愛犬と休日をしっかり楽しむための群馬県伊勢崎市!

愛犬と休日をしっかり楽しむための群馬県伊勢崎市!

3790
update

時代の流れとともに主要な産業だけではなく大きな変化を遂げている伊勢崎市。しかし、今に残る歴史の足跡を確認することは可能です。ここでは、ワンちゃんと自然を満喫できたり、ティータイムを過ごせたりできます。これらに該当する場所を中心にまとめています。

3790
update

中心部の空洞化と郊外の発展が著しい「伊勢崎市」

View of Mt.Akagi

zepkatana/shutterstock.com

伊勢崎市は群馬県の南側に位置する都市で、人口は約21万人です。

市名の由来は、赤石城を瓦解に追い込んだ由良成繁が赤石郷の一部を伊勢神宮に寄進し、守護神として祀ったことに端を発します。

それからというもの「伊勢の前(いせのさき)」と呼ばれるようになり、転じて「伊勢の崎」、「伊勢崎」になったということです。

「いせざき」と濁音ではなく、「いせさき」と清音で発するところに、その名残を見てとることができます。

かつては養蚕が盛んで絹織物の産地として名を知られていましたが、現在では郊外に工場が建ち並び、北関東でも有数の工業都市となりました。

昨今は郊外型店舗の進出が盛んであり、群馬県道2号前橋館林線沿いの発展が著しいです。

一方で、中心市街地はドーナツ化現象が一気に加速しています。

古い歴史を持ちながら発展を遂げてきた伊勢崎市には、愛犬とともに遊べる施設がいくつか存在します。

ワンちゃんと一緒に楽しめるスポットとして、『華蔵寺(けぞうじ)公園』と『いせさき市民の森公園』の2つを紹介します。

また、ワンちゃんと入店できるカフェについては、『CAFE TIME群馬伊勢崎』と『Cafe suave(カフェスアーヴ)』の2つを取り上げます。

古い歴史を持つ伊勢崎市で最も有名な『華蔵寺(けぞうじ)公園』

www.gunma-navi.net

公園の名の由来となった、その名も「華蔵寺(けぞうじ)」に隣接する公園です。

その歴史は古く明治時代に開園の源を辿ることができます。

開園当初は、「伊勢崎公園」として運営を行っていました。

都市公園100選の1つに選ばれており、伊勢崎市を象徴する公園と言っても過言ではありません。

入場料は無料で、広大な敷地の中を愛犬とともに散策することができます。

園内は、公園、遊園地、各種運動施設(市民プール、野球場、陸上競技場など)の3つで構成されています。

華蔵寺公園遊園地は入場料は無料ですが、各遊具ごとに利用料を払うシステムです。

下は50円から上は350円までと全国規模で見てもとてもリーズナブルな遊園地と言えます。

ワンちゃんを連れて入ることができるのは、公園だけですので注意してください。

園内は芝生が敷き詰められていますので、ワンちゃんとのお散歩にピッタリです。

季節の移ろいを感じながら、ゆったりとした気持ちで園内をぐるりと歩いてみましょう。

12月になると公園内はイルミネーションが点灯し、昼の姿とは趣を異にします。

16時30分から21時30分までイルミネーションが点るので、ワンちゃんと一緒にぜひ楽しんでみてください。

毎年4月に「花まつり」が開かれているため、春になると多くの花見客が訪れます。

ソメイヨシノやツツジや花菖蒲などが植えられており、春の喜びを肌で感じることができます。

  • 華蔵寺公園
    都市公園100選の1つに選ばれています!
    4月には花まつりも!
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

愛犬とのお出かけは非常に楽しいものだけど、できれば人間も行って楽しめるところがいいです。どうしてもワンちゃんのためだけとなると、自分のしたいことができないというストレスが溜まってきたりするので、愛犬との関係にも影響が出てしまいます。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー