「猫の噛み癖が痛い!」そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

猫を飼っている人なら、誰もが悩む「噛み癖」。しかも結構痛い。これが癖になっているなら、飼い主さんの手足は傷だらけなはず。これ、今すぐにでも直すことができるのでしょうか。じゃれついて噛んでいるのか、本気で噛んでいるのかでも対応は変わってきます。噛む理由、、どのようにしつけられるのかをご紹介したいと思います。

「猫の噛み癖が痛い!」そんな時に知りたい噛み癖を直す3つの方法をチェック!

猫ちゃんの噛み癖の理由は?


猫が飼い主さんを噛む理由、状況はいくつかあります。 まず猫は狩猟本能を持っています。ハンターとしての欲求から動く物に飛びつく習性があり、飼い主さんの手を獲物だと思って噛みついてしまうことがあります。 だからといって虫やネズミではないので、いつまでも噛まれ続ける必要はありません! また遊びがエスカレートし、興奮してしまうと加減が分からなくなり、その対象が猫じゃらしなどのおもちゃでなく飼い主さんに向いてしまうこともあります。 知らないお客さんが来たり見慣れない物があるなど、猫が警戒している時も、不安や緊張から噛むことがあるので要注意です。 何らかの欲求を訴える為に噛む場合もあります。甘えたいと思っているのかもしれませんし、例えば、遊んでほしい、おなかが空いた、眠たいなどの願いを叶えてほしい時に噛むこともあります。 大人しく撫でられていたのに突然噛みついてくる場合は、いつまでも撫で過ぎていた、触り方が気に入らない、気持ち良すぎて興奮してしまった、などの理由の可能性もあります。 赤ちゃん猫が乳歯から永久歯に生え変わる時は、むず痒いので噛みたくなる衝動が大きくなり、人間の手を含めてあらゆる物を噛んでしまうこともあります。 さらに窓から見える野良猫を攻撃したいけれど出来ないから飼い主さんを噛む(転嫁行動)場合や、外傷や病気など体に何らかの不調があって痛みから、あるいは神経質になって噛む場合もあります。 以上のように猫が飼い主さんを噛む理由は実に様々です。 噛む力にしても、かなり強く攻撃的に噛んでくることもあれば、足にすりよりながらガブリと甘く噛んでくる愛情表現のような場合もあります。 ですので噛み癖を矯正したい時は、猫がどうして噛んでくるのか、まずはその理由を考えてみてください。

猫の噛み癖を直す方法とは?

①「ダメ!」と言う

根気が要りますが、しつけることが大事です。手をオモチャとして遊ばせないようにし、噛まれたら「痛い」と真剣に伝えましょう。 どれだけ痛いか飼い主さんが噛み返すのが効果的とも無意味ともいろんな意見がありますが、本来であれば赤ちゃん猫はじゃれ合いながら「相手に怒られない噛み方=痛くない噛み方」を学習して成長するはずです。 なのに兄弟姉妹の猫ちゃんたちと引き離されたことで痛みの加減を覚えられなかったのですから、飼い主が教えて噛み癖を直すようにしてあげなければいけません。 また飼い主さんの手で遊ぶことを覚えて成猫になってしまうと手加減せずに噛んできたり、矯正しにくくなってしまうので、赤ちゃん猫のうちから手を道具として遊ばせることは止めましょう。 オモチャで遊んでいる時も度を過ぎて興奮してきたなと思ったら、いったん止めて猫が落ちつくのを待ってください。 そして叱り方の注意としては、言葉を統一することで混乱が防げるでしょうし、猫の目を見て真剣に叱りましょう。 噛んだら遊んであげない、あるいは無視などの対策を取り、噛むと嫌なことが起きることを覚えさせましょう。

②匂い・音で猫の噛み癖を直す方法!

猫の嫌がる臭いを付けておくことで噛み癖の矯正ができるかもしれません。当然ですが、舐めて害のあるものは避けてくださいね。 猫が落ちつく香りと苦い味の成分が入ったスプレーなども市販されています。成猫の噛み癖を治すのは時間がかかることもあるので、それらを手や足に塗って対策してもいいでしょう。 また噛まれたら、猫の嫌がる音を出すこともできます。 例えば、缶にコインを落とす、振るなど、猫は耳の良い動物で大きな音を嫌がる傾向があるのです。また猫は自分の身体が水に濡れることを嫌うので、霧吹きで水をかけるのも効果的だと言われています。

③おもちゃで猫の噛み癖を直す方法!

特に歯が痒い、乳歯からの生え変わりの時の噛み癖をやめさせる方法として効果的です。 猫の永久歯は生後半年頃で生え揃うので、いつまでも続くことではありませんが、この時期に変な噛み癖をつけると後になって困るので、子猫のしつけという意味でとても大切です。 方法としては噛んでも良い物を猫に与えることで、猫の噛みたいという欲求を満たしてあげます。 同時に手はおもちゃではないことを覚えさせ、飼い主さんと遊ぶ時は楽しいおもちゃを使って遊ぶなら、猫にとってもメリハリがあっていいようですね。 等身大のぬいぐるみのようなもの、しっかりと噛み応えのあるもの、どんなものが好きかは猫によりますから、安全性を考慮した上でいろいろ試してみてください。 また成猫であればおもちゃでたっぷり遊んであげることで、スキンシップをとりながら適度にエネルギーを消耗し、狩猟本能や愛情欲求を満足させる効果もあるでしょう。

猫の噛み癖のまとめ

[強く噛まれて、痛みから思わず叩いてしまうことがあるかもしれませんが、そのような行為は猫を攻撃的にさせ逆効果です。 感情的に怒鳴ったり、例えば罰として尻尾などを引っ張る叱り方も、一時的には効果があるかも知れませんが、「噛む」ことはある意味で猫にとって感情表現の1つなのです。 そんな本能に起因している行動を頭ごなしに叱りつけても、猫に人間への恐怖心を植えつけたり、嫌われてしまうだけになる可能性もあります。 人間もそうですが、子どものうちにきちんとしつけて、「人間の手は噛む対象ではない」と、習慣にすることが何よりも大切です。 猫の噛み癖を直すには根気が要りますが、その理由を考えて工夫することで、きっとしつけられます。愛情のエッセンスもぜひ忘れずに、頑張ってみてください!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後6ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後6ヶ月になると、子猫も永久歯が生えそろってきます。人間で言えば思春期にさしかかる頃。親猫がいる場合は自立の時期であり、お留守番もできるようになります。また「噛む」癖など問題行動も、直してあげるならこの時期。生後6ヶ月の猫の育て方を解説します。

      15518

    • 猫の叱り方解説。正しい叱り方といけない叱り方を知ろう。

    • 猫の叱り方解説。正しい叱り方といけない叱り方を知ろう。

      猫の叱り方はどうしたら良いのか?カーテンによじ登ったり、壁をひっかいて傷をつけたり、猫のいたずらを何としてもやめさせたい…! でも、どう叱ったら効果があるの? そんな時に役立つ、猫の叱り方のコツを紹介します。これを見れば今まで分からなくて困っていた人も正しい方法を覚えられます!

      24712

    • 生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後8ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後8ヶ月の猫は、留守番もかなり上手にできるようになりひと安心。でも発情期になると困った問題も起こります。また噛む力も強くなってくることから、生後8ヶ月の猫が、噛むときに手加減できないと飼い主さんの手は傷だらけになります。この時期の育て方のポイントを考えていきます。

      11860

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後7ヶ月の猫の育て方:留守番・噛む問題について

      生後7ヶ月の猫は留守番ができます。しかし発情期を迎えると幼猫の頃とはちがった行動もするため、留守番のときに新たな注意が必要になります。また永久歯が生えそろったあとで飼い主さんを噛む癖は、矯正しないといけません。この時期の猫特有の、留守番と噛む問題について考えていきましょう。

      12735

    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

    • 生後5ヶ月の子猫の育て方:留守番・噛む問題について

      子猫は楽しいことが大好きな好奇心旺盛で自由気ままな探検家です。 生後5ヶ月の子猫にもなれば育てるうえで目を離せることも多くなります。でもまだまだ人間の子どもでいえば10歳前後の年齢なので成長時期ですよね。 気になる噛み癖(噛む問題)や留守番のさせ方を生後5ヶ月目の子猫の育て方から見ていきましょう。

      7150

このまとめのキュレーター

onigiri

主に犬と猫の役立ち記事を書いています! 動物はなんでも大好きで~す。