アイリッシュテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

アイリッシュテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

2334

テリア犬種最古犬種の1つであるアイリッシュテリア。アイリッシュテリアはどういった性格や特徴を持つ犬種なのでしょうか?今回は生粋のテリア犬種であり、レッドデビルとも称されるアイリッシュテリアの性格や特徴から見えてくる適した飼い方やしつけを見ていきたいと思います。

2334 |

アイリッシュテリアの歴史と容姿の特徴

www.flickr.com

レッドデビルともいわれるアイリッシュテリアはアイルランド出身のテリア犬種です。

分類としては中型犬の犬種で、テリア犬種の中では比較的大きいタイプの犬種です。 体重11~12㎏、体高43~48㎝の大きさの犬種で平均寿命が12~14歳で、被毛のカラーはレッド、レッドウィートン、イエローレッドがあります。

アイリッシュテリアの歴史

テリア犬種の中で最も古い歴史を有する犬種の1つですが、起源に関してはよくわかっていません。

ただし、一般的にはブラックアンドタンテリア、ソリッドウィートンカラードテリア、アイリッシュウルフハウンドから派生していると考えられています。 現在では、レッドのカラーが特徴的なカラーとなっていてそのカラーからレッドデビルといわれますが、かつてはブラック&タンやグレー&ブリンドルを含む様々なカラーが認められていましたが、19世紀末頃にはレッドのカラーが一般的となりました。

初めて歴史の表舞台に登場したのは1875年で、イギリスで人気を博し、1880年代にはイギリスでNo.4の人気犬種にまで登り詰めました。 アメリカに持ち込まれた後も、アメリカでも人気を博すようになり、1920年代には今度はアメリカでNo.13という高い地位にまで登り詰め、出場したドッグショーでも他を圧倒する人気を博しました。

また、戦地でも活躍しました。 第1次世界大戦ではイギリスやドイツで情報を伝達する犬や監視をする犬として活躍しました。

そのまま人気犬種の地位を走り続けると思われたアイリッシュテリアですが、次第に人気に陰りが見え始め、現在では日本を含めて稀少犬種となってしまいました。

アイリッシュテリアの容姿

もともと狩猟犬として作出されましたので、逞しい頑丈な体格をしています。また、被毛は針金のように硬い被毛という特徴があり、していて、密生していてあまり長くありません。

アイリッシュテリアの性格と特徴

向こう見ずと称されるアイリッシュテリアの性格

アイリッシュテリアの性格を一言で表すと、レッドデビルといわれることからわかるように向こう見ずな性格といわれます。

怖いもの知らずでどんなものにも勇敢に立ち向かう性格で、飼い主としては気が抜けないタイプの犬種ですが、飼い主に対しては忠実な性格で愛情深い性格をしています。 また、子供とも仲良くする事ができ、何よりも遊ぶことが大好きな性格をした犬種です。

他のテリア犬種同様に気が強い性格をしていて、他の犬などに対して突発的に攻撃的になる場合があるので、ドッグランや動物病院に連れていく場合や散歩などで外出する場合には注意が必要です。

エネルギッシュな犬種ですが、十分な運動を行えば家の中では行儀良く振る舞う事ができます。

レッドデビルと称されるアイリッシュテリアの特徴

アイリッシュテリアはアイルランド出身のテリア犬種ですが、アイルランドのテリア犬種にはケリーブルーテリアがいます。被毛のカラーからアイリッシュテリアがレッドデビル、ケリーブルーテリアがブルーデビルと呼ばれています。

警戒心が強いという特徴があり、初めて会う人に対しては距離を置こうとします。また、狩猟犬としてだけでなく、番犬としての適性もあるので、番犬という飼い方もする事ができます。

雌犬よりも雄犬の方が闘争本能が強いという特徴があるので、散歩や多頭飼育という飼い方をする場合には注意が必要です。

アイリッシュテリアの飼い方としつけ

アイリッシュテリアの飼い方

飼い方としては、人との関わり合いが重要という特徴がある犬種なので室内飼育が理想的な飼い方といえます。

ただ、体格が大きい犬種なので室内飼育をする場合には十分なスペースを作ってあげ、飼い方に工夫が必要となりますね。 運動量はそこまで豊富ではありませんが、遊ぶ事が大好きなので精力的な運動を取り入れて遊ばせる飼い方が理想的といえます。

運動能力が高いという特徴があり、足も速いので脱走をしないように工夫が必要です。 また、ジャンプ力も優れているので少々の塀であれば簡単に超えられるので室外飼育をする場合や一時的に外につなぐ場合でも極力塀の近くは避けるような飼い方をしましょう。

生粋のテリア犬種なので、あまり初心者向きの犬種ではなく、テリア犬種の特性を理解した人に向いている犬種といえます。

被毛はスムースタイプなので、2~3日に1回のブラッシングで十分です。

売られた喧嘩は買うという特徴があるので、ドッグランなどの他の犬がいる場所に行く際にはリードは外さないようにしてコントロールできるようにしておく必要があります。

アイリッシュテリアのしつけ

犬のしつけはすべての犬種で行うべきことですが、特に中型犬以上の犬種に関しては他の犬や人に対する影響が大きいために、しつけは必ず行うようにしましょう。

気が強い性格をしている生粋のテリア犬種なので、飛びつきや噛み付きなどをしないようにしっかりとしつけをするようにしましょう。

また、何かを追いかける事が好きな性格をしているうえにパワーがある犬種なので、散歩など外出した際にしっかりとコントロールができるようしつけをするようにしましょう。

訓練性が高いことも特徴なので、しつけは割と簡単なように思えます。

しかし、自分で考えて行動したいという性格も持ち合わせているため、根気よくしつけを続けないと覚えてくれません。

さらに記憶力がいいという特徴があり、一度覚えると忘れる事は少ないですが、叱られたり怖い思いをしたことも覚えていて、そういった負の記憶を数多く経験すると、神経質な性格になってしやすいといわれますので、しつけをする場合にはほめる事を基本としてしつけを行うようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー