ウェルシュコーギーってどんな犬?子犬や性格、しつけ方など飼い方のすべて!

イギリス生まれの牧羊犬で、胴長短足の体型が愛らしいウェルシュコーギー。日本でも高い人気を誇る犬の1つですが、種類や性格、しつけ方、子犬の時の注意点などすべてをご紹介します。

ウェルシュコーギーってどんな犬?子犬や性格、しつけ方など飼い方のすべて!

コーギーという犬種の特徴

イギリスのウェールズ地方が原産の犬種。ウェルシュコーギーは小人犬と言う意味があります。由来は諸説あって、小人が飼っていたのがこの犬種であったとか、コーギーが妖精の馬車を引いていたという伝説に基づいて名づけられたという話もあります。

体高は25~30cmぐらいで、体重はおよそ15kgです。牧羊犬として羊や牛を追い立てる仕事をさせる目的で開発されたため性格は頭がよく活発なのが特徴です。牛に蹴飛ばされないように俊敏に動き回れます。

被毛は構造がダブルコートになっていて硬くて長い上毛と、少し短めの下毛で覆われているのも特徴。顔つきの特徴はキツネに似ているという多くの観察がありますが、柴犬にも似ていて、凛々しい柴犬よりも少し穏やかさのある表情が特徴です。

また、牛などの家畜に尻尾を踏まれないように断尾する犬としても知られる犬種です。 その後は、牧羊犬や牧畜犬としてだけでなく、コンパニオン・ドッグとしても人気を博していて、現在のエリザベス女王にも寵愛を受ける犬としても知られている犬です。

原産国であるイギリスでは断尾を禁止したことから絶滅が危惧されています。

飼い主には従順で賢い犬ですが、警戒心が強いのも特徴の一つです。

コーギーは性格が悪い?

噛み癖に注意!

コーギーの性格として悪いといわれるのは、噛み癖です。 この悪い癖はコーギーの本能ともいえる悪い癖で、どこでも咬むのではなく、一定の場所を噛むのが特徴です。 その場所はかかとです。 これは、牧羊犬や牧畜犬として活躍していた時代の名残で、牛などの家畜のかかとを噛む事で牛などの家畜をコントロールをしていていた時の名残といわれます。 ただ、全てのコーギーに出るわけではありません。 ですが、咬まれるとかなり痛いだけでなく、他の人が咬まれると大変なのでしつけによって咬まないようにして、悪い癖をなくすことが大切です。

しつこいほどの自己主張!

また、しつこいほどの自己主張が強い事もコーギーの特徴です。 自己主張が強い事はコーギーの性格の中で特徴の1つですが、それを嫌がったり、悪い部分であると考える飼い主や家族もいると思います。 ただ、喜怒哀楽をはっきりと表現するので、飼育する上でコーギーの感情がわからないという事はないので、そういった意味では飼育しやすいポイントとも言えます。

頭がいい事がデメリット!!

さらに、コーギーの性格が悪いといわれる特徴としては、明晰な頭脳といわれます。 一般的には明晰な頭脳は良いと思われがちですが、明晰な頭脳であるがゆえにコーギーの中には飼い主や家族を下に見るという特徴があります。 犬は群れで生活をしていた動物なので、人との共生の中でも順位をつける習性があり、頭脳が明晰な犬は飼い主や家族がしっかりとしたリーダーシップを示さないと、飼い主や家族を下に見てしまうという悪い特徴があり、飼い主や家族の言う事を聞かずに唸ったり、吠えたり、ひどくなると咬んだりする場合があります。 また、警戒心も強い性格をしているので吠えやすいという特徴があり、この部分も悪いと評価される一因とも言えます。 特にマンションなどの集合住宅や住宅街では困った部分ですね。

コーギーの性格の全体的な特徴

コーギーの性格の特徴は、基本的に非常に活発な性格をしていて、陽気で社交的な性格をした犬で、飼育しやすい性格をした犬です。 また、体力もあるので、コーギーと一緒にアグレッシブに行動したい飼い主や家族にはぴったりな犬ですね。 ただ、胴長短足という体型上、地面からの輻射熱の影響を受けやすいという悪い特徴もあるので熱射病などにならないように注意する必要があります。 さらに、飼い主や家族に対しては忠実な性格で、物覚えがいいのでしつけに関しては難しいタイプの犬ではないという特徴があるのがコーギーの性格の特徴で、この点も飼育しやすい犬といえますね。

コーギーの種類

ウェルシュコーギーには、ウェルシュコーギー・カーディガンとウェルシュコーギー・ペンブロークの2種類あります。いずれもウェールズ地方の原産種で姿形も良く似ていて、牧羊犬という目的も同じですが、カーディガンは少し体が大きめで丸くなった大きめの耳と後ろへ向かって流れる形の尾が特徴的です。ペンブロークは丸くなってとがった耳をもち、やや体高は低めなのが特徴です。この2種の間で盛んに交配されていた時期もあるので性格は似通っています。

簡単に言えば、「しっぽ」があるか、ないか。

ペングローブ(しっぽなし)

しっぽがないと言っても、生まれつきないわけではないのをご存じでしたか?牛を追う仕事をする時に、牛にしっぽを踏まれてけがを防ぐために、生後間もなくしっぽを切るという習慣が生まれました。今では、しっぽを切っては可哀そうという声から断尾をしないペングローブも増えています。

カーディガン(しっぽあり)

ペングローブとは異なり、足の短さからすると顔としっぽがかなり大きく見える身体の特徴があります。また、キツネのような長くフサフサしたしっぽがあるのも特徴です。1934年から、この2種類が別犬種として登録されるようになりました。

コーギーの飼い方のコツ!

牧羊犬の性質を持つことから、運動が大好きです。物覚えも良いので、フリスビーやボール遊びなど一緒に遊ぶことができます。リードのお散歩だけの場合は、1日のお散歩の距離や回数をたっぷりとってあげましょう。ただ、足が短く胴が長い体型から、腰を痛めやすいので遊ばせすぎには注意が必要です。

運動

小さな中型犬と思った方がいいほどパワフルです。活発でスタミナも豊富ですから、十分な散歩や運動が必要です。

病気

胴長という身体特徴ゆえにヘルニアにかかりやすいと言われる犬種です。運動量と食事量のバランスをよく考え、肥満にならないように気を付けてあげることが大切です。腰に負担がかかるようなフライングディスクなどの運動は不向きです。階段や滑る床にも注意してやりましょう。

主従関係

頭が良くて、訓練性も高いのできちんとしつければ優秀なワンちゃんへと成長します。主従関係をはっきりと認識させ、冷静に指示を出し、たくさん褒めてしつけるようにしましょう。足が短いので「おすわり」と指示しても出来ているのか、出来ていないのか判断しにくいことがあるようなかわいい面もあります。いろんなものに興味を示し、遊ぶのも大好きですから、しつけの途中で脱線することも多々あります。

吠え癖

テリトリーの意識が高いために、コーギーはよく吠えるという性格があります。牛や羊の番をしていたので、警戒心が強いのです。この性格を利用して、番犬としてしつけることができるでしょう。

噛み癖

コーギーは牧畜犬として群れを誘導するのが得意でした。その時、家畜に蹴られるのをうまく交わしながら家畜のかかとやくるぶしを噛みつき群れを扱い誘導していました。そのため、コーギーは「ヒーラー(ヒール=かかと)」と呼ばれています。ヒーラーとしての性質が残るゆえに、足首にじゃれて甘噛みされたり、ソファーなどの家具の脚を噛まれたりするかもしれません。噛み癖を直すようしつける必要があるかもしれまん。

噛み癖を抑えるにはコーギーが興奮してきたら、一旦遊んだりするのを止めることです。そうすることで、興奮しにくい犬になるとともに、「噛むと遊んでもらえなくな面白くない」ということを学習し、噛み癖を抑えることが出来ます。

コーギーの性格から考える飼い方・しつけのまとめ

コーギーってこんなに素敵なワンちゃんだったんですね。王室の犬、ロイヤルドッグとして世界中の人に知られているのもうなずけます。コーギーは良い性格をもつしつけやすい犬です。ルールを守るのも得意です。ですから、飼い主がリーダーシップをとって首尾一貫してしつけ、コーギーの魅力をいっぱい引き出してあげてくださいね。

しつけ方の重要なポイントは、飼い主がコーギーに対してリーダーシップをもって接しないと、コーギーの方が飼い主に対してリーダーになろうとします。

そうなると飼い主は犬にとってもはやリーダーではなく自分が従えさせる存在となってしまいます。ですからどちらが主であるのかを明確にして、甘やかすことなく主従関係をはっきりと教え込む必要があります。それはただ単に力で犬をねじ伏せるということではなく、犬の保護者であることを認識させることが重要です。

そうすれば、自分のことを保護してくれるリーダーに寄り添い従順でいられるわけです。犬の信頼は、リードしてくれる飼い主に対して抱く安心感によります。ウェルシュコーギーはとても利口な牧羊犬ですから、上下関係、主従関係を認識するならいつまでも服従します。

とても愛くるしいウェルシュコーギーは、イギリスのみならず今や国内でも人気の上位にいる犬種です。外見と性格のかわいさだけでなく、しっかり特徴をつかんで利口で賢いコーギーに育てましょう!

お散歩の距離はどのくらいすれば良いの?

小型犬だからと言って、ずっと室内にいるとコーギ-の場合はストレスがたまってしまいます。他の小型犬に比べ、特にお散歩は必要です。かなり遠出をしても疲れを知らないほどの体力があります。最低でもお散歩の距離は3~5kmは必要です。そのため、毎日お散歩をさせてあげないと、どんどん太っていってしまう上、ストレスがたまり問題犬になってしまいます。

コーギーが満足するお散歩の回数と時間は?

1日中、広い牧場で走り回っていられる素質があるので、かなりの運動量を必要とします。最低でも1回のお散歩が1時間程度,お散歩の回数としては1日2回は必要です。できれば、ドッグランなどの広いところで、フルパワーで走り回らせてあげたいところです。 1回の散歩に1時間、回数も日に2回ときくとすごく大変だなと思うかも知れません。でもコーギーは足が短いのでそんなに速く歩くことができません。コーギーのお散歩で飼い主さんがヘトヘトになってしまうようなことはありませんのでご安心ください。 お散歩には運動と同時に気分転換や社会化のための体験などの目的もあります。ドッグランで走ったからお散歩は不要ということにはなりませんし、走れないならお散歩はたくさん必要というわけでもありません。長時間よりは短時間でも回数が多いほど犬の満足感につながるので細切れの外出(例えばゴミ出しやポストにはがきを入れにいくなど)に一緒に連れ出してあげれば、お散歩はのんびりと30分ぐらい歩くことでも構いません。      もし、走り回れるような場所がない場合やお散歩の回数が1回という場合には、散歩コースに階段や坂道を取り入れたり、自転車でのお散歩などでコーギーの持っているパワーを発散させてあげましょう。

お散歩の時の注意点

コーギーは、仔犬のうちから主従関係をハッキリ意識させるしつけが大切です。興奮度が高いので、飼い主を引っ張って歩いたり、吠えながら歩いたり,また、最悪の場合は噛みついたりすることになりかねません。仔犬の頃から、近所を歩くことで社会化をすることが大切です。そして、成犬になったら十分な運動をさせてあげましょう。

お散歩のまとめ

可愛いお尻が人気のコーギーですが、ペットショップなどでは「お散歩はいりません」「飼いやすい」などと説明されることが多く、そのことから「飼ってみたら違った」というトラブルや噛み癖のある問題犬に発展することもあります。小型犬ですが、柴犬やレトリバーと同じだけお散歩の回数は1日2回、お散歩距離やお散歩時間も多めにする必要があるということ、きちんとしつけができる自信があることがコーギーと幸せに暮らせるポイントです。

コーギーの噛み癖をなおすには?

当たり前のことですが、コーギーに噛まれたら痛いです。人も犬も噛まれたら痛いと思います。そのため、コーギーが噛んだ瞬間に「痛い!」と大声で言いましょう。 このとき声は低い方が良いのです。 コーギーに噛まれると驚いてしまったり痛かったりで、つい甲高い声を出したりキャァキャァと騒いでしまいますが、そのような声だとコーギーは人間が喜んでくれたと勘違いをしたり、興奮して見境がなくなってしまうことがよく起こります。 女性や子どもはしつけの際には意識して低く太い声を出すようにしましょう。コーギーには人の言葉は理解できませんが雰囲気で良いか悪いかは判断できますから、声を出しやすい「ダメ!」「NO!」という短いことばを使うのでも構いません。 痛いかどうかはコーギーには伝わってはいないかもしれませんが、コーギーはびっくりして噛むのを止めるはずです。もし噛むのを止めたら思い切り褒めてあげましょう。 それを繰り返すことで、噛み癖は徐々に治っていくはずです。これが基本的な噛み癖を治すしつけ方法になります。他に気をそらすこともしつけとして効果的です。

コーギーの子犬の噛み癖を治す

コーギーの子犬に噛まれても幼いときならば全然痛くありません。 しかし、生後4ケ月を過ぎて力が強くなると乳歯の先は尖っているので痛いです。 6ケ月〜7ケ月以後には永久歯に生え変わるため犬は歯茎がむず痒く噛むことを許しているとしょっちゅう飼い主さんや家族を噛むようになり、しつけを行わないとそのまま噛み癖となってしまいます。 子犬の頃に噛み癖を治さないと、成犬になってから噛み癖はどんどんひどくなってしまいます。 コーギーの子犬の噛み癖の治し方は、噛まれても痛くない時期であれば子犬が手等を噛んでいるときは、一切無視します。目も合わせません。子犬は飽きて噛むのを止めます。止めたタイミングで思い切り褒めて、一緒に遊んであげましょう。 噛まれたときに痛みを感じたり、噛まれた跡が内出血して青痣ができるようになったら、噛まれたとき即座に「痛い!」「ダメ!」など短い言葉を低く太い声で大きく発し、コーギーが驚いて口を放したら「ヨシ」と褒めてやりましょう。 いけないことをしていたのを止めただけなので、ご褒美は要りません。下手にご褒美を与えると、コーギーは賢いので?わざと歯を当て飼い主さんの反応を見て放す“という方法でご褒美を手に入れることを学習してしまいます。 しつけは賢い犬との知恵比べと根気が必要ですが、言葉で褒めるだけのとき「わかってくれてイイコだね?」という気持ちも忘れず、愛犬がお利口になってゆく過程を楽しみながら行いましょう。 コーギーが子犬の頃から続けることで、噛み癖のない成犬になります。

コーギーのトイレのしつけ方法

屋内でも外でも排泄できるようにしつけをする

散歩のときにしか排泄をしないコーギーはいます。 しかし、そういったトイレのしつけを行うと、雨や雪の日はもちろん、台風が直撃している日にも散歩に連れて行かねばならなくなり足が短いコーギーはトイレのためだけに泥まみれになってしまいます。 そればかりか老犬になり歩けなくなってしまった際に、限界まで排泄を我慢してしまう犬になります。そのため、屋内でも外でも問題なく排泄が出来る犬に育てましょう。

屋内でのトイレのしつけ

トイレのしつけは成犬になってからでも可能ですが、子犬のうちの方が習得が早いものです。 コーギーの子犬を迎え入れた際、ほとんどの人が最初に行うしつけは、トイレのしつけです。まず家に入れた際、床で歩かせてはいけません。かならず小さめのケージを用意するようにしましょう。 そのケージにトイレシーツを一面に敷き、まず排泄をさせます。初めてトイレシーツで排泄した際、思い切り褒めてあげましょう。大げさなくらい褒めることで、子犬でも褒められていることを理解します。 他にも寝起きや食事の後は排泄しやすいタイミングです。子犬が目覚めたとき、特に朝はトイレ用のケージの中に入れてしばらくそっとしておくとうまく排泄できる確率が高いのです。 また、部屋で遊んでいるときに子犬が落ち着きなく床のニオイを嗅ぎまわったり、くるくると回り始めたらトイレのサインです。 そんな姿をみつけたらすかさずトイレに入れてやり、うまく排泄できて褒めてあげるチャンスを増やしましょう。そして、徐々にトイレシーツの面積を狭めていくことで、小さめのトイレシーツでも問題なく排泄することが出来るようになります。 トイレシーツから少しでも排泄物がはみ出ていたら褒めないで、犬を無視してさっさと片付けるようにしましょう。

散歩中のトイレのしつけ

どの犬でも屋外で排泄するのは気持ちがいいので、散歩のときに排泄するとしても雄犬であれば、大体散歩中は問題なく排泄するでしょう。 雌犬は、屋内では排泄するけど、外ではしない犬もいます。そういった犬には、トイレシーツを外で敷いてあげて排泄させましょう。そうすることで、外で排泄をしても大丈夫と認識します。 慣れてきたらトイレシーツがなくなっても普通に排泄するようになります。ただし散歩中の排泄はマナーの上からはあまり好ましいものではありません。 マーキングといって犬は自分の縄張りを尿をかけることで主張します。これは雄犬だけのことではなく、雌犬でも、去勢・避妊していても多少は見られる行動です。 ある犬が排泄した場所にニオイが残っていると他の犬も重ねてそこに排泄します。 これがどなたかのお家の門や塀であれば迷惑きわまりないものですし、公園など公共の場所でも、複数の犬が重ねて排尿している部分の芝生だけが枯れてしまうなどの被害を与えています。 できれば愛犬には、このような場所での排泄はさせないようしつけを行い、もし止むを得ずしてしまったときは尿は水をかけて洗い流し、糞は必ずビニール袋に取り持ち帰って処理しましょう。 散歩のときは水を入れたペットボトルと糞を入れる袋は必ず携帯してマナー美人・マナー美男の飼い主さんになりましょう。

ウェルシュコーギーを飼う上での注意点

ウェルシュコーギーの飼い方についてですが、室内で飼う場合は、一戸建てにしろ、集合住宅にしろ、家の中で犬の居場所を確保することが必要です。電気コード類も安全な状態にしておきます。 倒れやすいものは犬が近づけない場所へ移動しておきましょう。室外で飼うなら除草剤や鎌など口に入れたりすると危険な物や、踏みつけて怪我をするような道具類はきちんと片づけておく必要があります。 脚が短いというのが特徴ですから十分気を付けてあげましょう。安全を確保するためにコーギーと同じ目線、30cmほどの高さで見渡してみてください。改善すべき箇所がよく分かるはずです。

ウェルシュコーギーは椎間板ヘルニアに気をつけよう

コーギーは脚が短い上に胴長のため椎間板ヘルニアという病気になりやすい犬種ですが飼い方に気をつければそのリスクを減らすことができます。背中の骨は長い1本の骨ではなくて中心が空洞の小さな骨がつながっており中心の空洞には脳から続く神経が通っており全身の運動を行う役目を果たしています。 椎間板ヘルニアは、この小さな骨と骨の間にあってクッションの役割を果たしている椎間板が変形し、中心の空洞の中てしまい背中の神経にぶつかるものです。当然に激しい痛みや神経が圧迫された結果として手足(特に足)のしびれ、マヒが起こり歩くことができなくなります。 コーギーの飼い方として背中に負担をかけるようなことは避けましょう。具体的には太らせないこと、階段などの昇降をできるだけ避ける、日常生活や遊びのときに飛びつく癖をやめさせることなどです。

コーギーの平均体重と体重推移

コーギーの平均体重は、ペンブロークが10~15㎏でカーディガンが10~17㎏ほどで体重による差はあまりありません。 コーギーは小型犬種のように扱われていますが、体重や体高から見ると中型犬に分類される犬種です。 コーギーの3か月頃の体重が約5㎏ほどあります。 その後、4か月になるころには約8㎏まで成長し、1歳になるころには体重は10㎏をオーバーします。 コーギーの体重推移は、1月で2~3㎏ずつ増えるのが理想的といえます。 これを目安に体重管理をすると、楽に管理することができます。 仔犬の時期は体重を増やす必要がありますが、コーギーが要求するように食べ続けると確実に肥満体形になり、腰や膝に負担がかかってしまい、問題が起こる可能性もあるので1日に食べさせる量1回の食餌で食べさせる量を決めて食べすぎないようにする必要があります。

コーギーの体重管理のコツ

コーギーは食欲旺盛なタイプの犬種な上に、可愛い容姿なのでどうしても甘やかしすぎてしまい、肥満になってしまいます。 コーギーは胴長短足の体形をしているので、肥満になると他の犬種よりも地面と腹部の距離が近いので肥満になると地面に接触して汚れてしまい、衛生的にいいとは言えません。 なので、肥満にならない頭に数か月に1回のペースで体重を測り、体重管理をするようにします。 体重を図ることが面倒な場合は、体を触ることで肥満かどうかを判断する方法があります。 この方法は、コーギーの体を上から見てくびれができ、触った時に肋骨を触ることができれば肥満ではありません。 上から見た場合に骨が浮き上がるように見えたら、痩せ過ぎです。 太りすぎも体に良くないですが、痩せ過ぎも体にいいとは言えません。

ウェルシュ・コーギーの子犬を迎える準備

必ず、ウェルシュ・コーギーペンブロークの子犬を迎える前にケージと犬用ベッドとトイレを準備しておくことです。子犬を迎える前にしておきたいです。サークルもあるなら便利です。まだ子犬なら必要なアイテムです。お留守番する時に、しつけで使えるからです。屋根つきのケージは、子犬が興奮してジャンプするのを防ぐことができます。ウェルシュ・コーギーペンブロークはヘルニアにもなりやすいので、子犬の時期に激しい運動やジャンプをするのを防げます。食事の器や子犬であれば給水機があるといいですね。お留守番のときに安心して使えるパピーコングもあると重宝します。

ウェルシュ・コーギーの子犬の飼い方

ウェルシュ・コーギーペンブロークの子犬がやってきた日は、環境が変わったので構わないようにしましょう。

ハウスに入っている子犬をジロジロみたりすると、ストレスで下痢をすることもあります。

極力、抱っこするのも控えましょう。育て方として、規則正しい生活をしましょう。子犬が慣れるまでは、食事、トイレ、お手入れ、遊び、休憩の繰り返しになります。子犬をキャリーバッグに入れる習慣も身につけましょう。

キャリーバッグに入れて、早目に動物病院で健康診断をしてもらいましょう。ウェルシュ・コーギーペンブロークの飼い方は、愛嬌もあってしつけもしやすいですが、成犬よりも子犬の時期からすると効果的な育て方ができます。

ウェルシュ・コーギーペンブロークの離乳食

ペットショップやブリーダーからウェルシュ・コーギーペンブロークの子犬を引き取ったなら、ブリーダーがあげていたフードを聞きましょう。

同じものをあげてください。離乳食の方法は、ブリーダーがあげていた同じフードのドッグフードを水かお湯でふやかしてあげます。

離乳食の時期は、目安として生後4カ月ほどです。もし、4,5ヶ月で少しずつドッグフードを普通の固さにしていきますが、便が柔らかいなら離乳食に変えても問題ありません。毎日、便の硬さを観察しましょう。離乳食用のフードも販売されていますから、離乳食の時期に活用できます。バランスのよい離乳食を子犬のころから、与えましょう!

ウェルシュ・コーギーのお手入れ方法は?

ウェルシュ・コーギーペンブロークのお手入れには、毎日のブラッシングに加え、歯みがきがあります。

子犬のころは、ブラッシングが好きではないかもしれませんが少しずつ慣らすことです。お手入れが好きな犬にしたいですね。その為には、ブラッシングを少しできたら褒めてあげ、ご褒美をあげましょう。いい事があると思う事で、ブラッシングのお手入れも好きになります。

歯みがきも大切なお手入れの一つです。3歳までの犬の80%が歯周病と言われています。歯みがきが上手になれば、他の病気にも守られます。

歯みがきのお手入れも、ブラッシングも嫌になる前に辞めることがポイントです。その他のお手入れとして、爪切りもあります。毎日1本を嫌がらない程度に行い、お手入れに慣れさせるのが良い育て方です。

ウェルシュ・コーギーペンブロークは子犬の時期に愛情たっぷりかけた育て方をするなら、とてもいい犬に成長します。お手入れ方法も早目にマスターして、ウェルシュ・コーギーペンブロークとの生活を楽しんでくださいね!

コーギーの抜け毛は多い?

コーギーの被毛はダブルコートなので、抜け毛は多いです。 暑さに弱いので、室内で飼いましょう。 でも抜け毛が多いので、こまめな抜け毛対策とケアが必要になります。

特に「換毛期」には、大量の抜け毛が家中に落ちます。 換毛期はいつ始まりますか? 春と秋に2回あります。 つまり季節に合わせて毛の量を調整し、体温も調整し対策していくわけです。

ではどのくらいの期間続くのでしょうか? 1ヶ月くらい換毛期はあります。 この1ヶ月はコーギーの抜け毛がダラダラ生えかわります。 でも、抜け毛対策やケアをすれば大丈夫ですよ。

コーギーの抜け毛ケア

コーギーの抜け毛ケアは、「ブラッシング」ケアがポイントになります。 コーギーの抜け毛を放置しておくと、被毛にツヤがなくなってしまいます。 また、皮膚病になる原因になるんです。

コーギーは、できれば毎日ブラッシングケアを行いましょう。 最低でも週に2、3回のケアをおススメします。 ではどんなケア用のブラシがコーギーに合うでしょうか?

「ファーミネーター」はコーギーのようなダブルコートの犬にピッタリです! ものすごく下毛が取れますよ! プロもおススメのブラシですから、ケア用として使ってみるのはいかがでしょうか?

でも注意点があります。 ファーミネーターは、使い方を間違えると皮膚を痛めてしまいます。 同じ部位や箇所を何回もブラッシングするのは避けてください。

「獣毛ブラシ」で、コーギーの体全体をブラッシングケアできます。 特徴としては、コーギーの被毛についたホコリを取り除いたり、皮膚にもやさしいことです。 マッサージの効果もあり、コーギーの血行も良くしてくれるブラシです。

また静電気を起こしにくい特徴もあります。 獣毛ブラシはいろんな種類がありますが、豚毛がおススメです。

コーギーの抜け毛対策

ではコーギーの抜け毛対策はどうしたらいいでしょうか? 1、シャンプー 2、掃除機 3、コロコロクリーナー 4、クイックルワイパー 5、洋服

シャンプーは月に1回入れるなら、抜け毛対策になります。 また、換毛期の時期にシャンプーをすることです。 ビックリするほどの抜け毛がコーギーから抜け落ちますよ!

シャンプー中にブラシを使うと大量の抜け毛がさらに取れます。 ここでのポイントは、泡だらけの状態でブラッシングを行うことです。 皮膚を痛めないようにやり過ぎには注意してください。

掃除機はどうしても必要なアイテムだと思います。 コロコロクリーナーやクイックルワイパーだけでも対応できますが、掃除機を使って抜け毛を吸い取ると部屋がもっと綺麗になります。 時間がある時には、家具の下やすき間に付いた抜け毛も吸い取りましょう。 ノミ対策にもなります。

コロコロクリーナーもかなり役立つアイテムです。 掃除機で吸い取れなかった抜け毛をコロコロクリーナーで取ることができます。 たとえば、ソファ、カーペット、玄関マットに絡みついた抜け毛を取りましょう。

洋服や靴下についた抜け毛もコロコロクリーナーで対策できます。 愛犬コーギーのベッドにも抜け毛がたくさん付いていませんか? コロコロクリーナーを使って取り除きましょう。 生地の素材を抜け毛の付きにくい素材にするだけでも効果あります。

クイックルワイパーは床や畳にも、天井や壁にも使えますね。 家具の下やすき間も掃除しやすいので、揃えておきたいアイテムです。

コーギーに洋服を着せて抜け毛対策をしてみませんか? コーギーは暑がりなので、クールダウンできる素材のものを選びましょう。 洋服をきせるだけでも、ブルブルした時に抜け毛が舞うのを避けられます。

無駄吠えの原因

コーギーが無駄吠えをしてしまう原因として考えられることは様々あります。もともと牧羊犬であった名残が原因となってしまっていたリ、恐怖心や孤独感も原因となってしまっている場合があります。原因をなくすにはしつけが必要不可欠で、服従関係をうまく築きながらしつけを行うと、無駄吠えの原因をなくすことが出来、さらに賢い犬へと育てることが出来ます。

コーギーの無駄吠えのしつけ方法

原因によって無駄吠えのしつけ方法が変わってきますが、コーギーの場合、無駄吠えの原因となっているものは牧羊犬の名残とかまってほしいがための無駄吠えなので、比較的しつけは簡単です。

大きな声を出さない

コーギーは無駄吠えしている最中に大声で起こられると、もっと吠えていいよという声援だと勘違いし、それが原因で止まらなくなってしまったりエスカレートしてしまう場合があります。無駄吠えをやめさせるには、犬の嫌がる大きな音を出すか、水鉄砲や霧吹きなどで、顔周りに水を少量かける事が効果的です。

十分にかまってあげたり、散歩でストレスを軽減させてあげる

コーギーは活発で体力もあるので、まだまだ遊び足りない時や、ストレスなどで無駄吠えが悪化してしまう事があります。この場合は、しっかり散歩をしてあげることや、スキンシップをとってあげることで、無駄吠えを軽減することが出来ます。

実際コーギーは、そこまで無駄吠えに悩まされる犬種ではありません。理解力があり頭のいい犬種なので、しつけしやすく飼いやすいです。初心者でも飼いやすい犬種なので、犬を飼い始める方にもおすすめの犬種です。

コーギーの種類をくわしく(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)

イギリスのウェールズ地方で牧畜犬として飼育されていました。イギリス王室で好んで飼われている犬種です。非常に愛嬌のある体形で胴長短足です。大きな特徴は尻尾が短く、ほとんどない個体もあります。牧羊犬でなく牛の世話をする役割であったため、牛に尻尾を踏まれて怪我をしないように断尾する習慣がありました。元々は長くふさふさした尾があります。耳は立っていて、筋肉質で被毛がダブルコートです。利口で物覚えがよく、飼い主に服従します。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは活動的で好奇心が旺盛な面もあり、自分が把握しない人やものに警戒心から吠える習性があります。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのかかりやすい病気

体つきを見てるとわかりますが、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは椎間板ヘルニアになりやすいです。 また、股関節形成不全にも注意です。関節がゆがむので激しい痛みがあります。歩き方がおかしくなります。大好きなボール遊びもしたがらなくなったりします。特にウェルシュ・コーギー・ペンブロークは肥満になりやすいので気をつけてください。

また、尿路結石症にもかかりやすいので、血尿が出ていないかを普段からチェックしましょう。他の症状としては、おしっこの回数が増えたり、おしっこをする時に痛がったりします。目の病気では、進行性網膜萎縮症などもみられます。

さらに、てんかんもあげられます。急に震えたり、倒れたりします。さらに、夏場は熱中症も気をつけてください。呼吸があらくなり、ぐったりし、食欲もなくなります。高温多湿な日本の気候はかなり厳しいという観点にたって暑さ対策をしてあげましょう。

食事管理で長生きさせよう!

食欲がかなり旺盛です。食事が大好きというより執着する犬種なので、しっかりと食事の栄養と分量をコントロールする必要があります。特に脂肪分の摂り過ぎは肥満に直結します。低脂肪なフードを選びましょう。ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは足腰への負担がすぐにきてしまうので、骨を強化するためにグルコミンサン、コンドロイチンやEPAを含む食事を与えましょう。

大事な成分はオメガ3です。尿結石を防ぐため、水はミネラルウォーターではなく、水道水がよいでしょう。また尿結石の成分となるカルシウム、マグネシウムやリンなどのミネラルの摂取量をうまく調整するようにします。熱中症になったなら、犬用スポーツドリンクがお勧めです。自宅で簡単につくれます。材料は、水500ml、蜂蜜大さじ1、塩小さじ1これを混ぜるだけです。甘味料は犬にはNGです。蜂蜜に甘味料が含まれていないか確かめてくださいね。塩は、自然の塩を使いましょう。

長生きする秘訣!

長生きする秘訣として、家の室内の見直しです。床は滑りやすいですか?愛犬の足腰に負担がかかっていないでしょうか?長い目でみるなら、床を滑らないようにカーペットをひいたり、場合によっては犬用の床にリホームすることもできます。愛犬と長く付き合っていく秘訣です。また、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは毎日の散歩もかかせません。かなりの運動量が必要です。朝晩1日2回、1時間程が目安です。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、短足のためアスファルトの熱がすぐに伝わってきます。夏は暑い時間帯を避けて散歩しましょう。熱中症にならないためです。ドッグランでボール投げをしたり、一緒に楽しい時間を過ごすことも長生きする秘訣です。太りやすい体質ですが、活発なのでしっかりと運動させることによって健康で長生きできます。

可愛くてとても人気のあるウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、飼育するための秘訣があります。肥満を防ぎ、足腰への負担に注意しましょう。また適度な運動をさせ、健康を維持できる食事を与えることも秘訣ですね。

コーギーの耳掃除の大切さ

コーギーの耳の中には毛が生えています。少量ならあまり問題ありませんが、密集しているような状態だと耳のトラブルが起きやすいです。 耳毛はトリミングなどをした際にトリマーさんが整えてくれたりします。 耳のトラブルとして多い症状は、外耳炎やダニの寄生などがあります。耳の汚れる頻度が多ければ耳のトラブルを疑いましょう。

コーギーの耳掃除は日々の健康チェックの大切な項目です。毎日掃除をする必要はありませんが、毎日チェックをして症状の早期発見に努めましょう。

コーギーの耳掃除の頻度

コーギーの耳は立耳なので中が蒸れにくいです。そのため耳掃除の頻度は毎日行う必要はなく、1~2週間に1度の頻度で行いましょう。

耳が汚れるペースは個体差がありますが、掃除のやりすぎは逆に炎症を引き起こしてしまうので様子を見ながらその犬にあった頻度にしましょう。 適切な頻度で耳掃除をしていても耳のトラブルは起こります。大量の耳垢など耳の異常に気が付いたら動物病院で診察を受けましょう。

コーギーの耳掃除の準備

コーギーの耳掃除をするときはコーギーが暴れないように気を付けましょう。耳は犬にとって大事な器官です。触られることを嫌がれては安全に耳掃除をすることができません。 普段からコミュニケーションの一環として耳を触らせることに慣れさせましょう。いきなりつかんで中を覗くようなやり方はせずに、頭をなでる延長として耳をマッサージするように触れるやり方をしましょう。

耳掃除の道具

イヤーローション イヤーローションなどペットショップや動物病院で取り扱っています。耳の治療をしている場合は獣医師に指示されたやり方で処方された薬を使いましょう。 コットン 清潔なものを用意しましょう。 人手 暴れるようであれば一人では行わず、必ず押さえる人と掃除する人に分かれて行いましょう。一人で無理をするやり方は怪我をさせてしまうことがあります。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 E
通報

コーギーがこんなに可愛い種類だったとは!街中で、よく見かけるので人気なんだなぁとは思っていましたが、その理由がよく分かりました。確かに、魅力的な犬種ですね。ただ、賢い分しっかりしつけしないと大変だなと思いました。かかりやすい病気なども詳しく書かれていたので、もし飼う機会があったら気をつけようと思います。

2 名無しさん
通報

コーギーの情報量、すごい!こんなに色々なポイントがあるくらい、特徴があるんだー。 かわいいから飼いたいけど、散歩が大変そう。1日2回って。最低でも3-5キロって。忙しい生活送ってると、その辺りが難しそう〜

3 犬いぬドッグ
通報

コーギーって本当に可愛いよね。見た目もそうだけどしぐさとかたまりません。知り合いが飼ってて、たまに触らせてもらってたけど羨ましいなぁってずっと思ってました。しかしコーギーのこと知ってるようで知らなかったな、こんなにいろんなことがあるとかカワイイのには理由があるんだね。

4 キャンディ
通報

ウェルシュコーギーってあの胴長短足の体型がたまらなく可愛いですよね。あんなに足が短いのに元々は牧羊犬で運動能力も高いとしって驚きです。しかも断尾する犬なんですね。よく見かけるわりに、生態あまり知らなかったので驚くことばかりでした。

関連するキーワード

関連する記事

    • コーギーの販売価格は?ブリーダーや里親のなり方についてご紹介。

    • コーギーの販売価格は?ブリーダーや里親のなり方についてご紹介。

      飼い主に従順でお利口なコーギーは、昨今人気の小型犬に引けを取らないほど根強い人気のある犬種です。ここでは、コーギーの里親になるにはどんな注意点があるのかをご紹介していきます。購入の際の相場も紹介しますので、コーギーを飼おうと考えている方必見です。

      コメント

      この記事を参考にして、良いブリーダーさんを見極める賢い目を養う必要があると思います。きちんと見学に行ってブリーダーさんを見極めてからの購入がいかに大切なのかが分かりました。これらは、犬を飼う前に知っておかなければならない、とても重要な点です。

      8778
    • ポメラニアンとマルチーズのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

    • ポメラニアンとマルチーズのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある気に入った部分や特徴をかけ合わせた犬がいたらいいな、と考えている人も多いのではないでしょうか?昨今ミックス犬という純血種の犬をかけ合わせた犬種が登場しておりとても人気があります。ここではポメラニアンとマルチーズのミックス犬についてご紹介していきます。

      コメント

      ポメチーズ、このネーミングが素晴らしいです。名前が可愛いだけでなく、顔もすっごく可愛いです。ポメラニアンとマルチーズの良いとこ取りをした性格ですね。今はまだ聞きなれないですが、これから少しずつ、ポメチーズの名が世間に広まっていきそうです。

      9187
    • コーギーのぬいぐるみ。作り方や型紙をご紹介

    • コーギーのぬいぐるみ。作り方や型紙をご紹介

      昨今注目を集めているハンドメイドですが、アクセサリーや家具などのほかに、洋服やぬいぐるみの人気も高まってきているのをご存知ですか?ここでは、人気が高まってきているぬいぐるみ作りの中でも、特に注目を集めている愛犬そっくりのぬいぐるみの作り方をご紹介します。今回はコーギーの作り方を説明していきます。

      コメント

      犬を飼いたくても飼えない人にはぬいぐるみでも十分満足できるんです。しかも記事にもあるように、意外と簡単に作れちゃうところがぬいぐるみのいいところですよね。一度作れば、長持ちするし色んなバリエーションでいくつも作れます。コーギーみたいに特徴的な犬はぬいぐるみにすると本物と区別つかないのもできたりしてー

      10187
    • ヨークシャーテリアとチワワの ミックスについて。性格や特徴についてご紹介

    • ヨークシャーテリアとチワワの ミックスについて。性格や特徴についてご紹介

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある気に入った部分や特徴をかけ合わせた犬がいたらいいな、と考えている人も多いのではないでしょうか?昨今ミックス犬という純血種の犬をかけ合わせた犬種が登場しておりとても人気があります。ここではヨークシャーテリアとチワワのミックス犬についてご紹介していきます。

      7156
このまとめのキュレーター

久太郎

犬猫に関する仕事に従事していたので、犬に関しては詳しいと思います。 犬種、しつけなど犬に関しては深く理解しています。

おすすめコンテンツ

犬の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!