犬に紅茶はNG!致死量ともしも飲んだ時の対処法!

犬に紅茶はNG!致死量ともしも飲んだ時の対処法!

2248
update

犬に紅茶を与えてはいけません。紅茶にはカフェインが入っていて、このカフェインによって犬が中毒症状を引き起こす危険があるからです。カフェイン中毒は犬によって個体差があるため、ほんの少しでも摂取させてはいけません。ここでは、犬が紅茶を誤って飲んでしまった際に見られる症状や対処法など詳しく取り上げます。

2248
update

犬に紅茶を与えてはいけない理由とは

犬とマグカップ

katamount/shutterstock.com

ティータイムに紅茶を楽しむ方も多いことでしょう。紅茶はストレートでもミルクを入れても美味しいですし、アイスでもホットでも年中楽しめるのでたくさんの人から愛されている飲み物です。お菓子や料理に使用されることもあります。

紅茶には心も体もリラックスさせる作用がありますが、それは紅茶に含まれるカフェインによります。しかし、このカフェインが犬にとっては中毒を引き起こす原因となるので絶対に与えてはいけません。環境省の飼い主のためのペットフード・ガイドライン~犬・猫の健康を守るために~の中でも、注意が必要なものや与え過ぎてはいけないものの中に紅茶が含まれています。

カフェインには体内の中枢神経に作用して興奮させる働きがあります。眠気を覚ますために紅茶やコーヒーを飲むのはそのためです。犬は人間と比べてカフェインへの反応がずっと強く、さらには体内でカフェインを代謝する能力が低いので、ちょっと摂取しただけでも神経に作用して興奮状態を引き起こしたり、心筋に作用して心臓に影響を与えたりする危険が高くなってしまいます。

紅茶をわざわざ愛犬に飲ませることはないとしても、飼い主がちょっと目を離したすきに飲んでしまったとか、煮だした後の茶葉を食べてしまうといった事例があります。紅茶よりも茶葉そのものの方がカフェインが多く含まれているので、茶葉をそのままにしておかないようにも気を付けたいものです。

紅茶にミルクを入れれば大丈夫、ということも決してありません。ミルクを入れようとカフェインが薄まるわけではないからです。市販の砂糖がたっぷり入った紅茶であっても、茶葉や抽出した紅茶を使用したクッキーやケーキであろうと、犬には絶対に与えてはいけません。

犬が紅茶を飲んでしまった時の症状

元気がない犬

cynoclub/shutterstock.com

犬が紅茶を口にしてしまった場合、カフェインによる中毒症状として下記のような症状が見られることがあります。

  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 手足のしびれ
  • 体の震えや痙攣
  • 呼吸が速くなったり荒くなったりする
  • 脈拍や心拍が乱れる
  • 興奮したり、落ち着きが無くなったりする
  • 尿失禁や頻尿
  • 血圧が上昇する
  • 昏睡状態や意識混濁 など

こうした症状が愛犬に見られる時は、紅茶等のカフェインを摂取した可能性が考えられます。

カフェインによる中毒症状は早いと30分から1時間程度で現れることがあります。時間が経てば経つほど重症化するリスクは高くなるので、紅茶を摂取したことによる何らかの中毒症状が見られるときには一刻も早い対処が必要です。中には、カフェインを摂取してから6~12時間経ってから中毒症状が現れた例もあります。

犬に危険が及ぶ摂取量

紅茶とチワワ

Sergey Med/shutterstock.com

犬がどれくらいのカフェインを摂取すると命に危険が及ぶのかは犬によって個体差があるので一概には言えませんが、犬の大きさや体重も大きく関係してきます。

一般に、体重1kgあたり100mg~200mgのカフェイン量で危険な状態になる確率が高くなると言われています。ちなみに、紅茶5gを360mlの熱湯で抽出させた際の100mlの紅茶に含まれるカフェイン量は約30mgです。ではこの数字を基に、犬に危険が及ぶ紅茶の摂取量を体重別に算出しました。

しかし、あくまで目安なので下記の数値以下を摂取した場合でも危険が及ぶ場合もあります。

超小型犬の場合

超小型犬とは体重が4kg未満の犬のことで、例えばトイプードルやマルチーズ、ポメラニアン、マメシバ、チワワやヨークシャーテリアといった犬種が挙げられます。

体重が1~3kgの超小型犬は、体重ごとに100mg~300mgほどのカフェインで危険な状態になることがあります。ということは、紅茶300ml程度からが危険な量となります。紅茶を300ml以上も一度に飲んでしまうなんてことはまずないとは思いますが、日常的に紅茶を与え続けていると蓄積したものが慢性化して現れることもあるので気をつけてください。

また、これよりずっと少ないカフェインでも中毒症状は起きることも覚えておきましょう。

小型犬の場合

小型犬は体重が10kg以下の犬種のことです。パグやミニチュアダックスフンド、ボストンテリア、ペキニーズ、狆(チン)や柴犬などの犬種が含まれます。

体重5~10kgの小型に危険が及ぶカフェイン摂取量は500mg~1000mgほどですが、これより少なくても与えないようにしてください。

中型犬の場合

中型犬はビーグルやパセンジー、バセットハウンド、日本スピッツ、ブルドッグやフレンチブル、ボーダーコリーなど、体重が25kg以下の犬種のことです。中型犬は1000~2500mgのカフェイン量で中毒症状を引き起こす危険が高まります。

大型犬の場合

大型犬は体重25kg以上の犬種のことです。レトリーバーやダルメシアン、ドーベルマン、セントバーナード、ボクサーやロットワイラーといった犬種です。大型犬は2500mg以上のカフェインが危険量となります。

子犬の場合はさらに要注意

子犬には紅茶を含め、カフェインを含む飲食品を絶対に与えてはいけません。子犬は体の機能がまだ発達しきれていないので、ちょっとした量でも命取りになる危険があります。

犬が紅茶を飲んでしまった場合の対処法

犬と医師

Albina Glisic/shutterstock.com

愛犬が誤って紅茶を飲んでしまったなら、なるべく早く獣医師に相談するようにしてください。カフェイン中毒はすぐに症状が出ることもあれば、時間が経ってから現れる場合もあります。「ちょっとの量だから」などと自己判断せずに、獣医師に適切に処置してもらうようにしましょう。

コーヒーやココアも与えてはダメ

ココアやコーヒーにもカフェインが含まれているので絶対に与えてはいけません。特にコーヒーに含まれるカフェイン量は紅茶の2倍程度です。ミルクや砂糖が入っていてもカフェインが含まれていることには変わりないので、犬には与えないよう注意しましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー