犬はテレパシーが使える?!犬の予知能力の秘密に迫ります!

犬はテレパシーが使える?!犬の予知能力の秘密に迫ります!

3318
update

犬と人間との間で、言葉を交わさずとも考えや感情が通じ合うような経験をしたことがある人は少なくないようです。そのため犬はテレパシーが使えるという人もいます。でも本当に犬には予知能力や、テレパシー能力があるのでしょうか?今回はそんな疑問や事例、そして考えられる理由について調べていきたいと思います。

3318
update
犬はテレパシーが使える?!犬の予知能力の秘密に迫ります!

はじめに

愛犬が、言葉をいう前にこちらの意思を受け取って行動していると感じたことはありませんか?「あれ、もしかして気持ちが通じているのかな?」と感じたことがあるかもしれません。

このようにペットと人間との間で、言葉を交わさずとも、考えや感情が通じ合うような経験をしたことがある人は少なくないようです。

また、「犬は飼い主が帰ってくることをなぜか予知することができる」なんて聞いたことがあるかもしれません。中には、飼い主さんがまだ遠くにいるときにさえ、帰宅途中であることを察知して飼い主さんをじっと玄関で待つような犬がいるようです。

そのため、犬はテレパシーが使えるって言われることがあります。テレパシーってなんだか超能力って感じがしますよね。人の頭の中にある考えが、何も言わずとも相手に伝わるような感じです。もし本当にテレパシーで意思を通じ合うことができるとしたらスゴイことですよね。

でも本当に犬には予知能力や、テレパシー能力があるのでしょうか?そんな疑問や事例、そして考えられる理由について調べていきたいと思います。

そもそもテレパシーって何?

玄関の外で飼い主を待っている犬

Daniil Belosheikin/shutterstock.com

みなさんも、「テレパシー」っていう言葉を聞いたことがあると思います。でも、テレパシーってそもそも何なのでしょうか?

テレパシーとは、人の心の中にある考えや気持ちが、言葉や表情や何かのジェスチャーなしに他の人の心の中に伝達されることをいいます。超心理学の用語です。「精神関応」「思思念伝達」なんて言われることもあります。超感覚的知覚とか、超能力の一種ともいわれています。

テレパシーに関する研究は1882年に心霊現象の一つとして、また1888年には催眠術として科学的調査が行われてきました。この研究を行ったケンブリッジ大学のフレデリック教授が「テレパシー(telepathy)」という言葉を提案し、現在に至るまで使われています。 そして日本でも1910年に東京大学で研究が行われています。

テレパシーという用語に関しては、人と人との間でのテレパシー、または動物と人間との間のテレパシーなどいろいろな間で使用されています。また動物同士の言葉によらない意思伝達をテレパシーと表現することもあります。

犬と人との間でのテレパシーに関しては、飼い主さんの意志や感情を、飼い犬が言葉や何かの感覚的手段に頼ることなく受け取ることをいうようです。飼い主さんの気持ちや考えが、飼い犬に伝わるなんて本当にあるのでしょうか??

犬と飼い主さんの間でのテレパシーの事例

不思議なことですが、世界には愛犬と飼い主さんとの間でのテレパシーのようなものがあった話が時々紹介されることがあります。

例えば、ある人は寝ている愛犬に「目を覚ましてボールをとっておいで」と心の中で念じたら、愛犬がむくっと起きてボールを持ってきたという話しをしています。また他にも、盲導犬と暮らすある男性が散歩中に心の中で「八百屋行きたい」と思っただけで、盲導犬が本来のルートを変更してそのお店に向かったなんていう話しもありました。

またある飼い犬は、海外に旅行にいった飼い主さんが成田空港に降り立ったときに、そわそわし始めて、まだ家から遠い場所にいるのに、飼い主さんの海外からのお帰りを察知して玄関のところで帰りを待っていたなんていう話しもあります。飼い主さんの帰りを予知していたかのようですね。

さらに、何も言っていないのに体の痛い場所を舐めてくれるとか、迷子になった愛犬を心の中で一生懸命い呼び続けたら帰ってきてくれた、急病で倒れた飼い主さんに携帯電話を持ってきてくれたなど、愛犬と飼い主さんの間の特別な意思伝達があったという話しがありました。

また、遠くにいる飼い主さんが窮状に陥っているときに、家にいた愛犬が急にソワソワして落ち着きがなくなり、「どうしたんだろう?」と思っていたら、そのすぐあとに電話があって窮状を知ったという方もいました。

動物間でのテレパシーの事例

じつは、動物の中ではこのようなテレパシーのようなものがよく見られるようです。例えば、イギリスの馬の調教師が行った実験では、別々の場所に置いた馬の片方にエサを与えると、それが見えていないはずのもう一方の馬もそわそわしてエサを求めるしぐさをした、という報告があります。

他にも、母犬と子犬を別々の部屋において子犬を驚かせた結果、別の部屋にいて子犬が見えないはずの母親がそわそわした、という実験結果がアメリカのニューヨークの精神科医によって報告されているようです。

またウサギでも同じように、テレパシーのようなものがあったと報告されています。フランスでの実験ですが、同じ親から生まれたウサギを別の檻に入れて、音も動きも電磁波も遮断します。そして片方のウサギにストレスをあたえたところ、遮断されているはずのもう一方のウサギもストレス反応を示したということでした。

犬にテレパシーって本当にあるの?

テレパシー用の帽子を被っている犬

Masarik/shutterstock.com

このような事例を見ると、動物には人間の五感を超えた何らかの超能力があるように感じてしまいますね。動物と動物の間、または人間と動物の間で、どうして考えていることや感情が言葉や表情や何らかの行動によらずに伝わるのかとても不思議です。

人間同士でこのようなことがある場合、超常現象または心霊現象として扱われることが多いようですが、動物たちの間では言葉によらない意思伝達方法というものがあることは私たちの知るところとなっています。

例えば、アリは巨大な群れで生活をしていますが、キレイに整列し働きます。ある実験によると、働きアリのアリ塚に破損部分を作ったところ、あり同士は互いに触れ合わずに両側から中央に向かって修復作業を始めたようです。しかも、真ん中に障害物を置いてお互いのコミュニケーションを取れないような状態にしても、アリ塚の修復作業は難なく行われていき、左右で全く同じ形に修復し、最終的に障害物を取り除いたところ、ぴったりと正確に再生を果たしたそうです。

何百または何千という働きアリが、どのようにお互いに意思伝達をして、修復をみんなで協力して行うことができたのかはよくわかりませんが、このような人間とは違った意思伝達をテレパシーと呼ぶならば、やはりテレパシー能力をもつ動物はいるということになりますね。

でも、人間と動物での言葉や行動によらない、意思や気持ちの伝達の場合、これはある種の第五感以外の感覚を持つ人にしかわからない特別な能力ということになるのでしょうか?あるいは、犬のもつ何か特異な能力に起因する理由が考えられるのでしょうか?

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー