犬のトリーツとは?トリーツの正しい与え方やトリーツをあげるときの注意点を解説

犬のトリーツとは?トリーツの正しい与え方やトリーツをあげるときの注意点を解説

3584
update

犬を飼育している方なら、トリーツを知っている方は多いことでしょう。トリーツは犬のおやつと思われている方もいるかもしれませんが、トリーツとは一体何なのでしょうか?まだトリーツがどのようなことなのかを知らない方のためにも、この記事では犬のトリーツについて解説していきます。

3584
update

犬のトリーツとは?

犬にトリーツを与えている飼い主

Valerie Nik/shutterstock.com

トリーツとは、一般的に楽しみや喜びなどを指します。そして、犬のトリーツとは、ワンちゃんにとって”特別のおやつ” や、”褒められたときにでてくるご褒美” のことです。

つまり、愛犬のしつけを行う際、指示通りの行動ができたときに与えるご褒美のことをトリーツと言います。

一般的にご褒美と言うと、愛犬が大好きなおやつを与えることをイメージする方が多いかもしれませんが、トリーツは食べ物だけに限定しておらず、愛犬を思いっきり撫でてあげたり、遊んであげるなど愛犬が喜ぶことをしたり、褒めてあげることも含まれます。

大切な家族の一員でもある愛犬に、しっかりしつけを行うことは飼い主さんの役目です。効果的なしつけをするためにはトリーツは必需品と言えるでしょう。

トリーツに何を使ったらいい?

トリーツは愛犬へのご褒美として与えるものなので、愛犬が喜ぶものであればどんなものでも使うことができます。

つまり、ドッグフードやおやつなどの食べ物、おもちゃなど愛犬が喜ぶアイテムであれば、どんなものでもトリーツになります。

飼い主さんであれば、愛犬が喜ぶものをよくご存知のことでしょう。是非、愛犬の好みに合ったトリーツを選んであげてください。

ただし、おやつが好きな愛犬の場合、おやつに使われている素材やカロリーなどをよくチェックする必要があります。可能であれば、体に優しい無添化食べ物を与えることができるでしょう。また、カロリーが高いものを与えると、肥満の原因にもつながりますので注意が必要です。

さらに食べ物をトリーツとする場合、時々トリーツそのものを変えることもおすすめです。なぜなら、毎回同じトリーツだと犬が飽きてしまったり、味を覚えてしまいご褒美という特別感を感じなくなってしまうことがあるからです。

食べ物をトリーツとして与える場合の適量はどれくらい?

犬のしつけやトレーニングには、ドッグフードやおやつなどの食べ物をトリーツに使うことがとても効果的です。では、どのくらいが適量なのでしょうか?

一度に与えるトリーツは、ごく少量にしましょう。そして、数ミリ角にカットしたトリーツを、指示に従った際に1粒ずつ与えましょう。

トリーツはあくまでもご褒美として与えるものなので、毎日の食事に影響が出るほど大量に与えることはNGです。トレーニングの効率をアップさせるものとして、犬が喜び、嬉しいと感じるものをあげることがポイントです。

トリーツの正しい与え方とは?

では、どのように正しい方法でトリーツを与えることができるでしょうか?

まずしつけやトレーニングの指示、つまりコマンドが上手にできたらトリーツを与えて思いっきり褒めましょう。

初めての指示や難しい指示ができた場合は、2~3個少し多めに与えることができるかもしれません。犬はたくさん褒められることで成長し、学んでいきます。

それとは逆に、叱って指示に従わせることは逆効果となり、飼い主さんに対して恐怖心を覚え、信頼関係も薄くなってくるでしょう。ですから、絶対に叱ったり、大声で怒鳴ったり、ぶったりすることをしてはいけません。

トリーツをあげる時に注意すべきこととは?

トレーニングのあとにご褒美をあげている女性

encierro/shutterstock.com

では、愛犬にドッグフードやおやつなどの食べ物をトリーツとして与える場合、どんなことに注意する必要があるでしょうか?

トリーツを与える頻度

先ほども述べたように、トリーツを頻繁に与えすぎてしまうと、普段の食事の量を食べなくなってしまう可能性があります。

また、トリーツ、つまりご褒美という特別感を感じなくなってしまうこともあります。

トリーツを与えるタイミング

トリーツは、愛犬がきちんと「オスワリ」や「マテ」など指示に従うことができたら”すぐに” 与えることが大切です。

愛犬に指示をだして、それに犬が応え、飼い主さんとアイコンタクトが取れたらすぐにトリーツを与える、というタイミングで行っていきましょう。

特に犬の場合、すぐにご褒美を与えないと、どうしておやつがもらえるのか理解することができません。間延びしたタイミングでトリーツを与えなら、”何でご褒美がもらえたのだろう?”と困惑させてしまいます。

ですから、トリーツを与えるタイミングには、くれぐれも気を付けましょう。

トリーツを先に与えないこと

トリーツはあくまでもご褒美ですので、先に与えるなら全く意味がありません。たとえば、愛犬の無駄吠えを抑えるために、先にトリーツを与えるという行為はNGです。

飼い主さんが愛犬をおとなしくさせたいためにおやつをあげるという行動は理解できますが、犬にとっては”吠えたらおやつがもらえた~”と勘違いしてしまいますので、トリーツを先に与えることは絶対にしてはいけません。

トリーツの間違った与え方

トイレトレーニングや日常生活のさまざまなシーンで、しつけやトレーニングをする際の必須アイテムであるトリーツは、効率よくしつけることができるご褒美です。

特にまだ家に来たばかりの子犬の場合、見ているだけでも可愛いのに、おやつを食べる仕草やおやつを欲しがる仕草も可愛くてたまりません。

その可愛さに負けてしまい、トリーツを間違った仕方で与えてしまうと、さまざまな問題が出てきますので、上記でも触れた正しい方法でトリーツを与えることはとても重要です。

では、間違ったトリーツの与え方には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?次のような間違った方法でトリーツを与えないように気を付けましょう。

  • トリーツのおやつを愛犬が欲しがるので、あげてしまう。
  • 無駄吠えが始まったのでトリーツを与えて飼い主さんに注目させ、無駄吠えをやめさせようとする行為。
  • 食事中にテーブルの下で愛犬がじっと見つめてくるので、トリーツを与える。
  • 食が細い犬に、いつもトリーツを与えるならごはんを食べなくなってしまう。
  • 量やカロリーを考えずにトリーツを与えるなら、肥満や病気の原因につながる。

これらの例は、よく見られるケースです。しかしトリーツの間違った与え方やトリーツの与えすぎは、しつけやトレーニングの逆効果となります。

何も良いことをしていないのにトリーツを与えるなら、いつでもトリーツを欲しがり、ねだってくるようになるでしょう。

愛犬が欲しがるときにトリーツを与えるなら、肥満や病気の原因にもつながりますし、毎日の食事にも影響が及びごはんを食べなくなってしまう可能性もあります。

トリーツはごはんではなくご褒美ですから、おねだりされるままに与えることがないようにしましょう。

また、トリーツを間違った仕方で与えていると、愛犬は飼い主さんがトリーツを持っているときしか言うことをきかなくなってしまう場合もありますので、正しい方法で使うことはとても大切です。

犬の散歩時に便利な”トリーツポーチ”

トリーツポーチに顔を突っ込んでいる犬

Markus J/shutterstock.com

しつけやトレーニングの際にトリーツを与える場合、トリーツポーチがあるととても便利です。トリーツポーチとはその名前の通り、愛犬へあげるおやつを入れるためのポーチです。

お散歩に行くときにトリーツポーチにおやつを入れて持ち運ぶなら、両手が開いているので、愛犬との散歩を安全&安心して行えます。また、しつけやトレーニングのときにも便利です。

おすすめのトリーツポーチ

近年、豊富な種類のトリーツポーチが販売されています。

デザインが可愛いものもあれば、機能性を重視したものなどバリエーションに富んでいるので、好みのトリーツポーチを見つけることができるでしょう。

トリーツポーチをまだご存知でない方は、この機会に購入を検討してみるのはどうでしょうか?ひとつあればとても便利ですよ。

では、ここでおすすめのトリーツポーチをいくつかご紹介しましょう。

「TheBlackLabCompany(ザ・ブラックラブカンパニー)ミニトリーツポーチ」  ザ・ブラックラブカンパニー

TheBlackLabCompany(ザ・ブラックラブカンパニー)のトリーツポーチは、使いやすさを追及したアイテムです。

有名トレーナーさんからのリクエストを実現したこのトリーツポーチは、試作と改良を重ねたパーフェクトなサイズで、とても使い勝手がよく機能的です。

袋内部は二重になっていて、紐を引くと内部の袋だけが閉まることに加え、上部口には柔軟性のあるナイロンワイヤーが入っているので、口を大きく開いた状態を維持できるのでおやつの出し入れが簡単にできます。

また、体にフィットして装着できるのもポイントです。

オレンジ、ブルー、ピンク、カーキ、レッド、ブラック、迷彩の7色が用意されていますので、お好きなカラーを選んでみませんか?

「TheBlackLabCompany(ザ・ブラックラブカンパニー)ミニトリーツポーチ」/Amazon

「 PetSafe(ペットセーフ) トリーツポーチ 黒 ペット」  ペットセーフ

アメリカンのペットケア用品ブランド・ペットセーフの「トリーツポーチ」は、愛犬との散歩やトレーニングの時にとても便利なアイテムです。

片手で開けることができ、ポーチが開いたままの状態をキープすることが可能です。

2種類のインナーポケットに加え、フロントにはスマートフォンが入るポケットも付いている機能性の高いトリーツポーチとなっています。

耐水性のある丈夫な素材なので、雨の日の散歩でも問題ありません。

PetSafe(ペットセーフ) トリーツポーチ 黒 ペット/Amazon

「犬トレーニングポーチ Lantoo 」   Lantoo

Lantooから販売されているトレーニングポーチは、ペットとのお散歩、登山、遊び、アウトドアなどさまざまな用途に対応しているトリーツポーチです。

収納ポーチは5つあり、前後のジッパーポケットにはIDカードやスマートフォン、鍵などを収納することができます。またゴミも収納できるよう設計デザインされています。

ポーチをウエストに密着させることはもちろん、肩にかけたり、斜め掛けをするなど全部で4Wayの装着をすることが可能です。

用途やファッションに合わせて装着スタイルを変えられるのも魅力と言えるでしょう。さらに肩ひもには、反射素材を使用していますので、夜の散歩も安全&安心です。

犬トレーニングポーチ Lantoo/Amazon
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー