正しい犬の抱き方とは?愛犬が抱っこを嫌がるときの改善策も紹介!

正しい犬の抱き方とは?愛犬が抱っこを嫌がるときの改善策も紹介!

3001
update

ペットとして飼われている犬の中には、飼い主さんに抱っこされることを嫌がる子がいます。もしかしたら飼い主さんが正しい方法で抱っこしていないことが原因かもしれません。この記事では、犬の正しい抱っこの方法について、また愛犬の抱っこ嫌いを改善する方法について解説していきたいと思います。

3001
update
正しい犬の抱き方とは?愛犬が抱っこを嫌がるときの改善策も紹介!

はじめに

みなさんは犬をどのように抱っこしますか?特に犬を飼っている方の場合、愛情表現のひとつとして愛犬を抱っこすることがあるでしょう。しかし、ペットとして飼われている犬の中には抱っこされることを苦手とする子もいます。

いずれにせよ犬の正しい抱っこの方法を知ることはとても重要です。それでこの記事では、犬の正しい抱っこの方法について解説していきたいと思います。ではさっそくみていきましょう。

犬を抱っこするタイミングはいつ?

飼い主の足元にすり寄る犬

Ksenia Raykova/shutterstock.com

みなさんはどんな時に愛犬を抱っこしていますか?たとえば次のようなシーンに愛犬を抱っこすることがあるのではないでしょうか?

  • 家の中でテレビを見てリラックスしているとき
  • 来客が来て飛びかかろうとするのを抑えるとき
  • 車がすぐそばを通る道を散歩するとき
  • 足元で抱っこをせがまれたとき
  • 愛犬がキライな子どもや犬などが近づいてきたとき

ほかにもまだまだ抱っこをするタイミングはありますが、これらの場面で愛犬を抱っこする際、正しい方法で抱っこすることが大切です。

では、正しい抱っこの方法を紹介します。

犬の正しい抱き方とは?

愛犬を抱っこしている飼い主

Africa Studio/shutterstock.com

おそらく多くの方が何気なく犬を抱っこしていると思いますが、犬の抱っこには正しい方法があることをご存知でしたか?

犬の正しい抱っこの方法は、個体の大きさ、犬種、年齢によって異なってきます。中型犬は、小型犬と大型犬の抱き方が通用するので、自分がしやすい方法を選ぶことができるでしょう。

小型犬の場合

小型犬を抱っこする際、人間の赤ちゃんを抱っこするときのように仰向けに抱っこすることはNGです。

犬の背骨と地面が水平になるように抱っこするのが理想的です。伏せやお座りの姿勢で抱えてあげることができるでしょう。膝の上に乗せた状態から抱っこしてあげるなら、安定性もアップします。

体重が軽い小型犬を抱っこする場合は、まず立てた膝の体勢でかがみ込み、利き手を犬の脇の下からお腹の下に回し、前足の後ろ付近に手を添えてお腹をしっかり支えて抱っこしましょう。そしてもう一方の手は、お尻を包むようにして持ち上げます。飼い主さんの体に密着させながら抱っこするなら安定感が増すでしょう。

大型犬の場合

体が大きい大型犬を抱っこする場合、横から抱きかかえるようにしながら両腕で体全体を持ち上げるようにして抱え込みます。

抱き上げるときには、飼い主さんの腰にダメージを与えないために犬をソファーの上などの低くて安定した場所から抱っこすることができるでしょう。

抱っこする際には、片手を犬の両足の付け根付近に回し、もう一方の手は後ろ脚の膝裏付近にもっていき、お尻を乗せるように抱っこしましょう。

胴が長い犬の場合

ダックスフンドやコーギーのように胴が長い犬を抱っこする場合には、しっかりポイントを掴む必要があります。

それは片手で前足の脇を抱え、もう一方の手で長い胴を支えるように抱っこすることです。その際、小型犬を抱っこするのと同じように、犬の背骨に負担がかからなように地面と平行になるように抱っこしましょう。

老犬の場合

犬は年齢によっても抱っこの方法が変わってきます。子犬の場合は小型犬の抱き方で特に問題はありませんが、老犬の場合は胴が長い犬を抱っこする方法で抱っこしてあげることが必要です。

ただ、老犬の中には心臓や気管などの機能が年齢とともに弱くなっている子が多いため、ひとつの部位に力が加わらないように抱っこしてあげることがポイントです。

少しの刺激が症状を悪化させることもあるので、くれぐれも優しく抱っこしてあげましょう。

抱っこのしつけは愛犬の保護のために必須!

散歩中に飼い主を見る犬

Maria Sbytova/shutterstock.com

正しい抱っこをマスターすることは、愛犬の保護にもなります。なぜなら、犬の身に危険が迫ったときは、飼い主さんが抱っこして愛犬の身を守る必要があるからです。

では、どんな時に抱っこが必要となるのでしょうか?

狭い道路を散歩するとき

愛犬との散歩中は、すべての歩道が広くて歩きやすい道というわけではありません。

車が犬のすぐ近くを通る狭い道や、自転車の交通量が多くて犬が引かれやすい道、車のスピードがでやすい道など散歩に適さない道を通らなくてはならない時もあります。

そんなとき、飼い主さんは愛犬を抱っこして、危険な目に遭わないように保護する必要があります。正しい抱っこの仕方をマスターしていれば、リードを短く持ったまま抱っこすることができるでしょう。

そうすることで、たとえ愛犬が抱っこから降りようとしても、リードが引っ張ってくれるので下に落ちて危険な目に遭うことを避けることができます。

散歩中に出会う犬や人がキライなとき

犬にも個々の性格があります。そのため、犬の中にはキライな犬がいたり、苦手な人がいることもあります。

飼い主さんは愛犬が苦手なものから遠ざけるために、自分の側によせて抱っこすることで、愛犬は安心感を覚えます。目の前にある苦手なものから愛犬を守るためにも、抱っこは重要な役割を果たすと言えるでしょう。

周囲への配慮が必要になったとき

近年のペットブームに伴い、ペット同伴可能なお店が増えています。しかし、お店に来店している方のすべてが犬好きというわけではありません。

中には犬を苦手とする人や、犬アレルギーを持っている人もいることでしょう。犬に近づいてほしくないと思っている人がいるなら、すぐに抱っこして配慮を示すことはマナーです。

愛犬への危険が及ぶかもしれないとき

人混みなどでは知らない人から愛犬を触られたり、また道に落ちているものを愛犬が誤飲誤食してしまうこともあります。しかし、飼い主さんがしっかり抱っこしているなら、そのような危険性から愛犬を守ることができるでしょう。

また、動物病院の待合室では、大人しく抱っこしている、もしくはケージの中で待つことがマナーとなっています。自分の犬をほかの犬に近づけないことはもちろん、ほかの犬猫もどんな病気をもって動物病院に来ているか分からないので、しっかり抱っこして周りの犬猫との接触を避けましょう。

犬が誰かを傷つける可能性があるとき

犬が興奮状態に陥ってしまうと個体の性格にもよりますが、だれかに噛みついたり襲ったりすることがあります。しかし、抱っこをすれば、愛犬の行動を抑えることができます

普段は大人しくしている子でも、突然大きな音がしたときや、不意に驚いたときなどは予測不能な行動にでることがあります。そんな時に愛犬を素早く抱っこできるなら、愛犬も落ち着き、起こるかもしれない問題を回避できるでしょう。

犬が抱っこを嫌がる理由とは?

女性に顔を背けている犬

Pavel105/shutterstock.com

上記でみたように、抱っこが必要となるシーンは日常にたくさんありますが、犬が抱っこを嫌がることがあります。

それには次のような理由が考えられます。

理由①抱っこに慣れていない

子犬や捨て犬などは、人間から抱っこされた経験が少ないため嫌がる子がいます。足が地面から浮くので、不安や恐怖を感じるのでしょう。

理由②抱っこにトラウマがある

過去に抱っこでイヤな思いをした場合も、抱っこを嫌がることがあります。

たとえば落ちて怪我をした、抱き方が悪くて痛い、抱っこされると病院に連れていかれるなどのイヤな経験と、抱っこが結びついているのかもしれません。

理由③抱っこされると痛い

体に何かしらの異常があると、抱っこすると痛みがあるようです。

普段は抱っこが好きなのに急に抱っこを嫌がるようになったら、膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニア、内臓疾患などの疑いがあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー