ボルゾイってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ボルゾイってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

7027
update

すらっとした体と気品ある顔立ちから、海外の王室やセレブ達からも愛されている“ボルゾイ”。 そんなボルゾイはいったいどんな犬なのでしょうか? そこでここではボルゾイの性格と特徴から、しつけと飼い方のコツを探っていきたいと思います。

7027
update

ボルゾイの特徴

ボルゾイ

hakase420/stock.adobe.com

ボルゾイは、とっても個性的かつ美しい見た目をもつ犬種で、エレガントで気品もあります。

その優雅な雰囲気と気品漂うことからすると、海外の王室やセレブからも愛され続けていることもうなづけますよね。

とても大人しそうに見えますが、超大型犬なので迫力もありますし、存在感はかなりあります。

そして、じつはオオカミに立ち向かうほどの勇気と力をもつ犬種です。

ボルゾイの外見的特徴

White Russian Wolfhound Dog, Borzoi, Russian Hunting, Sighthound, Russkaya Psovaya Borzaya, Psovoi. Spring Autumn Time, Outdoors Close Up Portrait . Spring Autumn Time, Outdoors

undefined/shutterstock.com

ボルゾイ最大の特徴はやはりその容姿です。 ボルゾイは極寒の地ロシア原産のため、被毛はダブルコートで、オーバーコート(上毛)は絹のように細く少しウェーブがかった毛質をしています。 寒さから身を守るアンダーコート(下毛)はかなり密で、見た目以上に抜け毛が多いと感じるかもしれません。 体は特徴的な流線型をしていますが、このおかげで狩りの際に速く走ることができました。 ボルゾイは華奢だと思われがちですが、実はかなりの筋肉質で、全体的に細く引き締まっています。 ボルゾイは体高が高いのもその特徴で、立ち上がると私たち人間と同じくらいの高さになります。

体高は、オスの場合だと75?85cmくらい、メスの場合は68?78cmくらいです。 その割に体はとても軽く、グレートピレニーズやセントバーナードなどと同じ超大型犬に分類されているものの、体重はラブラドールレトリバーなどの大型犬と同じくらいしかないのもボルゾイの大きな特徴です。

目がとってもいい!

Profile Portrait of smiling russian borzoi dog on a green and yellow field background. Close-up image of beautiful dog breed russian wolfhound in the buttercup meadow

undefined/shutterstock.com

筋肉質だけど、とてもスマートに見える体のボルゾイですが、すらっと伸びる足も美しいですよね。

骨格が細いので、歩く姿はとても優雅です。

そして、一度走り出せば、とても早くてかっこいいです。

その美しく佇む姿からは想像できないくらい速く、なんと最高速度は50キロメートルにもなるそうです。

そのギャップにも魅了されてしまいますね。

ボルゾイは、シュッとした小顔も特徴の一つですよね。

鼻先に向かってシュッと細くなる、超々小顔です。

横から見た、おでこから鼻先に向かって、滑らかに伸びるラインも気品を感じさせますよね。

そんなボルゾイの目ですが、JKC(ジャパンケンネルクラブ)で「視覚ハウンド」に分類されていることからもわかるとおり、非常に視覚が優れていて、かなり遠くのものまで見ることができるのも特徴の一つです。

ボルゾイの寿命・体型

Smart dog  Afghan hound with ideal data stands in the autumn forest and looks into the camera. A long bang closes her one eye. Picturesque portrait of a dog.

undefined/shutterstock.com

ボルゾイの寿命は、だいたい7?10年といわれています。

大型犬のなかでも、寿命が短い犬種ですね。

しかし、飼い主さんの健康管理や個体がもつ生命力の強さによっては、それ以上生きることもあります。

できれば、ずっと元気で過ごしてほしいものですね。

ボルゾイはときに「大型犬」、そして別のところでは「超大型犬」と言われることがあります。

それはなぜかというと、じつはそのような「◯型犬」という分類にはきちんとした定義がないからなんです。

しかし、一般には成犬になると体重が20?40kgになる犬種を「大型犬」、そして40kg以上のになると「超大型犬」っていいます。

ボルゾイの場合、体重ではオスは35?45kgほどになります。

メスの場合は27?40kgです。

それで、ボルゾイは大型犬と超大型犬、どちらの部類にも入るような大きさなんですね。

体高もかなり高い大型のサイトハウンド系の犬種ということで、間近で見るとかなり迫力もありますし、その大きさに圧倒されるかもしれませんが、その優雅さと気品と穏やかな雰囲気で、圧迫感はあまり感じさせないですよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 かすみ草
通報

ボルゾイを飼育したいと思ってるので参考になります。なるほど、褒めて伸ばすのがいいんですね。優雅な外見とは裏腹に躾は大変なんだなぁ。でもボルゾイの見た目が最高に好きだから、頑張ってしつけたいな。

1 レイチェル
通報

ボルゾイのしつけ方のコツ、子供の時から・根気よく繰り返し行う、もしかするとどの犬種にも言えることかもしれませんが、やはり躾は長い時間をかけて地道にコツコツと行っていかなければならないのですね。ひたすら頑張っていこうと思いました。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー