プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

3847
update

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの性格や飼い方や歴史についてご説明します。

3847
update
プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介
Typical Petit Basset Griffon Vendeen in the spring garden

Radomir Rezny/shutterstock.com

名称:プチ・バセット・グリフォン・バンデーン 性格:従順で意志が強く、活発で情熱的 寿命:12~14歳 体重:11~18kg 体高:34~38cm 毛色:ブラック&ホワイト、ブラック&タン、ホワイト&オレンジ、トライ・カラー、フォーンまたはペールフォーンにブラック・オーバーレイ 値段相場:希少犬種のためペットショップでの取扱いはほとんどなし、ブリーダー35~60万円

プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN
プチ・バセット・グリフォン・バンデーン PETIT BASSET GRIFFON VENDEEN

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの性格

日本国内で犬籍の登録や血統書の発行、犬の飼育に関する指導などを行っている一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC) によると、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは嗅覚ハウンドに分類されるフランス原産の中型犬です。日本では長い名前を省略して「プチバセ」とも呼ばれています。海外では単語の頭文字を取って「PBGV」と表記されることが少なくありません。 この犬種の名前を構成する単語にはそれぞれ意味があり、プチは「小さい」、バセットは「低い」、グリフォンは「被毛が粗い」、バンデーンは「フランスのヴァンデ地方」です。名前の通り、胴長短足のダックスフンドのような体型に粗い被毛が特徴だといえます。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンと似た名前のグランド・バセット・グリフォン・バンデーンとは兄弟犬で、以前は区別されず同じ犬種として扱われていました。 しかし、体高の高い「グランド」と低い「プチ」では追う獲物の種類が異なり、飼育目的そのものも違ってきます。そのため1950年代からは別の犬種として扱われるようになり、1975年からは「プチ」と「グランド」間の交配も禁止されました。

体高の低いプチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、主に野ウサギの猟に用いられてきた歴史があります。野山では嗅覚と吠え声を使って熱心に獲物を追い、その体型を生かして茂みやごつごつした岩場で活躍してきました。特徴的な粗い被毛は、野バラのトゲなどから体を守るのに大いに役立ちます。

長時間の狩猟が可能なほど活発かつ勇敢な性格で、根っからの猟犬だといえるでしょう。優秀なハンターでありながら愛情深く、家族には従順です。また、へこたれることがなく精神的に頑強で、自立心が旺盛な一面もあります。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの平均寿命

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは中型犬です。平均寿命は12~14年で、このサイズの犬としては標準的だといえるでしょう。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの平均体重

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの平均体重は、個体差があるものの11~18kgほどです。この範囲内に収まっていれば理想体重だといえます。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの平均体高

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの体高は、ジャパンケネルクラブにおいて34~38cmがスタンダードとされています。この数値の上下1cmは許容範囲です。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの毛色(カラー)

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの毛色は、2色または3色で構成されています。色名は伝統的な呼び方である野ウサギ色、アナグマ色、イノシシ色といった表現も使われます。

ホワイト&オレンジ
The typical portrait of Petit Basset Griffon Vendeen in the summer garden

Radomir Rezny/shutterstock.com

フォーンにブラック・オーバーレイ
Petit Basset Griffon Vend?�©en, 7 months old, sitting in front of white background

Eric Isselee/shutterstock.com

  • ブラック&ホワイト
  • ブラック&タン
  • ホワイト&オレンジ
  • トライ・カラー
  • フォーンにブラック・オーバーレイ
  • ペールフォーンにブラックオーバーレイでホワイトの斑
  • ペールフォーンにブラック・オーバーレイ

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンが成犬になるまでの期間

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは中型犬ですので、成犬になるまでには10~12カ月ほどかかります。

※成犬とは身体的な成長が止まることです。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの鳴き声

もともと猟犬であるプチ・バセット・グリフォン・バンデーンにとって吠えることは仕事の一環であり、家庭犬として飼育しても吠えやすい傾向があります。

また、活発でじっとしていることが少なく、鳴き声と行動から総合的に見るとにぎやかで元気な犬種だといえるでしょう。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンがかかりやすい病気

病名時期や症状治療費
椎間板ヘルニア椎間板が突出して神経を圧迫する病気。外科手術を受けさせる場合は30万円~
膝蓋骨・肘関節脱臼膝蓋骨や肘関節が脱臼してしまう病気。15~20万円
股関節形成不全股関節の異常により、歩行困難を生じる。大型犬に多い。約40万円
てんかん脳の機能に異常が発生し、けいれんなどの症状が出る病気。2~20万円

※症状や病院によって金額は変わってきますので、かかりつけの動物病院で確認してください。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、胴長の犬種がなりやすい椎間板ヘルニアなどに気をつける必要があります。 また、原産は日本より気温や湿度の低いフランスなので高温多湿に弱く、夏場は熱中症に気をつけなくてはいけません。

犬は気温22度、湿度60%を超えてくると熱中症のリスクが出てきます。陽気を感じる季節になったら、窓を開けて風を通し熱がこもらないようにするなどの対策を始めましょう。夏期には昼も夜もエアコンをつけ、快適な室温と湿度を保ちます。

また、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンのように体高の低い犬種は、特に地面からの照り返しを受けやすいという点も忘れてはいけません。 暑い日は日中の散歩を避け、気温の下がった時間帯にします。アスファルトやコンクリートなど、夜になっても熱いままの場所を歩かせるのはやめましょう。外出時には、いざというときに体を冷やせる保冷剤を持ち歩くといいでしょう。

留守番をさせるときに部屋のエアコンを切ったり、エアコンのついていない車内に放置したりすることも大変危険なのでやめましょう。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの体臭

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、活発でどんな場所にも躊躇せず足を踏み入れるという性格から、被毛が汚れやすいといえます。

汚れからくるにおい防止のためには定期的にグルーミングをしてあげましょう。口の周りのひげのような被毛は食べたり飲んだり、においを嗅いだりした際に汚れやすく、におい防止のためにはこまめに固く絞った濡れタオルなど拭いてあげる必要があります。

また、垂れ耳の犬種ですので、耳のにおい防止のためのケアも重要です。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの飼い方

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンはにおいで獲物を追跡する猟犬であり、じっとしていることを好みません。心身の健康を保つために運動は必要不可欠であり、散歩のほかにもボールやフリスビーなどを使って遊んだり、庭で遊ばせたりすれば喜びます。エネルギッシュな犬種ですので、毎日の散歩が難しい家庭で飼うのには向いていません。また、夏場に屋外で過ごさせると熱中症になるおそれがあるため、基本的に室内で飼うようにしましょう。

粗い被毛は定期的なグルーミングが欠かせないものの、トリミングは必要ありません。肉体的にも精神的にもタフですので、十分に運動させてあげられる環境の中できちんとしつけをすれば飼いやすい犬種だといえるでしょう。

一方で、脚が短く胴が長い体型ゆえに、椎間板ヘルニアをはじめとする足腰の病気には注意が必要です。足腰を守るために、階段や段差がある場所には立ち入らせない、フローリングにはマットを敷くなど、工夫をしてあげましょう。椅子やソファなどから飛び降りることも負担になりますので、低い位置に居場所を作ってあげることも大切です。

ドッグフードの量・回数

基本的に成長に合わせた総合栄養食を記載量の通りに与えていれば問題ありません。成長途中である子犬のうちは、丈夫な体を作るためのカルシウムやタンパク質が多く必要です。エネルギーを効率的に吸収でき、なおかつ消化のいい子犬専用のフードを与えましょう。成長が止まったら、成犬用のフードに切り替えます。

フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的には1日2回で問題ありません。成長が止まったら、成犬用のフードに切り替えます。成犬に栄養を与えすぎると肥満の原因にもなります。子犬用のフードでは栄養過多になってしまいますので、適切な時期に切り替えるのが重要です。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンはその胴長の体型から椎間板ヘルニアになりやすく、肥満には注意しなくてはいけません。太ってしまうと足腰に負担がかかり、病気のリスクが高くなります。犬種的に太りやすい傾向もあるため、食事の質と量には特に気を配りましょう。

食べさせてはいけないもの

犬が食べてはいけない食べ物ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般
犬は避けたほうがいい食べ物ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんずq

上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

犬に与えてはいけない食べ物!食べてしまった時の対処法もご紹介!

犬という生き物は、いい香りがしたりすると食べ物じゃなくても口に入れてしまいます。 でも、犬には食べさせてはいけない食べ物も存在します。食べてしまうと命の危険もあるので要注意です。 今回は、そんな食べ物を食べてしまった時の対処法も合わせてお話していきます。

https://mofmo.jp/article/19619

また犬が苦手な食べ物として、犬は臭覚が優れているため酸み・辛み・苦みに対する感覚がとても敏感で、においを嫌がります。

  • 柑橘類
  • 酢類
  • スパイス類
  • クセのある葉物野菜

上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。

抜け毛の量

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンはダブルコートの犬種で、短いアンダーコートと長くも短くもないオーバーコートを持っています。オーバーコートは粗く、ヤギの毛にも例えられます。

オーバーコートの質感を生かしたラフな外見は、プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの魅力のひとつだといえるでしょう。

ダブルコートの犬種ではあるものの、抜け毛はさほど多くありません。 週1~2回ブラッシングをして、死毛を取り除いてあげましょう。換毛期には抜け毛の量に応じてブラッシングの回数や時間を増やします。

お風呂の入れ方

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、茂みなどにも平気で入っていく活発な性格ゆえに汚れやすく、室内で飼育するには定期的にお風呂に入れる必要があります。

中型犬のため、人間用のバスタブなどを利用してお風呂に入れることが可能ですが、犬用のバスタブなどがあるとなお便利です。お風呂に入れる前にはブラッシングをして、ある程度汚れを落としつつ毛並みを整えておきます。

シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。
また、子犬のお風呂は初めてのワクチンを接種してからにしましょう。それまでに体が汚れてしまったら、濡れタオルやウエットティッシュで拭くだけにとどめます。

子犬と成犬それぞれのお風呂の入れ方について紹介します。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの子犬のお風呂の入れ方

  1. 怖がらないようおもちゃなどで遊ばせつつ、やさしく声をかけながら、ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。飽きたり怖がったりすると動き回ることがあるため、手早く行います。顔や鼻には水がかからないように注意します。顔は濡れたタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。
  4. 送風口から30cm以上離してドライヤーで乾かします。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの成犬のお風呂の入れ方

  1. ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。顔や鼻には水がかからないように注意し、耳の中にも水が入らないようにしましょう。顔は濡れタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。
  4. 送風口から30cm以上離してドライヤーで乾かします。

最適な散歩時間

もともと猟犬として飼われていたプチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、非常に活発で散歩も大好きです。散歩は1日2回、1回につき30分以上を目安に連れていきましょう。 太りやすい傾向があるため、毎日の運動は重要です。

散歩のときは、足腰に負担をかけないよう、大きな段差や滑りやすい場所は避けます。そのうえで、時々は庭やドッグランなどで自由に遊ばせてあげられる環境が理想的です。

また、嗅覚で獲物を追う猟犬ゆえに、さまざまなにおいをかぐ習性があります。散歩中ににおいを追ってどこかへ行ってしまわないよう、リードから手を離さないよう気を配ることも大切です。

運動不足は肥満のみならずストレスの原因にもなり、性格が攻撃的になったり、猟犬としての本能が出やすくなったりするという弊害があります。

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンのしつけ方法

長いこと猟犬として人間のパートナーを務めてきたプチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、家族に対して愛情深く、しつけはしやすいといえます。 ただし自立心が旺盛なため、しつけが不十分だと自分でやり方を決めてしまいかねません。完全にルールを覚えるまでしっかり教えていきましょう。

前向きでへこたれない性格ですので、叱っても効果が薄いことがあります。トレーニングは短時間で集中して行い、上手にできたときは褒め、おやつなどのごほうびをあげるやり方が効果的です。

トイレのしつけ方

室内で犬を飼うときに重要なのがトイレのしつけです。プチ・バセット・グリフォン・バンデーンの子犬を迎えたらすぐにトイレのしつけをしましょう。しつけの開始時期が遅れると、犬が勝手にトイレの場所を決めてしまい、矯正するのが難しくなってしまいます。トレーニング中に失敗したときは淡々と片づけ、イライラしないのが大切です。

もし、里親制度や保護犬譲渡制度を利用して成犬を引き取るのであれば、子犬以上に根気よくしつける覚悟が必要です。成犬になると排泄回数が減るぶん、トレーニングには時間がかかります。

  1. トイレとして使う場所をケージなどで囲い、ペットシーツをセットする
  2. 犬に落ち着かない様子が見られたら、「トイレ」と声をかけながらトイレに誘導
  3. 成功したらサークルから出し、たくさん褒める
  4. 「褒められてうれしい」という経験を積み重ねていくことで、トイレの場所を覚えさる

無駄吠えのしつけ方法

嗅覚ハウンドに分類されるプチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、嗅覚と吠え声で獲物を追い詰めることを仕事としていました。そのため、どちらかといえば吠えやすい犬種だといえます。 声は太くよく響くため、住宅密集地やマンションでは吠え声が気になるかもしれません。無駄吠えのしつけが必要不可欠であることをふまえたうえで、ある程度は吠えても問題ない環境で飼うべきでしょう。

  1. 吠え始めたら注意深く観察し、なぜ吠えているのかを探る
  2. 玄関のチャイムなど物音を警戒して吠えているのであれば、チャイムの後におやつをあげるなどして喜ばせ、音に対する警戒心を取り除く
  3. 何かを要求しているのであれば、あえて犬の前から姿を消し、吠えなくなってからおやつをあげるなどして「吠えるのをやめるといいことがある」と教える
  4. 人に対して吠えるのであれば、その人からおやつとあげてもらうなどして、安心させる

噛み癖のしつけ方法

猟犬として用いられてきたプチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、猫などの小動物を獲物と間違え、追いかけたり噛んだりする可能性があります。

また、運動不足によるストレス、遊び足りないことによる退屈から攻撃的になり、人などを噛んでしまうこともあり得るでしょう。

歯が生え替わる時期は、しきりにものを噛もうとします。これは乳歯が抜ける前の違和感による行動で、通常は永久歯が生え揃えば落ち着くため問題ありません。 噛んでもいいおもちゃなどを与えましょう。

  1. 「恐怖」「ストレス」「要求」など、噛む原因を探る
  2. 恐怖心から噛むときは、スキンシップを取りつつ怖いと思わせる原因を取り除く
  3. ストレスから噛む場合は、散歩の時間や回数を増やすなど、ストレスの原因を取り除く
  4. 何かを要求して噛むときは無視して犬の前から姿を消すなど、噛むと遊んでもらえないことを教える

待てのしつけ方法

犬の行動をコントロールするための「待て」は、いたずらをやめさせるときなどに役立つしつけです。ドッグランやドッグカフェ、動物病院など、社会性を求められる場所でも効力を発揮します。 プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、地面に残っているにおいを追跡する、猫などの小動物を追いかけるなど、猟犬としての習性を見せることがあります。いざというときに衝動的な行動を制御するためにも、「待て」のしつけは重要です。

「待て」は、「おすわり」や「伏せ」ができることが前提のしつけです。「待て」の前に、「おすわり」「伏せ」のトレーニングをしておきます。

  1. 「おすわり」か「伏せ」をさせる
  2. 「待て」の合図を出し、そのままの姿勢で動かずにいられたら「よし」などの合図と同時におやつをあげる
  3. 「待て」の時間を少しずつ伸ばし、「待て」をするとおやつがもらえることを教える

留守番のしつけ方法

プチ・バセット・グリフォン・バンデーンは、元気で活発な犬種です。留守番の最中に分離不安から暴れたりいたずらをしたりすれば、そのパワフルさゆえに困ったことになりかねません。一方で自立心が旺盛なため、安心して過ごせる場所を用意してきちんとしつければ、上手に留守番できるでしょう。

留守にする前に犬が快適に過ごせるよう夏や冬などはエアコンを効かせ、飲み水をたっぷり用意しておきます。

  1. 室内にケージなどを用意し、犬が安心して過ごせるスペースを作る
  2. おやつなどでケージの中に誘導し、犬が入ったらドアを閉めて柵越しにおやつを与える
  3. 進んでケージに入るようになったらおもちゃを中に入れ、ケージを「安心して過ごせる場所」と認識させる
  4. おもちゃで遊んでいる間にさりげなく出かけ、家の中に人がいない状況を作る
  5. 最初は短い時間から始め、少しずつ留守番の時間を延ばして慣れさせる

保護犬の里親情報をチェック!

shutterstock.com/foster_parent

家族として犬を迎えることを検討されている場合は、「保護犬の里親になる」という選択肢もぜひご検討ください。 新たな飼い主さんのお迎えを待っている子たちがたくさんいます。

中型犬の里親情報を見る
※外部サイトへ移動します。
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (2件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

2 名無しさん
通報

プチバセットグリフォンバンデーンって初めて聞いた名前でした。でも、どこかでこの顔はみたことあるような気がします。性格は、常に興奮状態にいると言われるほど活動的ってちょっとすごいですね、驚くほどの素早い動きみてみたいです。

1 名無しさん
通報

プチバセットグリフォンバンデーンって初めて聞いた名前でした。でも、どこかでこの顔はみたことあるような気がします。性格は、常に興奮状態にいると言われるほど活動的ってちょっとすごいですね、驚くほどの素早い動きみてみたいです。

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー