犬の鳴き声の意味を知ってコミュニケーションしよう!【犬の気持ち】

動物病院で犬を観察していると、普段家でリラックスしている時とは違う鳴き方をしていることが分かります。犬の鳴き声を聞き分けられると、犬がどんな気持ちなのかが分かってきますね!今回は犬の鳴き声の意味をご紹介していきます!

犬の鳴き声の意味を知ってコミュニケーションしよう!【犬の気持ち】

犬の鳴き声の意味「吠える声の違いに注目!」

犬が吠える時は、10分以上も続く時があります。先祖のオオカミではそれほど長い時間吠え続けることはないんですよ!

高い鳴き声が長く続く吠え方の時

独りで寂しいという気持ちや、仲間を求めている時に高い声で長く鳴き続けます。飼い主さんの姿が見えない時や、閉じこめられた場合にこういう鳴き声を出しますね。

見知らぬ人や犬が嫌っているバイクのエンジン音などが近付いたときも「ここに立ち入るのは許せない!」という不快感や、「怪しいやつがいるよ!」と飼い主さんに知らせるために高い声で吠え続けます。もっとストレスが高くなってくると、声がより高くなって「キャンキャン」という吠え方になっていきます。

高い鳴き声で短く1、2回吠える時

短く強く高い声で吠える場合は、こんにちは!!などの挨拶の意味が強いです。散歩でよく見かける相手に対してや、親しい仲間の犬に対してはこういう社交的な挨拶をします。

よその飼い犬に「ワン!」と快活に吠えたときは「やあ!遊ぼうよ!」と言っています。犬の楽しそうな表情も見逃さないようにしましょう。飼い主さんが帰宅した時なども、短く強く高い声で迎えてくれると思います。これは「お帰り!!」の意味なんですね。

犬の鳴き声の意味「うなる声の違いに注目!」

うなり声というと、何となく怒っていたり警戒している印象がありますが、その背景にある犬の気持ちは色々あります。違いを聞き分けてあげてくださいね。

鳴き声が低いうなり声の時

典型的なうなり声です。この場合は相手に対して「向こうへ行け!」という意味になり、味方に対しては「気を付けるように!」という意味になります。うなり声だけで危険が回避できれば良いのですが、このまま続くと本格的なケンカになってしまうので注意が必要です!

うなっているときの犬の顔を見てみましょう。パグやフレンチブルドッグなど鼻が低い犬種だとわかりにくいのですが、鼻(マズル)にしわを寄せて前の歯をむき出している場合は、相手を威嚇しています。

実は先にこの顔になってから続いてうなりはじめます。さらにうなり続けているとますます鼻のしわは深くなり前歯だけでなく犬歯までむき出しになってきます。犬は相手を威嚇していますが正直な気持ちは「相手のことがイヤ」なのです。静かに、しかし迅速にその場から犬を連れて離れましょう。

鳴き声が高い声で歯を見せないうなり声の時

威嚇の声に似てはいるのですが、歯を見せていない場合は「楽しい!面白い!」という気持ちの表れなんです。遊んでいる時によく出す声なので、飼い主さんは警戒している威嚇していると勘違いしないであげてくださいね!

犬の鳴き声の意味「高く鳴く声の違いに注目!」

犬が高い声で鳴くことを「高鳴き(高啼き)」と言います。耳に響く声が特徴とされています。

連続して高鳴きしている時

連続して高鳴きしている時は、とても深刻な苦痛が犬を襲っているという意味と考えてください。

鳴き声は連続していても単調な繰り返しではなく途切れたり、乱れたり、声の大きさにばらつきがあることもあります。声だけでなく表情や姿勢も尋常でないはずです。犬は苦痛にとても強い生き物なので、この声が出ている時は命に関わるほどの状況だと判断してください。

キュンキュンという感じの高鳴きの時

子犬の時によく出す声です。成犬になってからも、甘えたい時など子犬時代に戻っているときにはキュンキュンという高い声を出します。一緒に居たい、遊びたいという気持ちがあふれ出している時ですね。

犬の鳴き声の意味「ため息の違いに注目!」

犬がため息をつくとき、大体腹ばいになっています。その雰囲気は吹き出したくなるくらい微笑ましいですが、犬にとっては笑われたくはないかもしれませんね。

うっとりした顔でのため息の時

お腹がいっぱいだったり、遊び疲れて満足している時に出るため息はそのままの意味です。満足、幸せ!という気持ちなので、飼い主さんの傍に来ていることも多いと思います。

目を見開いてため息の時

寝ころんだ状態で、目を見開いてため息をついている場合は、がっかりしている時です。何となく期待外れな出来事があったときのため息。人間と同じ感じですね。

犬の鳴き声で知ることができる気持ちはたくさんあります。活字で知ることも大切ですが、愛犬を観察して飼い主さんにしか分からない気持ちを沢山増やしていってくださいね!!

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

鳴き声を聞いて、何を訴えているか知ると、コミュニケーションがとれていいですねー。より、愛情が深まりそうです!そのために、この鳴き声は何を言ってるのかってことを飼い主は理解するようにしないといけないですねー。 ため息に2つ種類があるってとこですが、ため息が表す気持ちが両極端すぎて…面白いですね!

2
通報

自分の愛犬なら声の違いは分かるかもしれないけど、初めてあったワンちゃんの声の違いは分かりにくいですね〜。違いをしっかり見分けていかないとお互いにとってストレスになるので「向こうへ行け!」と言っているのか、それとも「こんにちは!」と挨拶されて受け入れてくれているのか感じ取る必要があるなぁと思いました。

3 スピーク
通報

鳴き声の意味がわかると、本当に奥が深いですよね。犬は話せないので、飼い主さんが複数の鳴き声の意味を知っておくことによって、会話がスムーズに成り立つと思いました。ため息をついている時には、ため息と表情を併せて確認するのが良さそうです。

4 いぬだいじん
通報

犬の鳴き声にいろんな意味があることは知っていましたが、ここまで細かく分類していると助かりますね。犬の気持ちっていうのもありますが、ああいうものに頼らなくてもちょっと注意深く観察するだけで犬のことが良くわかるようになりたいものです。ため息しているのを見たことがありますが、理由もなく癒されますよね。

5
通報

鳴き声からその犬の思ってることが読み取れるようになったら本当にいいですね。普段から愛犬の鳴き声によく耳を向けておきたいと思います。特に痛みがあるときや調子が悪い時の鳴き声には注意したいと思ました。

6 PPP
通報

人も話す言葉だけでなく、話す音の違いによってもニュアンスが変わってくるのと同じなのかなとも思ってしまいました。起こっている時でも怒鳴り声のような声の時もあれば、低い声で怒っている時もあります。猫も鳴き声の音の違いや長さによって違いがあるんですね。

7 化粧台
通報

鳴き声に注目すると、色々なことが分かって面白いですね。声の低い・高いだけではなくて、鳴き方にも違いがあって感心しました。鳴き声は人間でいうところの言葉に当たるものなので、今後は鳴き声にも気を配って見てみたいと思いました。

8 わーん
通報

犬の鳴き声にいろんな意味があるのは面白いですね。自分で飼っている犬ならある程度、鳴き声で状態がわかるでしょうから、コミュニケーションをとるのは比較的簡単かもしれません。でも野良だったり、他の人が飼ってる犬になるとちょっと難しいかなぁ?お互い腹の探り合いをして慣れるまでは時間かかるかもしれませんね~

9 ケイ
通報

歯を見せない高い唸り声が「楽しい面白い」と思ってる証拠とありましたが、そうでない場合もあるので気をつけたほうがいいのでは?と少し思いました。唸り声を上げているのはたいていの場合警戒している時が多いですから、飼い犬の場合でない時はその場を離れるのが一番だと思います。何かあってからでは遅いですからね。

10 名無しさん
通報

ずっと一緒にいると、鳴き声でなんとなく訴えてることとか、こんな状況だから鳴くんだなーとかわかってくる気がするんですが、最後のため息ってとこがなかなか興味深く参考になりました。ため息でも仕方によって、全く違う気持ちを表しているんだなーって。気持ちを少しでもわかってあげれたらいいですよね。

11 秋の訪れ
通報

犬の鳴き声はどれも同じに聞こえていたので、鳴き声にそれぞれ意味があるとは意外でした。声の高さや鳴き方を掘り下げると、いろんなことが物の見事に分かるんだなと思うと、なんだか感慨深いです。今度犬を見たら、その鳴き声に耳を澄ましてみようと思いました。

12 天津
通報

単に鳴き声といっても、声の違いやため息の違いなど、着目点はいくつかあるんですね。鳴き声のみならず、その時の表情と併せて気持ちを読み取ることがポイントになってきそうです。表情や声などで意思表示をしてくれているので、どんな気持ちなのかを悟れるようになりたいものですね。

13 こよみ
通報

犬の鳴き声は人で言うところの会話に当たるものですから、何て言ってるのかが理解できれば嬉しいなと前々から考え思ってました。当記事で、意味合いを詳しく知れましたので、鳴き声に注目して、日々のコミュニケーションを図っていければなと思います。

14 ヒコーキ
通報

同じわんちゃんでも、その時々によって鳴き方とか長さとかが違う時がありますもんね。これを踏まえると、確かに鳴き声で自分の考えっていうか、気持ちを外へ出しているんだろうなって感じですね。興味深く最後まで読ませてもらいました。

関連するキーワード

関連する記事

    • 愛犬のための手作りごはん♡栄養満点のトマトを使ったチキンライスを作ろう!

    • 愛犬のための手作りごはん♡栄養満点のトマトを使ったチキンライスを作ろう!

      いつも同じドッグフードでわんこが食べきってくれない!そんな時はありませんか? そんな時はトマトで手作りごはんはいかがでしょう?トマトも鶏肉も犬の健康に役立つ栄養満点の食材です。 この二つの食材を使ったチキンライス、犬も喜んで食べてくれます。 トマトの水煮缶が余ってしまった時、特別な日のご褒美や犬の食欲回復のためなどに作ってみてはいかがでしょうか?

      1161
    • 犬のうれしょんって何?犬を落ち着かせる正しいしつけ方法♪

    • 犬のうれしょんって何?犬を落ち着かせる正しいしつけ方法♪

      犬はうれしいと、つい”おもらし”をするタイプの子がいます。これは成犬でも同じで、ちょっと普通の排泄とは違います。ただ、どうしても室内に強烈なニオイが残ってしまうので、飼い主さんとしては、何とかして防ぎたいのものです。ただ、うれしょんといっても、異なるパターンがあるので、対処は異なるので注意です。

      3030
    • 狼と犬の違いって何?それぞれの特徴から見分け方を解説

    • 狼と犬の違いって何?それぞれの特徴から見分け方を解説

      犬の祖先は狼であるとよく聞くことがありますよね。特に日本犬の姿かたちは特に似ています。狼と犬にはどんな違いがあるのか気になりますね。両方を比較すると明確な違いが分かってきます。狼と犬の見分け方についてみてゆきましょう。

      1951
    • 子犬の育て方。ヨークシャー・テリアの離乳食、手入れ、トイレまで解説。

    • 子犬の育て方。ヨークシャー・テリアの離乳食、手入れ、トイレまで解説。

      被毛が七色に変化するとか「動く宝石」とも称させるヨークシャー・テリア。昔も今も愛され続ける小型犬ですが、その子犬ともなるとその可愛さといえばたまりません!成犬が小型なので、成長過程で十分気をつかって育てる必要がありそうです。どんな離乳食与えればよいでしょうか?手入れやトイレについても見てゆきます。

      1675
    • 性格が穏やかな犬種って?穏やかな犬種ベスト5!

    • 性格が穏やかな犬種って?穏やかな犬種ベスト5!

      犬と一緒に暮らしてみたい! と思い立ったとき、最初にどんな犬種を迎えたらいいのか迷ってしまいますよね。また、家に小さなお子さんがいる場合は、性格が穏やかなことも大事です。今回は、一緒に暮らしやすい穏やかな犬種を、体の大きさ別にランキングにまとめました!

      2907
    • 放っておくとあら、臭い!犬の匂い対策5つの方法♪

    • 放っておくとあら、臭い!犬の匂い対策5つの方法♪

      「うわー臭い!!」自分の愛犬をこう感じた経験はありませんか?犬の体臭は、ひどい場合は夏場のように湿気の高い時期や、冬の室内で加湿器を使った部屋では、それこそ匂いが充満しますよね。臭い匂いをもとから絶つには、案外、大変なんですよ。様々な工夫を紹介いたします。

      1559
    • 犬用シャンプーって?おすすめをランキング5つ比較します!

    • 犬用シャンプーって?おすすめをランキング5つ比較します!

      犬用シャンプーの品揃えがどんどん充実してきていますね。愛犬のシャンプー選びに困るほどです。食べ物や気候、環境などの影響でかゆみと闘う愛犬が増えているので、できるだけ犬の健康にいいものを選んであげたいものです。選び方と人気のシャンプーを取り上げます。

      7426
    • 犬猫が一緒に同居って喧嘩しない?詳しく知ろう!

    • 犬猫が一緒に同居って喧嘩しない?詳しく知ろう!

      犬も飼いたいけど猫も飼いたい…そんな状況になった時、犬と猫の同居って大丈夫だろうか?喧嘩しないだろうか?と考えますよね。サークルは一緒に置いていいのか、分けた方がいいのかなど同居する際の注意点や犬・猫の特徴などをまとめてみました。

      1036
このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!

おすすめコンテンツ

犬の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!