犬が毎日楽しみにしていることは何?飼い主ができることはコレだ!

犬が毎日楽しみにしていることは何?飼い主ができることはコレだ!

4323
update

犬が楽しそうにしていると、飼い主もまた幸せな気持ちになるものです。では犬が毎日楽しみにしているのはどんなことでしょうか?今回は犬が幸せに思うことについてまとめてみました。

4323
update

犬と一緒に暮らしていると、毎日のルーティーンの中で、明らかにテンションが上がって嬉しそうにすることがありますよね。

想像しただけで興奮して飛び回ったり、楽しみで楽しみで飼い主さんを急かすようにしたり、幸せな気持ちに満たされた表情をしたり、見ているこちららまで気持ちが明るくなるような喜び方をしていることでしょう。

愛犬のことを本当の子供のように、またパートナーのように思っている人は、愛犬が楽しそうにしている姿を見ると、本当に嬉しくなりますし、好きなことをできるだけたくさんさせてあげたいと思いますよね。

そのような方は、自分の愛犬がどんなことをすると喜ぶか、何を楽しみにしているかをよくご存知だと思いますが、犬を飼い始めたばかりの方や、メインで飼育しているわけではなく、友達や家族が飼育している場合だと確信が持てないかもしれませんね。

ですから今日は、ワンちゃんによって好きなことには多少の差がありますが、一般的な犬が、毎日の生活の中で好きなことや楽しみにしていることをご紹介していきたいと思います。

犬が毎日楽しみにしていること

可愛い犬

Oleksiy Rezin/shutterstock.com

今日考えるのは、スペシャルな日に何か特別なことではなく、”毎日”、日常生活の一部となっていることで楽しみにしていることです。

休みでも仕事でも、忙しい日でも暇な日でも、機嫌のいい日でも落ち込んでいる日でも行うことにです。

私たち人間が、毎日楽しみにしていることといえば何でしょうか?美味しいものを食べること・好きな音楽を聴いたり、テレビを見ること・ゆっくりお風呂に入ることという人は多いのかもしれません。

ハードな一日でもそれがあることによってリフレッシュできたり、落ち込むようなことがあっても、それを行うことによって気分をあげることができるということを知っていることや、周りの人が理解していてくれれば、私たちの幸福に大きく貢献してくれますよね。

それと同じように、犬が楽しく感じることや喜ぶことを知るなら、愛犬や周りにいるワンちゃんの人生を幸福感で満ちたものにしてあげることができるのです。

では、犬が楽しみにしていることはどんなことなのでしょうか?人間と同じようなことでしょうか?これから、一般的に犬が楽しみにしている6つのことをご紹介します。

犬は、自分が好きなことを一緒にしてくれる人を、信頼し、自分の群れの仲間、つまり家族として見るようになりますので、犬との良い関係を築くためにも、この情報は役立てていただければと思います。

ご飯

食事を作る犬

Liliya Kulianionak/shutterstock.com

生物全ては、”食べる”ということに貪欲で必死になると同時に、食事を楽しみます。それは命を繋ぐために必要なことだからかもしれません。

”美味しいものを食べることが何よりの楽しみ””良い食事ができるなら遠くまで出かけることも、高い料金を払うことも厭わない”という人も多いですよね。

犬も食べることが大好きな生き物です。ほとんどの犬は、ご飯を一日の中での最大の楽しみと感じていたり、美味しいご飯を食べることによって幸福感を感じています。

いつも決まった時間に餌をあげていると、その時間になるとソワソワし始めたり、飼い主さんを目で追ったり、”そろそろご飯の時間ですよ”と訴えるように鳴いたりする子がいますよね。

”時計が読めないはずなのに、どうしてわかるのかな”と飼い主さんが不思議に感じるほど、腹時計がしっかりしている食いしん坊犬が多いということは、それだけご飯の時間を楽しみにしている犬が多いということです。

いよいよご飯の時間になり、飼い主さんが準備を始めると、満面の笑顔で一目散に駆け寄ってきてフードボールの前にスタンバイします。

フードボールにご飯が入ると、ドックフードの香りがさらに食欲を刺激し、目がフードに釘付けになりながらも、必死で飼い主さんを見上げたりして、飼い主さんからの号令を今か今かと待ちます。

”ヨシ”の号令とともに、勢いよくガッついたかと思ったらペロリと完食し、満たされた顔をしながらフードボールを後にするのを見ると、本当にご飯を食べることにかなりのエネルギーを注ぎ、そこから喜びを得ていることがわかりますよね。

最近では、栄養バランスやデンタルケアなどから、カリカリと呼ばれるドライタイプのドックフードを通常食として知る家庭がほとんどだと思います。

もちろん栄養面ではそれだけで十分なのですが、なんとなくドライフードだけだと味気がなく思えたり、こんなにも食べることに喜びを感じるのに、いつも同じものだとかわいそうということでアレンジしている飼い主さんも多いですよね。

ベースにドライドックフードを使いながらも、犬用ふりかけをかけたり、お肉や野菜をトッピングしたり、風味豊かなウェットフードとミックスしたり、獣医さんに相談しながら手作りしたり、より食事を楽しめるようにそれぞれ工夫しておられるようです。

そんな愛情いっぱいの飼い主さんの元で生活しているワンちゃんは、本当に幸せな子ですね。犬は食べること自体を楽しみにしますが、味も楽しめます。

新鮮なお肉や魚など良質な動物性タンパク質が豊富なご飯や、香り豊かなご飯は、嗅覚で味を判断する犬にとって最高のご飯になり、美味しいと感じながら食事を楽しむのです。

そしてその味を覚えていて、また食べたいと思いますし、美味しいものを食べた時には、ただ空腹感を満たすだけのご飯の時には得られない満足感を感じるそうです。

だからこそ、健康に配慮しつつも、犬が喜ぶ美味しいご飯を毎日食べさせてあげて、ご飯のことを考えただけで楽しみでよだれが垂れそうな人生を送らせてあげたいですよね。

しかも、犬は餌をくれる人のことを、自分のボス、従うべき存在と見なしますので、いつもご飯をあげるなら、あなたの言うこときちんと聞くようになりますし、懐いてくれるので、愛おしく思えるようになると思いますよ。

おやつ

犬のおやつ

Monkeyoum/shutterstock.com

美味しいご飯が大好きで楽しみに待っている犬は、もちろんおやつも大好きですし、もらえると大喜びします。

大抵、犬を飼育している家庭ではトレーニングの時やご褒美として、何かしらのおやつを毎日あげていると思います。

そのように、褒められることとおやつが結びついていることが多いので、おやつの時の方が食事の時より犬のテンションが上がることも多いようです。

犬のおやつには、クッキー・ガム・チーズ・ジャーキーなど様々なタイプがあり、それぞれのタイプでさらにバリエーションがあり、びっくりするほど種類豊富です。

どのおやつも、食事用のドックフードに比べると、嗜好性が高く、食感や味や匂いなどが犬にとってより魅力的に作られているようです。褒められながら、ドックフードよりも美味しい食べ物がもらえるなら、犬が楽しみにしないわけはありません。

喜ぶからとたくさんあげると、それは本当の愛情ではありません。肥満や栄養が偏ることを防ぐためにも、犬の年齢や体重に適したおやつを選び、一日のカロリーの範囲内でおさまるように量を調節しながらあげましょう。

小さいキューブのチーズやひとかけらのクッキーなどでも、美味しい食べ物が食事の時間以外にもらえたことと、飼い主さんから褒められたことで犬は十分幸せを感じられるのです。

そして、またおやつをもらえるようにトレーニングを頑張ろう、いい子にしようという動機付けになるほど、おやつを楽しみにしてくれます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー