猫にはトイレトレーニングが必要?その方法やコツを解説

猫がトイレをあちこちでしてしまう原因を考えて対策しながら、猫にトイレトレーニングをしていきましょう。猫は元来「砂の上でおしっこやウンチをする!」という行動が遺伝子に組み込まれているのでしつけは簡単ですよ!

猫にはトイレトレーニングが必要?その方法やコツを解説

猫のトイレトレーニングの前にトイレ環境チェック!

完全室内飼いの猫の場合、トイレは必ず家の中でしますよね。では、猫のトイレの環境はどうなっているかチェックしていきましょう。トイレは風通しが良くて餌場から離れているところに設置。人の動線状には置かず、常に清潔にしておく。これさえしっかり出来ていれば、猫にとっては理想のトイレになっていますよ! 猫を外に出している場合は、外でおしっこやウンチをしている可能性が高いです。そうなると、他の家の敷地にしていることにもなるので、完全室内飼いをおすすめします!

猫のトイレトレーニング「子猫の場合」

生後間もない子猫の場合は、母猫が肛門付近を刺激することで排泄します。母猫が居ない場合は、湿らせた綿棒で刺激してあげてください。それからトイレに連れて行けば大丈夫です。離乳食が食べられるようになる頃には、自分でトイレに行っておしっこもウンチも出来るようになりますよ。 また、子猫は母猫の行動を見て真似る「模範学習能力」があり、先住猫が居る場合は、その猫が排泄している行為を見て真似る傾向があります。 先輩猫がトイレをし始めたら子猫に見学させてみてください。 不可能な場合は、譲り受けた方から猫が使っていたトイレの砂を一握りだけ頂いて、新しいトイレ砂に混ぜる方法もあります。 野良の子猫だった場合のトイレトレーニングは少し困難かもしれませんが、粗相したオシッコを拭き取った紙や布類をトイレの中に忍ばせるのも一つの手です。 子猫がトイレ砂をかきやすいように、小粒の砂を入れてあげると良いですよ!

猫のトイレトレーニング「成猫の場合」


成猫からトイレトレーニングをする場合は、新しい環境にあるトイレを教えてあげるだけで大丈夫です。ソワソワしている時、トイレに連れて行ってあげれば、猫は自然とトイレを理解してくれます。 去勢していない雄猫は、マーキング行為を行います。マーキングはおしっことは違い、縄張りを守るための行為なのでトイレでは行いません。マーキング行為を止めさせるには、去勢手術をすること、臭いのついた場所を完璧に掃除して臭いを絶つようにしましょう。 オシッコの匂いが残っていると、そこがトイレなのだと勘違いしてしまうので、何度も同じ場所で粗相をしてしまいます。 布団にしてしまう猫がいますが、特に羽毛布団は狙われやすいです。 羽毛布団は簡単に洗濯出来ませんので、思い切って布団を変えてしまいましょう。 なかなかトイレを使ってくれない場合は、猫のおしっこの匂いのついた物をトイレに入れておくと良いですよ。 番外編になりますが、そもそもに猫砂が嫌いな猫もいるようです。 そこはもうトイレトレーニングというより、好みの問題なので猫の様子をジックリ観察して、同じ場所の床や絨毯でしかしないという場合は、トイレトレイの上にペットシーツだけを敷いておいてみて下さい。 案外すんなり使ってくれるかもしれません。 まずは猫にとって快適なトイレ環境を整えてあげることが大切なんですね!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!