愛犬におすすめ!「エストロゲン」配合サプリを調べました!

愛犬におすすめ!「エストロゲン」配合サプリを調べました!

3044
update

しっかりとトイレトレーニングできているワンちゃんがお漏らししてしまうことがあるかもしれません。「いままでしっかりとできていたのにどうして?」と不思議に思うかもしれません。ワンちゃんのお漏らしにはいくつかの原因がありますが、今回はメスのワンちゃんに多いお漏らしの原因に注目したいと思います。

3044
update

「エストロゲン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?もしかしたら皆さんのワンちゃんにはエストロゲンが不足しているのかもしれません。そんなワンちゃんたちへの対処法を今回はお伝えしたいと思います。

尿漏れとエストロゲンの関係

hand with pen drawing the chemical formula of Estrogen

Zerbor/shutterstock.com

メスのワンちゃんはホルモンバランスが崩れることでお漏らしをしてしまうことがあります。最近よくお漏らしをするようになっていませんか?

避妊手術が要因で発生するケース(ホルモンバランスが崩れた結果)

Hand writing Hormones with marker, concept background

dizain/shutterstock.com

避妊手術を受けた後にそのようなことが急に起こるようになったワンちゃんは多いようです。ワンちゃんの避妊手術は人間の場合と違って、卵巣を摘出する手術になります。

ワンちゃんの卵巣の中では「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが作られており、このエストロゲンはメスのワンちゃんがホルモンバランスを保つうえでとても大切な成分です。

避妊手術によって卵巣が摘出されるので、エストロゲンが減少してしまいホルモンバランスが崩れてしまうのです。

エストロゲンの減少によってメスのワンちゃんの尿漏れが起きやすくなっているのです。では、この場合はどのように対処できるのでしょうか?

足りないエストロゲンを補給することで改善可能

比較的簡単な方法があります。植物性エストロゲンと言われている成分を取り入れることによってホルモンバランスを保つよう助けられるのです。

植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)

Estrogen vs Testosterone - Traffic sign with two options - Difference between male and female sex hormones. Different biological function of body based on hormonal production

M-SUR/shutterstock.com

植物性エストロゲンとは、植物などの含まれる「イソフラボン」や「リグナン」といった成分のことです。これらの成分はいくつかの植物に含まれており、摂取することにより体内で女性ホルモンであるエストロゲンと同様の働きをしてくれます。

卵巣を摘出したワンちゃんはエストロゲンが減少しホルモンバランスが崩れますが、植物性エストロゲンを摂取することで、また正常に戻すことができるのです。女性ホルモンの乱れによって尿漏れが起こっていたのであれば、それも解決することでしょう。

植物性エストロゲンにはイソフラボンやリグナンがありますが、それぞれどのような成分なのでしょうか?

イソフラボン

Isoflavone written on chalkboard with a cup of soy milk and soybeans on wood background

greanggrai hommalai/shutterstock.com

イソフラボンとは大豆に含まれているポリフェノールの一種です。大豆自体の含有量は非常に少なく一粒から0.2~0.3%しか含まれていません。大豆の胚芽の部分に特に多く含まれています。

人間の場合も、イソフラボンが女性の健康と美しさに役立つことが良く知られていたり話題に上がったりしていますよね。これはイソフラボンの持つ植物性エストロゲンとして働きに注目しているのです。

ワンちゃんの場合も同じようにイソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスが整うことにより様々なメリットがあるでしょう。

リグナン

リグナンは植物に含まれている化合物群の一種です。エストロゲンと似た働きをしてくれると共に抗酸化物質としても働いてくれます。さらに脂質代謝改善作用もあるようです。リグナンもポリフェノールの一種です。

ゴマなどに含まれており、ゴマが健康に良いといわれている一つの要素でもあるのです。

植物性エストロゲンが含まれている食材

それでは上記のイソフラボンやリグナンなどの植物性エストロゲンが多く含まれている食材をご紹介したいと思います。ホルモンバランスが崩れていて、お漏らしに悩んでいるワンちゃんにはこれらの食材を意識的に与えると良いかもしれません。

手作りごはんを与えている飼い主さんは栄養バランスを考えつつも、これらの食材を含めてみるようにしましょう。また、主に市販のドッグフードを与えている飼い主さんたちは、おやつなどで与えることができるでしょう。

大豆、大豆製品(きな粉、豆腐、納豆、豆乳)

Soy milk with soybeans isolated on white background.

Single/shutterstock.com

大豆にはイソフラボンが含まれています。また大豆からできた製品にもイソフラボンが含まれています。

ただし注意も必要です。生の大豆には消化酵素の働きを邪魔する成分が含まれていますので、そのままでは与えないようにしましょう。加えて、味噌などの大豆製品にはたくさんの塩分がふくまれていますから、ワンちゃんには与えないほうが良いでしょう。

ワンちゃんの中には大豆アレルギーである子もいるかもしれません。初めて大豆を与える場合は、食後しばらく悪影響が出ていないか観察する必要があるでしょう。

植物性エストロゲンを摂取できますので、お漏らしワンちゃんにはおすすめできる食材です。

ゴマ

White sesame and black sesame seed on wooden spoon

Amarita/shutterstock.com

ゴマには「黒ゴマ」や「白ゴマ」などの種類がありますが、大きく栄養価が変わることは無いのでどれでも当たることが出来ます。

ゴマにはリグナンが含まれており、豊富な栄養に加えてホルモンバランスも整えてくれる優れものです。ゴマも与えすぎなければ害を与えることはありませんので、積極的に食材として使用していくことができるでしょう。

クランベリー

Cranberry with leaves isolated on white. With clipping path. Full depth of field.

Tim UR/shutterstock.com

クランベリーにもリグナンが含まれています。リグナンによってお漏らしに対処することができるでしょう。

加えてプロアントシアニジンとキナ酸が含まれており、尿路の細菌の増殖を抑え、膀胱炎尿道炎などを予防してくれます。尿路結石になったワンちゃんは一度治っても再発しやすく、尿路結石の再発予防としても効果的だと言われています。

まさに「おしっこのトラブル」に広範囲で効果的な食材だと言えるでしょう。

パンプキンシード

Macro background texture of green pumpkin seeds

Enlightened Media/shutterstock.com

パンプキンシードにはリグナンが含まれています。パンプキンシードは「おっしこのトラブル」にとても効果的だと言われており、悩んでいる方は活用することをおすすめできます。

栄養価も高く、「オレイン酸」「リノール酸」などの不飽和脂肪酸なども含まれていて身体と血液の健康を保ってくれます。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ワンちゃんもお漏らしをしてしまうというのは知らなかったです。病気の予防などで一般的な去勢に伴って、お漏らしをするようになってしますわんちゃんもいるのですね。トレーニングでなんとかなればいいですが、飼い主さんも大変ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー