ポメラニアンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ポメラニアンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

7724
update

ふわふわで丸々とした姿がかわいらしいポメラニアン。 日本でも「ポメ」の愛称で親しまれ、小さくて賢いポメラニアンはみんなの人気者です。 ポメラニアンの性格や特徴を生かしたしつけ、飼い方のコツをご紹介します。

7724
update

ポメラニアンの特徴

Pomeranian

TatyanaPanova/shutterstock.com

ポメラニアンといえば、ぬいぐるみのような愛らしい見た目が最大の特徴です。

「スピッツ系」のグループに属しています。

スピッツとは「尖った」という意味で、口や耳が尖っている犬らしい風貌を持った犬が属するグループで、ポメラニアンもきゅっと引き締まった印象があります。

首元を上げ、歩幅大きめにキビキビと歩く姿はどこか誇らしげですね。

ポメラニアンの外見的特徴

Studio shot of an adorable Pomeranian dog standing on white background.

undefined/shutterstock.com

「フォクシーヘッド」と呼ばれるキツネのような輪郭、とがった耳、ツンとした鼻、丸々とした目をしています。

口元はくさび形で、口先がやや細い形をしています。

上顎と下顎のバランスがよく、引き締まった顔立ちです。

手先が小さく、しっぽはくるりんと背中に向けて巻いています。

首まわりの2層のふわふわふさふさな豪華な毛吹が特徴的です。

ポメラニアンの寿命・体型

Pomeranian dog on a walk. Dog outdoor. Beautiful dog

undefined/shutterstock.com

平均的な体重は1.8~2.3Kg、体高は18~22cmです。

しかし、ポメラニアンは大きさに左右される犬種で、小型~すこし大きめの体の子がいるので、あくまでも平均です。

大きめの体格の子では4Kgほどになります。

体に合わない体重に育てると栄養バランスが崩れるので、一度動物病院で適正体重を確認することをおすすめします。

ポメラニアンの平均寿命は12~16歳といわれています。

先に述べたとおり、ポメラニアンは体格の個体差が大きいため寿命もそれに左右されやすいといえます。

とはいえ、小型犬の平均寿命が10~13年なので長生きの傾向はありますね。

18年~20年生きたという情報もたくさんありましたよ。

ポメラニアンの歴史

Clever pomeranian dog with a book. A dog sheltered in a blanket with a book. Serious dog with glasses. Dog in a library

undefined/shutterstock.com

原産国はドイツです。

ドイツ北東部とポーランド北西部にまたがる「ポメラニア地方」に、この犬の祖先が生息していたことが「ポメラニアン」の名前の由来です。

元々は、ヨーロッパ大陸北方のスピッツ系のソリをひく大型犬種サモエドであるとされています。

ドイツ北部を中心に、このサモエドの血筋を持つ牧羊犬、番犬があらわれはじめ、それらの小型化がはじまります。

その中に「ジャーマン・スピッツ」がいます。

そのジャーマン・スピッツをさらに小型化したのが「ポメラニアン」だと言われており、それがドイツのポメラニアン地方であったということです。

そのため、国際畜犬連盟では「ジャーマン・スピッツの一品種」に登録されており、世界の多くの国で「ツヴェルク・スピッツ(ちいさなスピッツ)」や「トイ・スピッツ」と呼ばれています。

小型化されたとはいっても、中型犬から大型犬の大きさで体重も13Kgほどはあったと言われおり、ほとんどがホワイト一色かブラックでしたので、現在のポメラニアンとまた随分異なりますね。

のちにイギリスで「ドイツ産の小型スピッツ」と紹介されます。

そして、イギリスのビクトリア女王の目にとまり、ビクトリア女王は「マルコ」と呼ばれるポメラニアンを飼い、愛でます。

ビクトリア女王はポメラニアンを自らドッグショーに出展し、繁殖、改良までします。

結果、小型犬サイズにまでし、カラーもレッドなどが存在するようになりました。

これが上流階級だけでなく、一般市民のなかでも話題となりヨーロッパ各地で小型犬サイズになったポメラニアンの人気が一気に高まります。

ちなみに、あの有名な豪華客船のタイタニック号には少なくとも12匹の犬が乗っていました。

その生き残った犬3匹のうち2匹がポメラニアンだったのですよ。

日本には、明治時代の初期にポメラニアンがやってきます。

日本が高度成長期に入ると、豊かさの象徴としてペットとして犬を飼うことが流行ります。

そして、狭い家でも飼えるということで、小型犬ブームが到来します。

ポメラニアンは急激に人気上昇し、「愛玩犬御三家」(ヨークシャーテリア、マルチーズ、ポメラニアン)と呼ばれていました。

その後様々な犬の小型化により、トイプードルチワワミニチュアダックスフンドが「新・愛玩犬御三家」と呼ばれています。

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

ポメラニアンって、響きの良い名前で大好きなんだけどね、まさかポメラニア地方っていう地名があるだなんてすっごい驚いた。その地方の名前からきてるんだぁ。どうしてその名前がついたのかを知ると、少し鼻高になったような気になります、えへ

3 新幹線
通報

ポメラニアンってサモエド系列なんだー!いやちっこいスピッツっていうか丸!!ってイメージあるけど、そっかあのフサフサ具合はサモエドを先祖に持つからだったんだなー。そう言われると納得って感じがしますね。やんちゃで元気な子が多いのも納得だわー。

3 ももき
通報

ポメラニアンの先祖ってサモエラなんだ!?えーーすごい驚きです。でも言われてみれば確かに面影あるような。なるほどね~。元気いっぱいでやんちゃな性格が多いのもそういう遺伝的な要素がなせる感じなんだね~。納得です。

3 にべ
通報

犬は本当に表情豊かですよね。別に個別のパーツを見て判断しなくても、嬉しいんだなとか寂しかったんだなとか表情を読み取れますよね。これは長く人間が犬と暮らしてきた遺伝子がなせる技なのかな?言葉がなくてもお互いに分かり合えるんだから素敵ですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー