ミキ亜生(芸人)/第1回 「犬派だった僕が、3匹も猫を飼うなんて夢にも思ってなかったです」

ミキ亜生(芸人)/第1回 「犬派だった僕が、3匹も猫を飼うなんて夢にも思ってなかったです」

2103
update

お笑いコンビ・ミキの亜生さんは、自身が保護した3匹の猫ちゃん「助六(メス)」「銀次郎(オス)」「藤(メス)」と生活をしています。芸人として活躍する傍らで、街で見つけた猫を保護し、里親を見つける活動を行っている亜生さんに、保護猫活動や猫たちとの生活についてインタビューしました。

2103
update
ミキ亜生(芸人)/第1回 「犬派だった僕が、3匹も猫を飼うなんて夢にも思ってなかったです」

お笑いコンビ・ミキの亜生さんは、自身が保護した3匹の猫ちゃん「助六(メス)」「銀次郎(オス)」「藤(メス)」と生活をしています。この3匹だけではなく、亜生さんは3年間で約30匹の猫を保護してきたそうです。芸人として活躍する傍らで、街で見つけた猫を保護し、里親を見つける活動を行っている亜生さんに、保護猫活動や猫たちとの生活についてインタビューしました。 第1回目となる今回は、亜生さんが猫好きになるきっかけとなった「助六」、「銀次郎」を保護したときのことについてお聞きしました。

ミキ 亜生さん/背面写真撮影・chiai

  • ミキ 亜生
  • お笑い芸人
  • 京都府出身
  • 自宅で3匹の猫を飼いながら、保護猫活動も行うほどの猫好き

あまりに小さいからねずみだと思った

3年間で30匹近くの猫を保護したという亜生さんですが、小さい頃から猫好きだったんですか?

実は僕、もともとは犬派だったんです。逆に、猫はちょっと怖いなと思っていたんですよ。目つきとか怖いし、抱っこしたら伸びるし(笑)。3年前に、一匹目の助六(メス)を拾って、里親が見つからず、見つけ方もわからず……。それで自分が飼うことになって、気づいたら猫にはまっていました。

もともと、猫好きだったわけじゃないんですね。それは意外でした。猫好きとなるきっかけになった「助六(メス)」を保護したときのことを教えてください。

ある日、実家に帰るのにいつもは通らない道を歩いていたら、何かの鳴き声が聞こえてきたんです。気になったので、鳴きやむまではちょっと待っとこうかなと思って待ってみたんですが、全然鳴きやまないから声がする塀の間に携帯で明かりを当ててみたんです。なんか動いてるし、やっぱり鳴き声も聞こえるから、持っていた釣竿を使って、塀の隙間から引っ張り出してみたんです。

ミキ 亜生 インタビュー mofmo

子猫を保護するときのことを話す亜生さん/撮影・chiai

その時点では、猫だとはわかっていないんですか?

何かわからなかったんです。目も開いてないし、あまりに小さいからねずみだと思ったくらい。猫の赤ちゃんとか見たことなかったから、「これ、なんや?」と思って、実家に帰るのはやめて自宅に連れて帰り、次の日に朝一で動物病院にいきました。そこで、「猫の赤ちゃんです」って言われて、「うわ、猫か……」となったんです。

2,3時間おきの授乳が楽しくて仕方なかった

その後、どのような流れで亜生さんが飼うことになったのですか?

お医者さんに「このくらい小さいときに拾った猫の半分は死ぬので覚悟はしといてください。それで、この子、どうしますか?」と言われたので、「大きくなるまでは面倒みます」と答えました。自分でミルクが飲めないうちの譲渡は、手間がかかると言われたんです。2,3時間に1回ミルクをあげなきゃいけないんですけど、僕、当時めっちゃ暇やったんで、それくらいならできるなと思ったんですよ。ミルクと排せつのために、ネタ合わせや劇場の合間、チケット売りの間に家に帰ってました。そうすると、だんだん愛着が沸いてくるんですよ。里親を探すつもりでいたんですけど、4日目くらいには「これ、あげられへんな」と。2週間くらいで目が開いて、僕を見て追いかけてくるようになったときに、「これはだめやな。飼わんといけんな」となりました。

2,3時間毎のミルクや排せつのお世話は、時間があると言っても大変ではなかったですか?

授乳が楽しくて仕方なかったんですよね。なんやったら、「はよ、泣いてくれ」と思ってたくらいです。「泣いてくれたら、早く触ってミルクあげられるのに」と思ってたくらい。だから、その後も猫を躊躇なく保護できたんだと思います。

保護したばかりの助六ちゃん

保護したばかりの助六ちゃん

ところで、メスなのに「助六」と名付けたのはなぜですか?

病院で最初に「オス」と言われたんです。家に帰ったら、机の上に先輩からもらった「助六寿司」があって、「これは、助六やな」と名付けたんです。だけど、2週間後に病院に行ったら「ごめんなさい。メスでした」と(笑)。でも、もう僕の中では「助六」でしかなくなってしまっていたので変えようがないんですよ。もうちょっとかわいい名前つけてあげたらよかったんですけどね(笑)。

2匹目の「銀次郎」とは、どんな出会いだったのか教えてください。

銀次郎を拾ったときが一番衝撃的でした。助六を飼い始めて、マンションの隣の部屋のおばちゃんと仲良くなったんです。僕が留守のときに助六の世話をしてもらったりしてて、そのおばちゃんが朝の6時ごろにピンポーンて訪ねてきて「猫の声が聞こえるんやけど……、道の前で」って言うんです。下水の水が落ちるようなところがあって、そこを開けてみたらびしょびしょになった黒猫2匹、白い猫1匹がいたんです。けっこう高さがあったんです。2mくらいかな?そこを飛び降りてみたら、胸くらいまでヘドロに埋まったんですよ。ヘドロに飛び込んだときの感覚とか今でも覚えてますもん。「俺も死ぬんちゃうか!」と思って焦りました。3匹は、おばちゃんが知り合いの動物病院に連れて行ってくれたんですけど、2匹は亡くなってしまったんです。そのときに残った1匹が銀次郎です。

子猫の時の銀次郎くん

子猫の時の銀次郎くん

銀次郎を飼うことに決めたのは、なぜですか?

先輩がもらってくれるという話になっていたんですけど、先輩の彼女さんが猫アレルギーだとわかり僕が家に連れて帰ることになったんです。2時間くらいしたら、助六と一緒に寝はじめたんです。それを見た瞬間に飼うことを決めました。でも、まさか2匹も猫を飼うとは夢にも思ってなかったんですよ。今や3匹ですからね。助六を飼って一ヵ月くらいのときに、おとんが「お前これ、増えるからな。大変やぞ」って言ったのが忘れられないんです。その時は、「増えへんて!」と言ったんですけど、本当に増えましたからね(笑)。助六を保護してから半年後に銀次郎を拾ったのですが、そこからえげつないくらい猫を拾いましたね。

もともとは猫好きではなかったという亜生さんは、助六と出会ったことをきっかけに野良猫を保護する活動を始めます。次回は、保護猫活動についてのお話を12月21日(土)に配信します。

取材・文/上原かほり

mofmoの公式Twitterもフォローしよう

mofmoをTwitterでフォローする
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (7件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

7 名無しさん
通報

猫保護する人は優しい金で買うやつは屑

6 名無しさん
通報

こういう優しい若者がいてくれて本当に嬉しいです。

私も犬派と思っていたのですが、保護してからはすっかり猫の魅力に魅せられて、

今では4匹目の保護猫がいます。

こんなかわいい子達が外で過酷な毎日を送っていると思うといたたまれません。

猫は色々事実ではないよくない噂を言われる事が多いですが、

猫と暮らす事で、猫の可愛さをまだ知らないたくさんの方達に知って頂けたら、

多くの貴重な命を助ける事が出来るし、人間も幸せになれて良いと思います。

5 AL
通報

全く同じ境遇で、笑いましたww

私も犬派でしたが、事故で死にかけの猫を保護し、里親を見つけてる間に「あ、もう、(人にあげるとか)ないな」で、今は猫にデレデレです(^_^;)

うちの子も女の子なのに「政宗」で、よく何で女の子なのに?と言われます。

政宗の為に取った、動管士の資格も、他の動物の為に役立っています。

それ以来、猫を拾っては里親探しww

2、3時間おきの授乳もやりました。

人間の子と違い、仔猫はすぐに低血糖で死んでしまうので大変でしたが、亜生さんの言う通り、楽しかった(愛おしかった)です。

人間がちょっと視点を変えれば、助かる命は沢山あります。

そんな人が!もっともっと増えて欲しいなと思い、コメさせて頂きました。

4 まる
通報

亜星さん、ほんとに優しい人ですね。

私も、できることをします。

3 名無しさん
通報

ミキ亜生さんの保護ネコ活動を

志村どうぶつ園などで見ていましたが

本当に芸人さんで日々忙しい合間に

頑張っていらっしゃいました。

自分も出来る事をちゃんと考えて

行動したいと思いました!

2 名無しさん
通報

ロンブー亮の会見映像を見て号泣してたのを見て、この人すごく優しい人なんだなぁくらいには思ってたけど、30匹もの猫ちゃんを助けてあげたなんて…。大ファンになりました!ホントに、ホントにありがとう‼︎

1 名無しさん
通報

私自身、目もまだ開いていない子犬を拾って育てたことがあるので、ミルクや排泄などのお世話の楽しさ、とっても共感できました。早く続きが読みたいです。

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー