ウェルシュコーギーってどんな犬?子犬や性格、しつけ方など飼い方のすべて!

ウェルシュコーギーってどんな犬?子犬や性格、しつけ方など飼い方のすべて!

14712

イギリス生まれの牧羊犬で、胴長短足の体型が愛らしいウェルシュコーギー。日本でも高い人気を誇る犬の1つですが、種類や性格、しつけ方、子犬の時の注意点などすべてをご紹介します。

14712 |

コーギーという犬種の特徴

Welsh corgi pembroke standing in a studio

HelenaQueen/shutterstock.com

イギリスのウェールズ地方が原産の犬種。 ウェルシュコーギーは小人犬と言う意味があります。 由来は諸説あって、小人が飼っていたのがこの犬種であったとか、コーギーが妖精の馬車を引いていたという伝説に基づいて名づけられたという話もあります。

体高は25~30cmぐらいで、体重はおよそ15kgです。 牧羊犬として羊や牛を追い立てる仕事をさせる目的で開発されたため性格は頭がよく活発なのが特徴です。 牛に蹴飛ばされないように俊敏に動き回れます。

被毛は構造がダブルコートになっていて硬くて長い上毛と、少し短めの下毛で覆われているのも特徴。 顔つきの特徴はキツネに似ているという多くの観察がありますが、柴犬にも似ていて、凛々しい柴犬よりも少し穏やかさのある表情が特徴です。

また、牛などの家畜に尻尾を踏まれないように断尾する犬としても知られる犬種です。 その後は、牧羊犬や牧畜犬としてだけでなく、コンパニオン・ドッグとしても人気を博していて、現在のエリザベス女王にも寵愛を受ける犬としても知られている犬です。

原産国であるイギリスでは断尾を禁止したことから絶滅が危惧されています。

飼い主には従順で賢い犬ですが、警戒心が強いのも特徴の一つです。

コーギーは性格が悪い?

Naughty corgi dog bites a chair instead of his toy

Paul's Lady/shutterstock.com

噛み癖に注意!

コーギーの性格として悪いといわれるのは、噛み癖です。 この悪い癖はコーギーの本能ともいえる悪い癖で、どこでも咬むのではなく、一定の場所を噛むのが特徴です。 その場所はかかとです。 これは、牧羊犬や牧畜犬として活躍していた時代の名残で、牛などの家畜のかかとを噛む事で牛などの家畜をコントロールをしていていた時の名残といわれます。 ただ、全てのコーギーに出るわけではありません。 ですが、咬まれるとかなり痛いだけでなく、他の人が咬まれると大変なのでしつけによって咬まないようにして、悪い癖をなくすことが大切です。

しつこいほどの自己主張!

また、しつこいほどの自己主張が強い事もコーギーの特徴です。 自己主張が強い事はコーギーの性格の中で特徴の1つですが、それを嫌がったり、悪い部分であると考える飼い主や家族もいると思います。 ただ、喜怒哀楽をはっきりと表現するので、飼育する上でコーギーの感情がわからないという事はないので、そういった意味では飼育しやすいポイントとも言えます。

頭がいい事がデメリット!!

さらに、コーギーの性格が悪いといわれる特徴としては、明晰な頭脳といわれます。

一般的には明晰な頭脳は良いと思われがちですが、明晰な頭脳であるがゆえにコーギーの中には飼い主や家族を下に見るという特徴があります。

犬は群れで生活をしていた動物なので、人との共生の中でも順位をつける習性があり、頭脳が明晰な犬は飼い主や家族がしっかりとしたリーダーシップを示さないと、飼い主や家族を下に見てしまうという悪い特徴があります。 飼い主や家族の言う事を聞かずに唸ったり、吠えたり、ひどくなると咬んだりする場合も。

また、警戒心も強い性格をしているので吠えやすいという特徴があり、この部分も悪いと評価される一因とも言えます。 特にマンションなどの集合住宅や住宅街では困った部分ですね。

コーギーの性格の全体的な特徴

Pembroke welsh corgi puppy running

Grigorita Ko/shutterstock.com

コーギーの性格の特徴は、基本的に非常に活発な性格をしていて、陽気で社交的な性格をした犬で、飼育しやすい性格をした犬です。 また、体力もあるので、コーギーと一緒にアグレッシブに行動したい飼い主や家族にはぴったりな犬ですね。 ただ、胴長短足という体型上、地面からの輻射熱の影響を受けやすいという悪い特徴もあるので熱射病などにならないように注意する必要があります。 さらに、飼い主や家族に対しては忠実な性格で、物覚えがいいのでしつけに関しては難しいタイプの犬ではないという特徴があるのがコーギーの性格の特徴で、この点も飼育しやすい犬といえますね。

コーギーの種類

ウェルシュコーギーには、ウェルシュコーギー・カーディガンとウェルシュコーギー・ペンブロークの2種類あります。

いずれもウェールズ地方の原産種で姿形も良く似ていて、牧羊犬という目的も同じですが、カーディガンは少し体が大きめで丸くなった大きめの耳と後ろへ向かって流れる形の尾が特徴的です。

ペンブロークは丸くなってとがった耳をもち、やや体高は低めなのが特徴です。この2種の間で盛んに交配されていた時期もあるので性格は似通っています。

簡単に言えば、「しっぽ」があるか、ないか。

ペングローブ(しっぽなし)

しっぽがないと言っても、生まれつきないわけではないのをご存じでしたか?

牛を追う仕事をする時に、牛にしっぽを踏まれてけがを防ぐために、生後間もなくしっぽを切るという習慣が生まれました。 今では、しっぽを切っては可哀そうという声から断尾をしないペングローブも増えています。

カーディガン(しっぽあり)

ペングローブとは異なり、足の短さからすると顔としっぽがかなり大きく見える身体の特徴があります。 また、キツネのような長くフサフサしたしっぽがあるのも特徴です。

1934年から、この2種類が別犬種として登録されるようになりました。

この記事が気に入ったらシェア♪
17 ひきわり
通報

尻尾があるコーギーと尻尾がないコーギーがいるんですか!!嘘?そんなの全然気がつかなかった。尻尾ー、今度コーギーを見る機会が来たら、尻尾をよく見てみようと思った!ペングローブとカーディガン、この二種類、きちんと覚えておきたいでーす^^

17 ほほ袋
通報

耳掃除をするとき、イヤーローションが必要なんですね。そういうのが要るとは知らなかったので驚いてますが、必要なものをあらかじめ知られて安心してます。人手についても触れられているので、激しく動く場合は人手を増やすというのが参考になります。

15 夜明け
通報

コーギー大好きです。あの素敵な笑顔と短い脚がチャーミングで好きです。この前も買い物に行く途中で、コーギーを見たんですが、二種類いるんだそうで、どっちのコーギーだったんだろうって今、思い返しているところです。でも、どっちにしても可愛いことには変わらないので、どちらの種類かはあまり気にしないようにしま〜す。

14 ザッハトルテ
通報

コーギーが大好きな私なので、可愛い写真が何枚も掲載されていて、元気を頂きました。それに、コーギーに関してここまで深く掘り下げた内容のすごく詰まった記事というのは、今までに見たことがないので、感心しながら読んでいました。

13 ながいも
通報

ウェルシュコーギーに2種類あるとは初耳で、びっくりです!これを知ったら、私がよく目にするコーギーは一体どちらなのか、ものすごい気になりました。断尾をしないべングローブもいると言われると、見分けるのが難しくなりそうですね。

12 ロックウェル
通報

ウェルシュコーギーって本当に可愛い犬だよね。あの大きい耳と短い手足がほんとキュート!!飼育したいな~~。今はマンションがペット不可だから飼えないけど、引っ越ししたら絶対ウェルシュコーギーを飼育するんだ~!

11 名無しさん
通報

胴長っていう特徴が可愛いさを増してると思うけど、その特徴が腰を痛めてしまう原因になっちゃう事もあるんですね。運動好きだし、元気に動くから、全然気にしてなかったけど、ちゃんと無理させないように飼い主が調整してあげないといけないですね。

10 ロム
通報

元々牧羊犬なら、確かにたくさんの運動量も必要だし、賢いからしつけも大変そうだな〜。しかも、あのつぶらな瞳に見つめられたら、ついつい甘やかしちゃうかも…。

9 うひ
通報

噛み癖に関してはコーギーだけの問題ではないでしょうね。ちゃんと躾けができていれば済む問題なので飼い主に責任があります。それに性格も個体によって違ってくるので一概にコーギーだからという理由でくくることはできないでしょう。ただ、コーギーのことが良くわかる記事ですので、参考にするには十分有用だと思いました。

8 名無しさん
通報

噛み癖等々・・要は飼い主次第、どの犬種にも当てはまるし コーギーだからってことはない 我が家は3頭飼ってますけど、問題なし コーギーを飼っている友達もたくさんいますし、年に150頭以上集まるコーギーのオフ会で 問題が起きたことは一度も無し・・飼い主次第でいい子にもなるし悪い子にもなる 要は飼い主が、ちゃんとしてるかしてないかですね。

7 ドギー
通報

コーギーのことが良くわかる記事で大変参考になりましたが、ちょっと長すぎて読むのに疲れてしまいました。いくつかの記事に分けてもよかったのではないでしょうか。噛み癖とかしつけておかないと他人に迷惑がかかることは避けなければいけませんね。見た目以上にいろんな癖のある犬種だということがよくわかりましたよ。

6 名無しさん
通報

友達が飼っていたコーギーは確かに自己主張強かったわ!!可愛かったのに、あっという間に大きくなっちゃって。重くなっちゃったので、最初は抱っこできたけど、全然持てない。重いですよね。。。

5 モモ
通報

しつこいほどの自己主張…可愛いですね!!あんな可愛い子達にかまってアピールされたら、ついつい甘やかしちゃうかもなぁ。

4 キャンディ
通報

ウェルシュコーギーってあの胴長短足の体型がたまらなく可愛いですよね。あんなに足が短いのに元々は牧羊犬で運動能力も高いとしって驚きです。しかも断尾する犬なんですね。よく見かけるわりに、生態あまり知らなかったので驚くことばかりでした。

3 犬いぬドッグ
通報

コーギーって本当に可愛いよね。見た目もそうだけどしぐさとかたまりません。知り合いが飼ってて、たまに触らせてもらってたけど羨ましいなぁってずっと思ってました。しかしコーギーのこと知ってるようで知らなかったな、こんなにいろんなことがあるとかカワイイのには理由があるんだね。

2 名無しさん
通報

コーギーの情報量、すごい!こんなに色々なポイントがあるくらい、特徴があるんだー。 かわいいから飼いたいけど、散歩が大変そう。1日2回って。最低でも3-5キロって。忙しい生活送ってると、その辺りが難しそう〜

1 E
通報

コーギーがこんなに可愛い種類だったとは!街中で、よく見かけるので人気なんだなぁとは思っていましたが、その理由がよく分かりました。確かに、魅力的な犬種ですね。ただ、賢い分しっかりしつけしないと大変だなと思いました。かかりやすい病気なども詳しく書かれていたので、もし飼う機会があったら気をつけようと思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

犬と暮らしたいのおすすめ おすすめコンテンツ
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー