ビーグルってどんな犬?性格や子犬のしつけと飼い方をすべて公開!

あの人気キャラクター「スヌーピー」のモデルとして知られているビーグル犬。大きな垂れ耳がチャームポイントですよね。ペットとして人気が高まっていますが、しつけには根気のいる犬種です。今回はビーグル独特の性格、特徴、飼い方のヒントを紹介しちゃいます!

ビーグルってどんな犬?性格や子犬のしつけと飼い方をすべて公開!

ビーグル犬ってどんな犬?

イギリス原産 体高33~38㎝ 体重8~14㎏ 寿命12~15歳ウサギ狩りに用いられていたハウンドという種類の犬が起源になっていると考えられています。2種類いたハウンドの小さい方をフランス語の「小さい(ベーグル)」から派生したビーグルと呼ぶようになったと考えられています。嗅覚の優れたハウンドは地面に低くして獲物を追うことができ、しかもハウンド犬の中でも一番小型なビーグルは、足場が悪い場所でかばんに入れて連れていけるので、ハンターからも重宝されていたそうです。 ビーグルはがっちりした身体特徴がありますが、「小さい」と言われているとおり、そんなに大きくはなりません。

現在も優れた嗅覚を武器に、空港などで「検疫探知犬」として働く姿も見られます。 それほど家が広くなくても飼いやすいことから、日本でも家庭犬として根強い人気を誇っていますね。

ビーグル犬の性格って?

ビーグルはスタミナも十分にあり、病気にかかりにくく丈夫なのが特徴の犬種です。日本の気候にも馴染むことができる犬種です。 元々は猟犬でしたから、じっとしているのが苦手です。活発でやんちゃな性格ゆえにやや興奮しやすい面もあります。また、寂しがり屋で甘えん坊な性格なので、留守番は苦手ですが、ペットとたくさん触れ合いたい飼い主さんにはオススメの犬種です。 人懐っこくて、愛情深く、協調性もあり、子どもとも仲良くできるコンパニオンドッグです。

そんなビーグルですが、狩猟で活躍していたというだけあって、とても賢い犬種です。従順で、訓練もしやすいといえるでしょう。 でも、しつけには根気が必要な犬でもあります。教えたことは理解しますが、すぐに結果に結びつくというわけではないので、根気よくしつけをしていくことが大切です。

また、狩猟犬だけあって体格の割に鳴き声がとても大きいビーグル。興奮したり、寂しかったりすると無駄吠えしてしまう傾向があるので、しつけと、精神的な配慮も欠かさないようにしましょう。

ビーグル犬の特徴から考えるしつけと飼い方のコツ5選!

①食いしん坊

嗅覚が優れている分、食べ物に対する執着心も強いです。飼い方としては散歩中の拾い食いや、エサのやりすぎに注意が必要です。食欲旺盛ですから、食欲に応じた運動をさせてやりましょう。 ビーグルに限らず犬は食べ物を丸飲みします。また大きな胃を持っておりなかなか満腹になったと感じません。1日の食事量はあらかじめ適正体重にあわせて用意して子犬なら3~4回、成犬なら2~3回に分けて与えます。食いしん坊であることはしつけが行いやすいのですが、しつけのご褒美に食べ物を与えたときはその分を食事から除きます。 肥満は要注意です。室内を自由にできる飼い方をするときは人間の食べ物を与えないように気をつけましょう。

②大きな垂れ耳

耳が垂れている身体特徴に加え、すぐに興奮しやすいため耳の中が籠りやすいので、外耳炎になりやすい犬種です。耳の掃除をこまめにしてあげましょう。 ビーグルの垂れ耳が食事のときに皿の中に入っていたら要注意です。皿を台の上に乗せるなどの工夫をしましょう。

③マイペース

狙った獲物は最後まで追いかける執念深さを兼ね備えた性格を持っています。そのため、夢中になった時に、呼んできちんと反応するようにしつけることが大切です。迷子になることもあるので、リードを付ける、囲いの中で運動させるなどの配慮が必要です。

④無駄吠え

残念ながら、全犬種中、ビーグルは無駄吠えワーストNO.1 吠えることを仕事としていた犬ですから、しつけるのは困難ですが、あきらめずに、愛情を持ってしつけるなら覚えてくれるはずです。遊びの中で適度に興奮してきたらやめ、別の遊びに誘うなど興奮させすぎない飼い方をすることも有効です。 一人ぼっちになってさみしい時に騒がれると困りますから、根気強くしつけましょう。

⑤いたずら好き

いくつになってもいたずらが大好きで、じっとしていることはありません。いたずらされて困るものは、犬の届かないところに置き、被害を最小限にしましょう。トイレのしつけもかなりの時間がかかるかもしれません。どちらかというとしつけにくい犬です。初心者向けの犬ではありません。

ビーグル犬の性格、特徴から考えるしつけと飼い方のまとめ

愛嬌たっぷりのビーグル犬はいかがでしたか?まさに、スヌーピーですね。大きな心で育ててあげるなら、ビーグルは最高のパートナーになってくれます。飼い方が難しそうって感じましたか? でも、長所と短所は背中合わせ!なんともかわいいではありませんか。ビーグルの性格や特徴を理解し、良いところをいっぱい引き出してあげませんか?

正しくビーグルの性格を知る

初心者に最適な性格

ビーグルはとても友好的な性格で、初心者にも飼いやすい犬種です。また、攻撃性がなく、小さい子どもの扱いも上手いため、家族で可愛がることが出来ます。 しかし、やんちゃであるため、毎日散歩をしっかり行い、一緒に遊んであげることが出来る人でないと、飼うのは難しいかもしれません。 やんちゃであることは、しつけをしなければ大変な思いをすることになってしまうため注意が必要です。出来ることならば、子犬のころからのしつけが望ましいです。

他の犬とケンカをあまりしない

散歩中に、知らない犬と会っても攻撃的な一面を見せません。ドッグラン等でも安心して見守ることが出来そうです。

人への執着心が強い

ビーグルと部屋で一緒にいるとべったりとくっついてくるような、甘えん坊な性格をしています。そのため、留守番が苦手なビーグルが多いです。

ビーグルの性格に合わせたしつけ方法

叱らず、しっかりと褒める

ビーグルに対してしつけを行う場合は、あまり叱らない、褒めるしつけ方法が有効です。人が大好きな性格であるため、人に叱られると自信をなくしてしまいます。そのため、しつけが成功した際には、思い切り褒めてあげることが大事になります。

ビーグルへの叱り方

叱らないしつけと書きましたが、例えば噛んできても「よしよし、大丈夫だよ」となだめるのは良くありません。 噛むと褒められるとビーグルが勘違いしてしまいます。これは子犬でも同様です。 ビーグルの場合、噛んできたらそっぽを向き無視をすることが効果的です。このときビーグルに、無視される原因は自分にあるのだということを認識させることが必要です。 ビーグルに噛まれたら、たとえ遊びに夢中で歯が当たっただけであっても甘噛みであっても、即座に大きな声で「痛い!」と言ってから無視します。 おもちゃで遊んでいたのであれば、おもちゃは黙って片づけます。静かにその場を立ち去ってビーグルだけを部屋に残しておく方法でも構いません。 噛んだら遊びが終わってしまう、人に構ってほしいのに、噛んだら一切無視される、それなら噛まないでおこう。 という認識になります。このときのコツは、噛むのを止めたり、大人しくしているときには褒めてあげるということです。マメに褒めることによって、ビーグルはしつけが楽しくなってくるでしょう。

ビーグルへの叱り方②

ビーグルへの効果的な叱り方の2つ目です。 これは、人間に叱らせるのではなく、物に叱らせます。よく『天罰型のしつけ』と呼ばれるもので何か大きな音が出る物を用意し、ビーグルが悪いことをした際に、ビーグルの死角から近くに向かって投げつけます。 このとき、投げた物をビーグルにぶつけてはいけません。あくまで大きな音で驚かすのです。アルミ製の灰皿を投げるドッグトレーナーが多いのですが、室内であればビー玉を数個入れたペットボトルの方が床や家具を傷つけず回収もしやすいでしょう。 ビーグルは元々は吠えて仕事をしていた犬種なので吠えやすい性質を持っていますが、家庭では玄関のインタホンの音などに激しく吠えるなどの問題行動が指摘されます。 あまり習慣化しないうちにしつけを行うことが必要ですが、吠えているとますます興奮してしまい飼い主の声も耳に入りにくいのでこういった方法が有効です。 ビーグルは悪さをしたら嫌なことが起こる、と判断し迷惑行為をしなくなります。これは叱りにくい人や、ビーグルの子犬に効果的なしつけ方法です。

ビーグルの子犬のしつけ

トイレのしつけは家に迎えた翌日から

ビーグルは室内飼いに適しています。犬は庭に繋いで飼うものだ、という考えの人はそれでも問題はありません。 しかし、いずれにしても排泄は室内でできるようにしつけておく方がよいでしょう。 雨の日や台風の中でもトイレのために散歩に行くというのは大変ですし、シニア犬になったときや万一天災の被害に遭って避難所生活をしなければならなくなったとしてもペットシーツに排泄できると犬も人もストレスが少なくて済みます。 犬を家に迎えたら、その日はとにかくゆっくり休ませてあげることが必要です。 最初の日はペットシーツを数枚広げたスペースに、ここがトイレだよと案内してあげる程度で構いませんが次の日からペットシーツへの排泄を教えて行きましょう。どんなに幼い子犬でもトイレのしつけを開始する時期に早すぎるということはありません。 トイレのしつけの秘訣は、うまくペットシーツの上で排泄させて褒めることです。そんなに都合よくおしっこするの?という疑問にお答えします。 子犬はおしっこを2時間〜最大でも4時間ぐらいしか我慢できません。さらにおしっこが出やすいのは寝起きのとき、うんちが出やすいのは食事の後です。 ペットシーツ専用のホルダーが『犬用トイレ』として販売されていますが、ホルダーは使用してもしなくてもお家の都合にあわせてで構いません。 どちらにしても最初はレギュラーサイズのペットシーツを5〜6枚広げて広いトイレにします。ケージの中やサークルで囲むと子犬も覚えやすいでしょう。 寝起きや食後を中心にトイレのスペースに子犬を入れてあげましょう。また、遊んでいるときに床のニオイを嗅ぎ始めたらおしっこをする場所を探しています。 クルクルと回り始めたらうんちがしたいのです。こういったサインを見逃さずトイレに入れてやれば成功率がぐんと高くなります。

しつけの開始時期は生後半年頃!

ビーグルの子犬のしつけの開始時期は、大体生後6ヶ月頃からスタートします。それまでは一切しつけをしないで良いかというとそうではありませんが、「待て」や人に迷惑をかけない行為のしつけに関しては、これくらいのタイミングで行います。 幼い子犬は落ち着きがなく、一方で疲れやすいので、素敵な名前をつけてあげて、何かにつけて名前を呼んであげることが名前を教えることに繋がります。 犬が自分の名前を覚えて好きになることは、しつけの第一歩です。朝はおはよう、そのほかご飯だよ、遊ぼう、イイコだねなどと名前を呼びながら話しかけてあげましょう。 でも叱るときには名前を言わないようにしてくださいね。叱るというよりも、危険なことは止めさせなければなりませんので、そのようなときは「ダメ!」と言って、子犬が驚いて止めたら「○○ちゃん、イイコだね」と褒めてあげましょう。

ビーグルの子犬に多い無駄吠え

ビーグルは元はハウンドドッグ(猟犬)で使用されていた犬種のため、一切しつけをしないでいると吠える個体が多いです。 もちろん個体差がありますが、子犬の頃に無駄吠えのしつけをしておかないと大体何かあった際に吠える犬になってしまいます。 そのため、子犬が何かを訴えようとして吠えていても、無視を貫きましょう。ケージから出してほしいとき、散歩に行きたいとき、様々なときに子犬は吠えます。それでもすべて無視をします。 一度でも子犬が吠えたことに反応してしまうと、ビーグルは子犬といえども賢いので、吠えると自分の思うとおりになると勘違いしてしまいます。

ビーグルの性格

ビーグルは、とても好奇心が旺盛で活発な犬種です。何かに夢中になると周りが見えないほど集中してしまうので、事故やけがに注意が必要です。

その反面とても寂しがりやの一面もあり、お留守番は意外と苦手です。ビーグルは、しつけを行わないと無駄吠えしやすい犬種ですが、頭がよくしつけしやすいので、特に心配する必要ありません。

活発な性格で、遊び好きなビーグル。散歩したり、じゃれ合ったりを一緒に楽しめる、アグレッシブな人のほうが、ビーグルと暮らすのに向いているでしょう。 また、ビーグルは小型犬の割に体力があるので、1日60分以上の運動が必要。体を動かさないと肥満になったり、精神的にもストレスがたまってしまいます。 散歩に行くのを面倒がらず、ビーグルと一緒に運動するのを楽しめるような、活動的なひとだとさらに飼い主に向いているでしょう。

無駄吠えの原因

ビーグルが無駄吠えしてしまう原因はしつけ不足からくるものが多いです。正しいしつけを行うことで無駄吠えの原因をなくすことが出来、頭のよいビーグルはしっかりとしつけを覚えてくれるので無駄吠えを減らすことが出来ます。 ではどのようなことが原因で、ビーグルは無駄吠えをしてしまうのでしょうか。

興味や警戒

もともと狩猟犬であったビーグルは、警戒心が働くことが原因となって吠えてしまう事があります。興味が原因となってしまう場合もあり、インターホンや他の犬などにも吠えてしまう事があります。

寂しいやかまってほしい

寂しがり屋のビーグルは、孤独感を感じたり、かまってほしい時など、寂しい事が原因で強く吠えてしまう事があります。

しつけ方

原因さえわかれば、それに伴ったしつけを行うだけで無駄吠えが収まります。出来るだけ子犬のうちからしつけてあげることが好ましいですが、忍耐力のある犬種なので成犬になってからのしつけでも効果を期待できます。原因をおさえしつけてあげましょう。

ビーグルを飼育するとき、気をつけることは?

ビーグルはとても活発で、遊び好き。いたずらをするのも大好きなので、あまりエスカレートしないように最初のしつけが大切です。 また寂しがり屋な面もあるので、長時間の留守番には向いていません。一人暮らしの人が飼おうとすると、ビーグルを寂しがらせてしまうことが多いので、できれば複数人の家族の中で暮らす方が、ビーグルにとっても幸せでしょう。 そして、ビーグルは「食に貪欲」という特徴も持っています。肥満にならないように、体調管理にも充分気をつけてあげてくださいね。散歩の際の拾い食いにも注意です!

興味や警戒

興味や警戒が原因の場合には、その対象から気をそらしてあげる方法が効果的です。名前を呼んであげたり、お座りや伏せをさせることにより無駄吠えが収まります。 大声で怒ることは、犬にとって声援に聞こえてしまいますので、逆効果です。会話程度のボリュームでしつけることで効果が表れます。

寂しいやかまってほしい

寂しがり屋のビーグルは、寂しい時や、かまってほしい時にも無駄吠えしてしまうのですが、かまってあげるのはかえって逆効果になってしまい、吠えると遊んでもらえると勘違いしてしまいます。 心苦しいですが、一番効果のあるしつけ方法は無視です。ビーグルは、無視されることをとても嫌がります。無駄吠えが収まったら優しく名前を呼び、たくさん褒めてあげましょう。

主な臭いの原因

体臭

体臭の原因の一つに食事が挙げられます。人間の食べ物を与えると体臭が強くなりやすいのです。 それにビーグルは短毛種ですが、ダブルコートなので被毛が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいのも体臭が強くなる原因です。 実は犬も汗をかきます。我々人間が体にかく汗は、「エクリン腺」という腺から分泌する汗です。たしかに犬はそういった汗はかきませんが、「アポクリン腺」という種類の汗は全身にかきます。 アポクリン腺は人間で言うと脇の下や陰部にあります。いわゆる”ワキガ臭”というやつです。現代の人間ではかなり退化した状態にあり、ほんの少ししか残っていません。 しかし動物はそういった体臭はお互いの識別や性的興奮のために必要で、特にコミュニケーションが重要な犬には欠かせないものです。だから全身に存在しているのです。そしてこのアポクリン腺が臭いの大きな原因となります。 特にビーグルの被毛は油っぽいのが、体臭が強い原因の一つです。

口臭

ビーグルだけに限らず、どの犬だってそうですが歯を磨いておらず、歯に汚れがたまって歯周病などを発症している場合などにも強い臭いを発する原因になります。 さらに人間と同じで、内臓が悪い場合も口臭がキツくなる原因です。 ビーグルはよだれが多いので、口周りのよだれが乾いて臭くなったりもします。そういった汚れが蓄積することが臭いの原因になることもあります。

耳の臭い

体臭の原因は耳の可能性もあります。 ビーグルは垂れ耳です。なので耳の中が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいのです。耳掃除をおろそかにすることが悪臭を放つ原因になります。 耳に関してはビーグルだけに限りません。垂れ耳の犬は耳掃除をしっかり行わないとすぐに臭くなります。そのまま放っておくのは外耳炎などの病気になってしまう原因なので、しっかり手入れしましょう。

臭いの対策

体臭の対策

体臭の対策ですが、ビーグルも他の犬と同じで、人間の食べ物は与えないようにしてください。それだけで多少は改善されるかもしれません。 また、被毛と皮膚の手入れであるブラッシングをやりましょう。それがある程度臭いの対策になります。毎日行ってもいいでしょう。 ブラッシングは全身のマッサージにもなりますから、リンパ腺の活動や血流が活発になって健康にも良いのです。 体臭対策にはやはりシャンプーです。よく「犬のシャンプーは月1」と言われますが、ビーグルの被毛は脂っぽいので回数を増やしましょう。シャンプーの注意としては、肌に優しいシャンプーを使うことです。洗浄力の強すぎるシャンプーは皮脂を過剰に取りすぎて、皮膚病になる可能性があります。皮脂は体臭の原因にもなりますが、これは人間と同じで最低限残しておかないと皮膚の抵抗力が弱まるのです。 シャンプーの種類が体に合わないこともあるので、いろいろ試してみる必要があります。 一番の対策はやはり清潔にすることです。体を拭くときは被毛だけではなく皮膚を拭くようにしてください。

口臭の対策

口臭の対策の一つに、やはりよく拭くことが挙げられます。ビーグルよだれの多い犬種なので顔はこまめに拭いてあげましょう。 もう一つの対策ですが、歯磨きもこまめに行いましょう。もし歯ブラシを使ってやるのが難しいようであれば、清潔なガーゼなどを用いて拭くだけでも大丈夫です。 口周りを常に清潔に保つことが何よりの対策になるかと思います。

耳の臭いの対策

耳の臭いの対策は、耳掃除をするしかありません。 特にビーグルのような垂れ耳の犬は手入れをしないと、臭くなったり病気になり易いので、毎日の拭き取りと、週に1度はしっかり耳の中をふやかして、死毛や汚れを取り除いてください。それが一番の対策です。 耳垢が溜まっている状態で綿棒などで掃除すると、奥に耳垢が押し込まれてしまうだけなので、洗浄クリーナーなどを染み込ませたガーゼなどを使って優しく拭くのもいいと思います。 あまりにも体臭がキツイ場合や、いつもと違う体臭を発しているときは自宅で対策をうってもどうしようもないと思います。動物病院に連れて行ってあげましょう。

ビーグルの抜け毛は多い?

ビーグルは毛が短毛のため、ケアが簡単そうに思えますね。 ですが、ビーグルは実はダブルコートと呼ばれる被毛を持っています。 そのため特別なケアが必要で、特に抜け毛の多い時期には注意が必要です。

犬にはダブルコートとシングルコートの二種類の被毛の生え方があります。 ビーグルが持つダブルコートの被毛は、上下で二段構造になっています。

下に生える被毛が「アンダーコート」と呼ばれます。 「アンダーコート」は細く細かい毛が生えているのが特徴です。 細かい毛が密集して生えているため、体温を保持する機能があります。

上に生える被毛は「オーバーコート」と呼ばれます。 「オーバーコート」は硬く太い毛であることが多いです。 硬い毛で寒さや紫外線から体を守るのです。 ショーに出る犬種の場合、この「オーバーコート」の美しさが大切です。 毛並みを保つためにはブラッシングやトリミングが欠かせません。

このダブルコートを持つビーグルは、抜け毛が多いと言えます。 ダブルコートのビーグルは上記の通り、寒さから体を守るためのはたらきを持っています。 ですがその分、暖かくなりその機能が不要になったときには毛を落とすことで体温調節をする必要があります。 この毛の生え変わり期は「換毛期」と呼ばれます。

特に春、暖かくなり始めて冬毛を落とす時期には大量の毛が抜けるでしょう。 この時期にはダブルコートの用の抜け毛ケアと抜け毛対策とが必要です。

ビーグルの抜け毛ケア

ブラッシングをすると、すでに毛が抜けているのに落ちてこない毛を取り除いてあげることができます。

抜けている毛が他の毛にからまって落ちないでいると、蒸れや細菌繁殖の原因になります。蒸れは皮膚病の原因ともなるため危険です。常に抜け毛を取り除き、風通しのよい状態にしておくことは大切です。

ビーグルの抜け毛ケアのためのブラッシングには、ピンブラシがおすすめです。ピンブラシで定期的に抜け毛を取り除くことで皮膚病を防ぎます。

ビーグルは皮膚病が多い犬種です。ビーグルにブラッシングをすることは、抜け毛ケアだけではなく皮膚病の対策ともなるので有益です。

例えばブラッシングにはマッサージ効果もあります。

ピンブラシのピンの部分で皮膚を刺激することで、皮膚も活性化します。血行が促進されること、皮膚が活性化することで新陳代謝も促されるでしょう。 健康な皮膚状態は、被毛が健康になることも助けます。

ぜひビーグルの皮膚、被毛ともに健康な状態を目指しましょう。

ビーグルの抜け毛対策

ビーグルの抜け毛は細かくストレートなので、取りにくいかもしれません。服やカーペットややはりコロコロでとるのが一番でしょう。

最近は床用のコロコロもあります。短く細かいビーグルの毛を取るならば床用コロコロを使いましょう。

細かい毛が気になるようであれば、エチケットブラシを併用すると良いでしょう。

エチケットブラシで服や布団を軽くなでると、入り込んでいたビーグルの毛がたくさん取れます。エチケットブラシとコロコロを併用する事で、細かい場所にまで入り込んだ毛を取り除くことができるのです。

まとめ

ビーグルは短毛でシングルコートのため、比較的抜け毛が少ない犬種です。家庭犬としても向いていると言えるでしょう。

ですが「換毛期」にはやはり抜け毛のケアや対策が必要です。

そのためには、ビーグルのの毛質にあわせた正しいブラッシングやお掃除の工夫が必要でしょう。また皮膚病予防のためにも、被毛と皮膚のお手入れは欠かせないので覚えておきましょう。

賢いけれど、寂しがりやな一面があるビーグル。遊び好きなところも、一緒に暮らしていて楽しい犬種だと思います!ビーグルのことをよく知って、お互いに理解し合える良きパートナーになってくださいね♪

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 K子
通報

ビーグル犬って本当に可愛いですよね。ずっと飼いたいなって思っています。病気にかかりにくく丈夫な子が多いっていうのが嬉しい点ですね。あんまり病気がちな子だと困りますもんね。可愛いだけじゃなく丈夫で、甘えん坊。賢いから躾もしやすいってはじめて犬を飼う私にはピッタリの犬種ですね。

2 ベーグルリング
通報

アニメなどにも、よくビーグル犬が登場するので小さい頃からとても馴染みがあります。食に貪欲で、拾い食いもしちゃうんですね。お散歩に行く際には、拾い食いに注意が必要ということなので、ちょっとでも目を離すと危ないかもしれませんね。

3 名無しさん
通報

ビーグル犬の可愛らしい性格に惹かれますー。ただ体力があるってことで、1日60分以上の運動が必要となると、そこまで毎日の生活で散歩のために時間が取ってあげれるだろうか…と。。私の家で飼うことにするとなるとちょっと考えてしまいます。でも、その他の部分は、申し分のない魅力でいっぱいですー。

4 モノ
通報

無駄吠えナンバーワンなんて!賢い反面、きちんとしつけないとそうした不名誉なナンバーワンになってしまいますね…。

5 ケン
通報

ビーグルの叱り方やしつけの仕方が詳しく載っていたので実践しやすいと思いました。また、匂いがビーグルはかなりきついので、その対策としてシャンプーや歯ブラシをこまめにするというのも参考になりました。

6 名無しさん
通報

ビーグル犬、可愛いですよねー! 飼ってみたいと思っていましたが、初心者向けの性格でも、無駄吠えとか、いたずら好きとか…ちょっとハードル高そうです… でも、ちゃんとしつければ飼えそうですね。 臭いとか抜け毛も気になるけど、対策通りにしておけば大丈夫そう!この記事、良い面と悪い面、そして対策を細かく書いてくれているから助かります!これを参考にすれば上手に飼えそうです。

7 ころ
通報

ビーグル犬のあの何とも言えない表情がたまらなく好きです。ビーグル犬が寂しがりやさんだとはイメージと違いました。一人で居ることを好むタイプなのかなぁと思っていました。寂しい思いをさせないように、愛情をたくさん注いで育てたいですね。

8 こーん
通報

ビーグル犬は愛らしくてたまりませんね。顔が特徴的なのもありますけど、体が丈夫そうなイメージもあったので記事を見て安心しました。とても参考になる記事でよかったです。もう少し短めにまとめてくれたらもっとよかったかなぁ~でも最高にビーグル犬大好き!

関連するキーワード

関連する記事

    • ビーグルの人気ブログをご紹介!

    • ビーグルの人気ブログをご紹介!

      世界中の犬好きからも人気のあるビーグルは、スヌーピーのモデル犬として有名であり根強い人気のある犬種です。ここでは、可愛いビーグルを飼っている飼い主さんたちがつづっている、人気のシェルティーのブログをご紹介していきます。どのブログもビーグルの魅力がたっぷりと紹介された画像たっぷりの癒し系ブログですよ。

      6101
    • ポメラニアンとマルチーズのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

    • ポメラニアンとマルチーズのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある気に入った部分や特徴をかけ合わせた犬がいたらいいな、と考えている人も多いのではないでしょうか?昨今ミックス犬という純血種の犬をかけ合わせた犬種が登場しておりとても人気があります。ここではポメラニアンとマルチーズのミックス犬についてご紹介していきます。

      コメント

      ポメチーズの写真をもっと見たいです!一枚だけでは少なすぎます。記事を見て見た目や性格などについて知ると、ポメチーズの魅力がすごく伝わりました。事前にポメチーズの注意点を踏まえた上で、責任を持って飼わなくてはならないと改めて思いました。

      9187
    • ポメコギとは?ポメラニアンとコーギーのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

    • ポメコギとは?ポメラニアンとコーギーのミックス犬について。性格や特徴などを解説。

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある気に入った部分や特徴をかけ合わせた犬がいたらいいな、と考えている人も多いのではないでしょうか?昨今ミックス犬という純血種の犬をかけ合わせた犬種が登場しておりとても人気があります。ここではポメラニアンとコーギーのミックス犬についてご紹介していきます。

      コメント

      まさに、2つの種類のいいとこ取りって感じですね!名前もかわいいし、流行りそうですね〜!!

      7799
    • ビーグルの値段は?ブリーダーとペットショップでの選び方、里親の注意点は?

    • ビーグルの値段は?ブリーダーとペットショップでの選び方、里親の注意点は?

      スヌーピーのモデル犬として知られるビーグルは、昨今人気の小型犬に引けを取らないほど根強い人気のある犬種です。ここでは、そんな人気のビーグルを飼うにはどんな子を選んだらよいのか、里親になるにはどんな注意点があるのかをご紹介していきます。購入する際の相場もご紹介しますので、購入検討中の方必見の情報です。

      コメント

      もともとの犬のその犬種の性格や傾向を知ったうえで、ペットショップやブリーダーから買う場合でもその子の親の性格や体格、病気の履歴など聞いておきたいこと知っておくべきことはたくさんありますね。ただ可愛いから買うのでなく、そのようにして事前から情報をしっかり得てから迎えるかどうか考えることは本当に大事だと思いました。

      8456
    • ヨークシャーテリアとチワワの ミックスについて。性格や特徴についてご紹介

    • ヨークシャーテリアとチワワの ミックスについて。性格や特徴についてご紹介

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある気に入った部分や特徴をかけ合わせた犬がいたらいいな、と考えている人も多いのではないでしょうか?昨今ミックス犬という純血種の犬をかけ合わせた犬種が登場しておりとても人気があります。ここではヨークシャーテリアとチワワのミックス犬についてご紹介していきます。

      7156
    • 【スパニエルの犬種】性格や特徴について詳しくご紹介!

    • 【スパニエルの犬種】性格や特徴について詳しくご紹介!

      ◯◯スパニエルという犬種はたくさんありますよね。「スパニエル」とは、スペイン系の猟犬種の総称です。今回はスパニエルの犬種について、それぞれの性格や特徴をご紹介します。

      コメント

      スパニエルってジャックスパニエルしかしらなかったけど、そんなに種類があるんだ~!そしてスパニエルってスペイン系の猟犬種って意味なんだね。こんなに種類がいるとは知らなかったし、パピヨンやペキニーズもそうだとは思いませんでした。

      18560
    • ミックス犬の種類。ポメマルの性格や特徴についてご紹介。

    • ミックス犬の種類。ポメマルの性格や特徴についてご紹介。

      純血の犬たちの性格や容姿など、犬種ごとに様々ある特徴をいいとこ取りできればなんて考えた事はありませんか?それぞれ気に入った部分だけをかけ合わせるなんて夢のようです。しかし、昨今ミックス犬という様々な犬種をかけ合わせた犬が登場しており、話題を呼んでいます。ここではポメマルについてご紹介していきます。

      コメント

      確かに、金銭目的での繁殖が増えている気がします…そのため本当に好きで繁殖させているブリーダーさんんはいい所もたくさんありますが、一方で育てている環境が最悪だったり、無理して繁殖させていたりとあまりいい噂を聞かないところもあるので、本当に信頼できるブリーダーさんから買いたいですね。でなければ、ワンちゃんも飼い主さんも悲しい結果になってしまいますから。

      7811
このまとめのキュレーター

onigiri

主に犬と猫の役立ち記事を書いています! 動物はなんでも大好きで~す。

おすすめコンテンツ

犬の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!