犬の毛色『タン』ってどんな色?タンが魅了的な犬種をご紹介。

犬の毛色『タン』ってどんな色?タンが魅了的な犬種をご紹介。

2142
update

犬の毛色に『タン』という色があります。『タン』という色はどんなカラーなのでしょうか?犬の中には体毛の全体でなく部分的にタンカラーをもつ犬種が多くいます。そんな魅力ある犬種にはどんなものがあるでしょうか?

2142
update

犬の毛色の『タン』とは?

www.flickr.com

『タン』ってどんな色でしょうか?渋色、黄褐色、淡い茶色のことを『タン』といいます。英語のTanは皮革のなめしに使用するタナム、またはタンナム、つまりオーク樹皮に由来します。 動物の皮を皮革製品にする工程をなめしと言いますが、なめし皮の色のことを指してタンと呼ぶので、深みのある色合いという印象をもちます。 犬の毛色としての『タン』は世界的に通用する「ウェブカラー」にも登録されている色の一つです。『タン』の中でも、薄いものを「ライトタン」、濃いものを「リッチタン」といいます。タンがかわいい犬種はたくさんいますね。どこかリッチにみえる感じが『タン』ですね。

『タン』の色をした犬の犬種

ここでは、タンが魅力の犬種を紹介します。多くの犬種は顔の目の上の部分に、人間でいうと眉毛の位置の2か所にタンカラーがあるものが多いですね。、眉の位置にタンがあると、精悍な犬でも小型犬でも顔つきや表情に愛嬌を感じるので、絶妙なアクセントになります。

ミニチュア・ダックスフンド:ブラック&タン、チョコレート&タンのミニチュア・ダックスフンドの毛色は魅力的です。タンが目の上や胸、口、足のところにあります。部分的にあるタンがアクセントになってとてもキュートですね。 ただし、ミニチュア・ダックスフンドの毛色にはタンカラーでない淡いカラー単色だけの種類もあります。このような犬はブリーダーでは『退色』(色が褪せている)と呼ばれ、スタンダードではないため展覧会やドッグショーに出品することや繁殖犬になることはできません。 しかし特に病気であるわけでもなく、ペットとしては可愛らしい個性のある子だと考えられ、あえてタンカラーでない単色のミニチュア・ダックスフンドを求める人もたくさんいます。

チワワ:ホワイト&ブラックタン、ブルータン、チョコレートタンがあります。どのタンも大人気の毛色です。タンが目の上の部分に入っています。この犬種はいろんな毛色があるので、どの毛色にするか迷ってしまいますね。

ヨークシャ・テリア:毛色はスチールブルー&タン、ダークスチーム&タンは、眉やマズル耳や足にタンが入っています。スチームブルーは青みのある銅青色です。これよりも濃いものはダークスチールブルー、これより薄いものをライトスチールブルーといいます。

ミニチュア・ピンシャー・ピンシャー:毛色はチョコレート&タン、ブラック&タンがあります。ブラック&タンはブラックを基調にタンが目の上、耳、足、喉、胸にあります。チョコレート&タンも同じように目の上、耳、足、喉、胸にタンが入ります。2色で構成されているので、バイカラーとも呼ばれています。

パピヨン:耳の飾り毛がトレードマークのパピヨンは、ブラック&タン&ホワイトのトライカラーに人気があります。

ビーグル:ブラックタン&ホワイトとう被毛の個体があります。

ミニチュア・シュナウザー:イメージはグレー系の毛色という印象が強いですが、レバー&タンという組み合わせの個体がいます。

アメリカン・コッカー・スパニエル:とても優雅にみえるロングコートが特徴的な犬種です。ブラック&タンやブラウン&タンがあります。加えてブラック&ホワイト&タンという被毛の個体もいます。3色なのでトライカラーと呼びます。

ボーダーコリー:ほとんどの個体はブッラック&ホワイトですが、実はブラック&タンの毛色もありかなり素敵な色合わせです。

ジャーマンシェパード:警察犬のイメージが強い犬種ですが、毛色はブラック&タンがあります。顔は黒ですが眉の位置にタンがあると、より表情が引き締まって見えますし、愛しさもあり味わいがあります。

ドーベルマン・ピンシャー:ドーベルマンのように堂々とした風格を醸し出す犬種です。ブラック&タンとチョコレート&タンの毛色をもつ個体があります。

ブリュッセル・グリフォン:パグの交配犬種でマズルのない鼻ぺちゃな小型犬です。日本ではあまり見かけませんが、ベルギー王室では愛されている犬種です。毛色はブラック&タンがありとても可愛いです。

この記事が気に入ったらシェア♪
12
通報

日常生活の中でタンときいて思いつくのはお肉くらいで、色のことなんて知らなかったなって感じです。淡い茶色のことをタンって呼ぶなんて、なんだかおしゃれでいいなって思います。

11 Hitomi
通報

タンって日本では馴染みのない色ですよね。茶系だとベージュとかブラウンとか言うし。薄茶色とは微妙に違う色なんですよね。下の書き込みにもあったけど、ゴールデンレトリバーはリッチタンになるんじゃないかな。ポメラニアンはライトタンとかかな。

11 ウォン
通報

タンって何か焼肉みたいで、びっくりしたけど毛の色の話だったんだ。犬と焼肉なんて繋がらないもんね。正直、少し焦りました(笑)タンの犬って、お上品な感じの雰囲気の子が多いと思うんです。今度から、「あの子は毛色がタンだね」って周りの人に言ってみる。

9 テスト
通報

タンの色を持つ犬種がここまで多いとは何だか意外でした。その呼び名も初めて聞きました。タンっていうのは通な感じがしますよね、普段なかなか使わない呼び方だなと思いました。渋色、淡い茶色のことをタンというと記されてありましたが、どんな色合いなのかイメージが湧きにくくて気になりますね。

8 名無しさん
通報

犬のタンカラーって、そういうことだったんですね!ペットショップで、犬など説明しているのに見かけたりしますが、何も考えずスルーしてました。1つ知識が増えましたー。

7 名無しさん
通報

この写真の子もタン色??じゃあ、ゴールデンレトリバーとか、柴犬とかもタン色??ちょっと、どんな感じの色なのかいまいちよく分からないです。

6 あさこ
通報

タンって日本では馴染みのない言い方ですよね。私は刺繍をするので、刺繍糸では淡い茶色をTANと呼ぶので知っていますが、日本では薄茶色とかベージュなんて言われるので馴染みがないと思います。リッチタン、ライトタンなんて言われても違いがパッと思い浮かばないし。

5 名無しさん
通報

タンの色の毛はきれいですよね。私は好きな色です。見入ってしまいますし、手入れが大変そうだなとも思ってしまいます。変えるならタンの毛色している犬を飼いたいと思います。

4 名無しさん
通報

タンカラーの犬って毛並みが奇麗に見えますね。外を散歩させていても艶のあるような光り方を見せます。いろいろな犬種で見れる毛並みのカラーも犬を飼う楽しみの一つですよね。

3 アゴー
通報

毛の色をタンと表現するんですね。初めて知りましたよ。記事を読むまではタンといったら舌でした。犬好きな方と話す際に、タンというワードを是非とも使ってみたいです。知らないことを知ると、色々な方に教えてあげたいって思っちゃいます。

2 名無しさん
通報

タンは光るとゴールドにも見えるってのがいいですね。キラキラしていて素敵です。タンという色は色々な犬種でもある色なんですね。ペットショップでもいっぱいいるかな。今度見てみたいと思います。

1 名無しさん
通報

タンって聞くと肉屋のタンのお肉を思い浮かべてしまいますが、犬の毛色のタンにはこんな意味があったんですね。聞いたことがあったけど、深く考えなかった。。またどの毛色でも交配できると思っていましたが、違うんですね。これも知らなかったです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー