犬は鏡に映った自分をどう認識しているのか

犬が鏡に映った自分の姿に戸惑ったり、ワンワンと吠えたりしている映像を見たことがあるかもしれません。時々、よく映るガラスの前でやっている犬もいたりします。犬は、鏡に映った自分をどんな風に認識しているのでしょうか。今回は、犬と鏡について解説します。

犬は鏡に映った自分をどう認識しているのか

鏡に自分の姿が映ったとき自分だと認識できるかどうか


鏡に映った自分の姿を自分だと認識することを、専門的な用語で「鏡像認知」と言います。   人間の子供は2歳ほどで鏡像認知ができるようになると言われています。   わたし達も鏡を見れば、自分の姿が映っていると普通に理解していますよね。   この鏡像認知は自分と自分以外を分けて意識する感覚なのですが、実はかなり複雑な感覚なんです。   人間にとっては当たり前のことですが、動物によって鏡像認知ができる種類とできない種類に分かれます。   鏡像認知ができるかどうかが、動物の自己認識の発達を調べるリトマス試験紙的なバロメーターとして利用されています。   鏡像認知ができるかを調べるために、チンパンジーに麻酔をかけ意識を失っている間に眉の辺りに赤色のマークを付け、意識が戻った時に鏡を見せてどう反応するかという実験が試みられました。   結果、鏡を見たチンパンジーが、鏡ではなく自分自身の赤くマーキングされた部分を手で触れる仕草を見せ、これにより鏡に映る姿が自分であることを認識していることが明らかになりました。   他にも鏡像認知ができる動物として知られているのは、チンパンジー以外の大型の類人猿、イルカ、シャチ、ゾウ、カササギなどです。

鏡に映った犬

犬に話を戻しましょう。   犬は鏡に映った自分の姿を見て、どんな反応を見せるでしょうか。   その反応は様々ですが、多くの犬がきょとんとしてただ鏡を見つめているか、怖がって吠えたりするなどの反応を見せます。   中には、鏡に向かって威嚇するような動作をする犬もいます。

犬は鏡像認知できる?


では、犬のこれらの反応を踏まえて、犬は鏡像認知ができていると言えるのでしょうか。   結論から言うと、犬は残念ながら鏡像認知ができていません。   例えば、犬の顔に赤いマーキングをしたとしても、犬は鏡を見てもチンパンジーのようにその赤いマーキングの部分を気にしたりすることはありません。   あくまでも鏡に映る犬は、自分ではなく別の犬だと思っているからです。   しかし、犬は嗅覚が鋭く臭いで自分とそれ以外を認識しているので、鏡に映る犬の姿から匂いがしないことに違和感を感じてはいます。   違和感を感じながらも、鏡の中の犬が誰なのか、つまり自分であるとは認識していない状態なのです。

理解できなくても慣れることはできる

では、鏡像認知ができない犬は鏡と相対するたびに同じ反応を示すのでしょうか。   そうではありません。   鏡の中の犬が自分だとは分からなくても、鏡に慣れることはできます。   犬に何度も鏡を見せたりしていると、最初は吠えたり警戒していた犬も徐々に違う反応を見せるようになってきます。   匂いがしない相手への違和感を感じているので、鏡の裏側に何か秘密があるのではないかと考えて、裏側に回ろうとすることもあります。   普通の犬が相手であれば、後ろに回ればお尻の匂いを嗅ぐことができますが、鏡なので後ろに回っても何もありませんし、もちろん匂いもしません。   そうやって、「こいつは今まで見てきた奴とは違う」と理解するようになります。   こうして回を重ねていくと、最終的には鏡の中の犬が自分に危害を加える存在でないことを理解し、慣れて吠えたりせず無関心になっていきます。   ですから、飼い犬が鏡に向かって吠えるからといって、焦って「しつけなければ!」と考える必要はありません。   次第に慣れて、反応しなくなっていきます。   嗅覚で多くを判断する犬にとって、匂いもしない相手は眼中にないのかもしれません。

犬と鏡のまとめ

鏡に向かって警戒する犬の反応。   ユニークで可愛らしい仕草ですが、鏡像認知という高度な自己認識が関係しているとは興味深いですね。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬の多頭飼いは苦労も幸せも倍。メリットとデメリット

      犬を複数一緒に飼う多頭飼いですが、これから新しい犬を新たに迎えようかと考えている方はメリットとデメリットをよく考慮しなければいけません。多頭飼いをするにあたって先住犬との相性の他にも飼育するうえで飼い主が気を付けなければならない点をご紹介します。

      3968

    • 柴犬を室内で飼いたい!注意点としつけについて解説

      世界中から大人気の柴犬!魅力のある柴犬なので、室内で飼っている方も多くなってきています。これから、柴犬を飼いたい方は、室内でどのように柴犬を飼うことが出来るでしょうか?柴犬を室内で飼う上での注意点としつけについて紹介します。

      3495

    • 犬にさつまいもは大丈夫?おやつなどで上げる際の量やアレルギー、注意点について解説!

      芋類は犬たちも大好物の食材です。特にさつまいもには、食物繊維が豊富に含まれているのでカラダにも優しく、また栄養素も豊富で免疫アップ効果も期待できます。そんなさつまいもですが、犬に上げても大丈夫なのか、上げるとしたらどのぐらいの量が適量なのでしょうか?アレルギーなどを起こす場合があるのか、さつまいもの栄養素と犬にあげる場合の注意点について解説します。

      6905

    • 犬のいざというときに役立つ。愛玩動物救命士の資格について解説。

      最近では犬や猫の飼育の意識もモラルも変化し、より家族として受け入れるのが当たり前になってきています。それに伴い様々な資格が登場しており、愛玩動物救命士なる資格が登場しています。この資格はどんなものなのか、あるいは誰でもなれるのか、合格率などについて、職業についても解説いたします。

      5201

    • 三毛猫ってどんな猫?性格と特徴から考える飼い方のコツ!

      三毛猫がこたつで眠っている様子って、まさに古き良き日本の象徴ですよね。見ているだけで、なんだかほっと心が和みます。今回は、日本で昔から愛される三毛猫の特徴と、飼い方のコツを解説します♪これを見ればみなさんも三毛猫がよくわかりますよ!

      30043

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆