犬にだんごはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にだんごはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3030
update

犬にだんごを与えても基本的には問題ありません。だんごの原材料となるのはうるち米やもち米で、犬が食べて危険な成分は含まれていないからです。しかし、だんごの与え方や量に気を付けることが大切です。ここでは、犬にだんごを与えていい量や与える際の注意点を取り上げます。

3030
update
犬にだんごはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にだんごを与えても問題ない?

だんご

funny face/shutterstock.com

飼い主がだんごを食べようとすると、愛犬が食べたそうに見つめてくることがあるでしょう。また、十五夜のイベントの時に愛犬と一緒にだんごを楽しみたいと思うかもしれません。

犬がだんごを食べても基本的に問題ありません。だんごの原材料となるのはだんご粉や白玉粉、上新粉などですが、どれもうるち米やもち米が原料となっていて、犬が中毒を起こすような成分は含まれていないからです。

ただし、だんごの付け合わせとなるものに注意が必要でしょう。だんごにはあんこやみたらし、ごまやきな粉、ずんだ、醤油などが組み合わせられる事が多いですが、これらにはたくさんの糖分や塩分が使用されています。糖分過多は糖尿病や肥満のリスクにつながりますし、塩分過剰は腎臓や心臓に負担をかけてしまいます。

だんごを犬に与える時はお餅の部分だけ与えた方が良いでしょう。または、だんごを手作りするのもおすすめです。砂糖や塩を加えずにだんご粉とお水にさつまいもやかぼちゃ、果物などを加えて作ってあげれば、犬も喜んで食べてくれるに違いありません。

犬にだんごを与えてもいい量

ご飯を食べる犬

Dmytro Zinkevych/shutterstock.com

犬にだんごを与える時は主食の邪魔にならない程度、つまりドッグフードのトッピングやおやつ程度の量にとどめるようにしてください。一般的には、犬に副食を与える時は1日の食事量の10%程度の量が望ましいとされています。副食を与える時は食事量を減らして調整を図るようにします。

犬にとっての適量となる副食量は、犬の大きさや体重によって異なります。では、犬の体重別に与えていいだんごの適量を取り上げてみることにしましょう。

超小型犬の場合

超小型犬というのは体重が4kg未満の犬種を指します。例えばヨークシャーテリアやチワワ、ポメラニアン、マメシバ、トイプードル、マルチーズなどです。

体重1~3kgの小型犬の1日の食事量は100g~200g程度です。ゆえに、副食を与える時は10%の10g~20gを目安に与えることが望ましいといえます。市販のだんご(串に3個刺さったタイプ)で1個あたりのだんごそのものの重さは約20g前後です。1/2サイズか1個程度が目安になります。

小型犬の場合

小型犬は体重が10kg以下の犬種のことです。ミニチュアダックスフンドやボストンテリア、狆(チン)、ミニチュアシュナウザー、パグやシーズー、柴犬といった犬が含まれます。

小型犬の食事量は体重に合わせて300g~500gの間で調整を図ります。ゆえに、副食は30g~50g程度が適量です。3個付き串団子のサイズで1個半から2個半程度が適量となります。

中型犬の場合

中型犬は体重が25kg以下の犬種のことです。ビーグルやブルドッグ、ボーダーコリー、バセンジー、バセットハウンド、フレンチブル、日本スピッツなどが含まれます。中型犬の1日の食事量は約500g~1000g程度です。ですから、副食は10%の50g~100gを目安に与えるようにしましょう。

大型犬の場合

大型犬とは体重が25kg以上の犬のことをいいます。ダルメシアンやドーベルマン、秋田犬、セントバーナード、ボクサー、ロットワイラー、レトリーバーなどがいます。大型犬は1000g以上で食事量を与えていくので、副食は100g前後を目安に与えることができます。

子犬の場合は注意が必要

子犬は体重や犬種に関わらず、だんごを与えるかどうかは慎重になるべきといえます。なぜなら、子犬は成犬のように消化器官が発達していないからです。ゆえに、ちょっとしたことで嘔吐や下痢など消化不良を起こしてしまう事があります。

だんごは弾力があって食べにくい食べ物なので、子犬には負担がかかりやすいでしょう。こうした点を考えると、わざわざ子犬にだんごを与える必要は無いといえます。

犬にだんごを与えることで期待できる効果

だんご

Praew stock/shutterstock.com

だんごの原材料となっているのはお米です。白米は77%が糖質であるといわれており、糖質は体内ですばやくエネルギーに変わるので、体全体の原動力となるものです。糖質は摂りすぎは肥満の元になりますが、適量の糖質は体が必要とするので、特に妊娠中や授乳中の犬に摂取させると良いでしょう。

また、お米にはビタミンB1も含まれています。ビタミンB1は体内の神経機能を正常にしたり、脳を活性化したりするのに必要な成分です。愛犬の皮膚や被毛、粘膜を健康に保つのにも役立ちます。

他にも、お米に含まれるたんぱく質は犬の筋肉や被毛、爪などを作るうえで欠かせない栄養素となっています。

犬にだんごを与えるときの注意点

だんごは非常に弾力があって噛み応えがあります。犬は何でも丸飲みしやすい傾向があるので、そのまま与えてしまうと喉に詰まらせてしまう危険があります。犬にだんごを与える時は小さくカットして与えるようにしましょう。

犬の中には、特定の食材にアレルギー反応を示す犬もいます。もし、だんごを食べた後に何らかの体調の異常が見られた時は、自己判断せずにすぐに獣医師に相談するようになさってください。

お雑煮やおはぎは与えても問題ない?

基本的に、お雑煮やおはぎも含め人間用に作られた食べ物は、犬にとっては味が濃すぎます。塩分もそうですし、糖分も過剰摂取になってしまうものばかりです。もし、季節的に雑煮やおはぎを犬と一緒に食べたい場合は、犬用に塩や砂糖などの調味料を加えずに作ってあげて与えるようにしてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー