犬は鏡に映った自分をどう認識しているのか

犬が鏡に映った自分の姿に戸惑ったり、ワンワンと吠えたりしている映像を見たことがあるかもしれません。時々、よく映るガラスの前でやっている犬もいたりします。犬は、鏡に映った自分をどんな風に認識しているのでしょうか。今回は、犬と鏡について解説します。

犬は鏡に映った自分をどう認識しているのか

鏡に自分の姿が映ったとき自分だと認識できるかどうか

鏡に映った自分の姿を自分だと認識することを、専門的な用語で「鏡像認知」と言います。

人間の子供は2歳ほどで鏡像認知ができるようになると言われています。

わたし達も鏡を見れば、自分の姿が映っていると普通に理解していますよね。

この鏡像認知は自分と自分以外を分けて意識する感覚なのですが、実はかなり複雑な感覚なんです。

人間にとっては当たり前のことですが、動物によって鏡像認知ができる種類とできない種類に分かれます。

鏡像認知ができるかどうかが、動物の自己認識の発達を調べるリトマス試験紙的なバロメーターとして利用されています。

鏡像認知ができるかを調べるために、チンパンジーに麻酔をかけ意識を失っている間に眉の辺りに赤色のマークを付け、意識が戻った時に鏡を見せてどう反応するかという実験が試みられました。

結果、鏡を見たチンパンジーが、鏡ではなく自分自身の赤くマーキングされた部分を手で触れる仕草を見せ、これにより鏡に映る姿が自分であることを認識していることが明らかになりました。

他にも鏡像認知ができる動物として知られているのは、チンパンジー以外の大型の類人猿、イルカ、シャチ、ゾウ、カササギなどです。

鏡に映った犬

犬に話を戻しましょう。

犬は鏡に映った自分の姿を見て、どんな反応を見せるでしょうか。

その反応は様々ですが、多くの犬がきょとんとしてただ鏡を見つめているか、怖がって吠えたりするなどの反応を見せます。

中には、鏡に向かって威嚇するような動作をする犬もいます。

犬は鏡像認知できる?

では、犬のこれらの反応を踏まえて、犬は鏡像認知ができていると言えるのでしょうか。

結論から言うと、犬は残念ながら鏡像認知ができていません。

例えば、犬の顔に赤いマーキングをしたとしても、犬は鏡を見てもチンパンジーのようにその赤いマーキングの部分を気にしたりすることはありません。

あくまでも鏡に映る犬は、自分ではなく別の犬だと思っているからです。

しかし、犬は嗅覚が鋭く臭いで自分とそれ以外を認識しているので、鏡に映る犬の姿から匂いがしないことに違和感を感じてはいます。

違和感を感じながらも、鏡の中の犬が誰なのか、つまり自分であるとは認識していない状態なのです。

理解できなくても慣れることはできる

では、鏡像認知ができない犬は鏡と相対するたびに同じ反応を示すのでしょうか。

そうではありません。

鏡の中の犬が自分だとは分からなくても、鏡に慣れることはできます。

犬に何度も鏡を見せたりしていると、最初は吠えたり警戒していた犬も徐々に違う反応を見せるようになってきます。

匂いがしない相手への違和感を感じているので、鏡の裏側に何か秘密があるのではないかと考えて、裏側に回ろうとすることもあります。

普通の犬が相手であれば、後ろに回ればお尻の匂いを嗅ぐことができますが、鏡なので後ろに回っても何もありませんし、もちろん匂いもしません。

そうやって、「こいつは今まで見てきた奴とは違う」と理解するようになります。

こうして回を重ねていくと、最終的には鏡の中の犬が自分に危害を加える存在でないことを理解し、慣れて吠えたりせず無関心になっていきます。

ですから、飼い犬が鏡に向かって吠えるからといって、焦って「しつけなければ!」と考える必要はありません。

次第に慣れて、反応しなくなっていきます。

嗅覚で多くを判断する犬にとって、匂いもしない相手は眼中にないのかもしれません。

犬と鏡のまとめ

鏡に向かって警戒する犬の反応。

ユニークで可愛らしい仕草ですが、鏡像認知という高度な自己認識が関係しているとは興味深いですね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

犬の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!