傷

切り傷や引っ掻き傷は流水で洗浄し、消毒します。消毒しない方が傷の治りが良い、と言うのも一面では本当ですが、その場合は抗生物質を内服しないと傷口から侵入した菌が原因で化膿する畏れがあります。イソジンのような消毒薬でも良いですが、マキロンのように組織修復剤や消炎剤が配合された薬品も有効です。 傷がひどい場合は獣医さんに診てもらい、必要なら傷口を舐めないようエリザベスカラーを付ける場合もあります。

喧嘩の予防

猫同士の喧嘩を避けるためには、室内飼いで他の猫との接触を避けるのが良いですが、外に出すのなら喧嘩の原因を排除するよう発情期を避け、季節隔離をしましょう。他の猫との争いが原因でウイルス病を罹患しないようワクチン処置をしておく必要もあります。去勢・避妊も攻撃衝動を和らげるのに有効です。また多頭飼いの猫は、爪切りをして遊びでも目などに傷を負う原因を作らないよう配慮しましょう。多頭飼いでの喧嘩の原因を排除するためには、それぞれの猫の安心生活スペースの確保してください。キャットタワーで高い場所を確保してあげたり、玩具で攻撃性を発散させたりするのも有効です。ケージなどで弱い猫の逃げ場を作ってあげ、餌や水やトイレを複数箇所設置すると喧嘩の原因が少なくなります。 多頭飼いの猫に新入りの猫を迎える場合、新入りが子猫なら受け入れやすいですが、成猫を迎えるときは難しい場合もあります。慎重に距離を縮めながら、新入りと旧猫の融和を図りましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 喧嘩?じゃれあい?猫の本気と遊びの見分け方と止め方

    • 喧嘩?じゃれあい?猫の本気と遊びの見分け方と止め方

      猫を多頭飼いしている飼い主さんは時々起こる猫の取っ組み合いに不安を感じている方もいることでしょう。じゃれあいなのか本気喧嘩か見分けがつきにくいですね。では喧嘩とじゃれあいの見分け方、喧嘩のやめさせ方について見てみましょう。

      6900

    • 猫の多頭飼いは注意!気をつけるべきトイレと喧嘩について。

    • 猫の多頭飼いは注意!気をつけるべきトイレと喧嘩について。

      愛くるしい猫の様子は、見ているだけで心が癒されますよね。多頭飼いの醍醐味は、いわゆるツンデレタイプから、おとなしい子、懐っこい子、自分の世界をこよなく大切にする子など、十人十色ならぬ猫十匹猫十色に触れ合えることです。多頭飼いをしている飼い主さんが注意する点は、その猫社会の喧嘩の仲裁やまとめ役ではないでしょうか。

      9076

    • 【猫の多頭飼い】ケンカになった時のための本当に正しい対応策とは?

    • 【猫の多頭飼い】ケンカになった時のための本当に正しい対応策とは?

      猫にも相性はありますし、気分もあります。 猫の数が増えるということは、それだけトラブルになる可能性も増えると考えておきましょう。もちろん仲良し猫団子になる可能性もあります。 しかし、ケンカをはじめたらどうすればよいのでしょうか? この記事では猫同士がケンカをした時の正しい対応を説明します!

      12317

    • 【猫が早死にするかも】今すぐ止めるべき猫の飼い方3つ。

    • 【猫が早死にするかも】今すぐ止めるべき猫の飼い方3つ。

      愛猫に対しておやつを与えすぎたり、食事量が適当になっている。飼い主さんが忙しくて、遊んであげられない、トイレ掃除が出来ない、予防接種に行けないなど、猫が早死にしてしまうようなことに繋がっているかもしれません。

      40827

    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後3ヶ月の子猫は、小さな身体に沢山の好奇心と大きな可愛い瞳に映る全てのモノが楽しく不思議に感じるころです。 でもまだ3ヶ月。お母さんのことを思い出しては鳴いて探したり不安になる時期です。飼い主さんもそんな子猫をみて留守番をさせることもためらいますよね。 生後3ヶ月の子猫を育てながら猫の困った噛み癖も減らせる育て方としつけには、どんなことがあるでしょう。

      13878

このまとめのキュレーター

kei3141

猫白血病のチャトラに仕えて13年。ベテラン猫執事です。SF小説なども書いています。

「猫の行動」のキーワード

「猫の行動」に関するキーワード