マンションで犬を飼いたい!ペット可のマンションで起こりやすいトラブルとは?

マンションで犬を飼いたい!ペット可のマンションで起こりやすいトラブルとは?

2210
update

ペット可のマンションはペットを飼育している人も多く、動物好きが暮らしていますが、それでもトラブルが起こることがあります。どんなトラブルが起こりやすく、またそのトラブルを予防するためにはどうすればよいのでしょうか?今回はペット可のマンションで快適にペットと暮らすためのマナーについてまとめてみました。

2210
update

ペットがいると、毎日の生活が楽しくなりますよね。おもちゃで遊んだり、寝転んでいる姿を見て癒されたり、家族のように大切な存在です。以前はペット不可のマンションが多く、犬を飼いたくてあきらめていた方もいらっしゃるかもしれませんが、最近はペット可のところも増えているようです。犬と毎日過ごせるのは、嬉しいですよね。

犬を飼うことにした場合、ご近所の方とトラブルなく快適に住むために、配慮するといいポイントがいくつかあります。ペット可のマンションで犬を飼う際の注意点をまとめてみますので、これからマンションで犬を飼う方や、すでにマンションで犬を飼っているという方は、参考にしてみてください。

トラブルになりがちなこと

飼い主の静止を振り切って吠える犬

Jaromir Chalabala/shutterstock.com

ペットが原因でトラブルが起きてしまうと、飼い主としてもちょっとショックですよね。不要なトラブルを避けるために、まずはトラブルになりがちなことを知っておきましょう。トラブルの原因として多いことを挙げてみますね。

吠え声

ペット関係でトラブルが起こる場合、吠え声や鳴き声がトラブルの原因になることが多いです。集合住宅には音に敏感な人、家で仕事をしている人、赤ちゃんのいる家など、いろいろな人が一緒に住んでいます。騒音トラブルは起きやすい問題ですので、特に気を付けておきましょう。

飼い主さんの留守中は不安で吠えてしまう子や、帰宅すると嬉しくて吠えてしまう子もいます。どんな時に吠えるか、吠え声が大きくなるかを観察して、対策をとりましょう。

ニオイ

動物を飼っていると、どうしてもニオイがしてしまいますよね。ずっと一緒に住んでいると、鼻がニオイに慣れてくるので、うちは臭わないと思ってしまいます。ですが、動物のいる家はどこも、「動物のにおいがする」と思っておきましょう。できるだけ家や愛犬を清潔に保ち、ニオイが強くならないよう気を付けておきましょう。

また、犬のペットシーツや汚物が、苦情につながることも多いです。ご近所に臭わせないよう、きちんと処理しましょう。

動物が苦手

ペット可のマンションに住んでいる方は、みんなが犬好きとは限りません。もともとあったマンションがペット可になっている場合もあり、動物が苦手な方も住んでいる可能性があります。小さなお子さんのいるご家庭もあります。

犬を怖いと思う方もいらっしゃいますので、階段などの共用スペースですれ違う際は、リードを短く持つ、犬に壁側を通らせるなど配慮をしましょう。

かじる・汚れ

犬がおもちゃをかじる

Gladskikh Tatiana/shutterstock.com

犬が家具や壁をかじってしまうこともあります。壁や柱にマーキングしてしまうこともあります。賃貸の場合は転居する際に大家さんに返さないといけませんので、かじられていたり汚れていたりすると、余分に費用がかかってしまいます。

噛み癖・かじり癖・マーキングは犬の習性ですので、どの子もしてしまう可能性があります。上手にしつけをして、壁や柱をかじらないこと、マーキングをしてはいけない場所を教えてあげましょう。

ペットを飼っていると、抜け毛問題はどうしても避けられません。こまめに掃除していても、あちこちに毛が落ちているものですし、ニオイのもとにもなってしまいます。お隣さんがアレルギーを持っている方だと、トラブルにもなりがちです。

マンションなど集合住宅でペットを飼う際は、抜け毛の少ない犬種を選ぶか、まめにブラッシングをして抜け毛が多くならないようにするなど、配慮が必要ですね。

トラブルを避けるには

いうことを聞かない犬

TeodorLazarev/shutterstock.com

吠え声対策

犬の吠え声が近所迷惑にならないよう、防音しておくのがおすすめです。新しくできたペット可のマンションの場合、もともと防音対策が取られている物件もあります。吠え声が気になる子の場合は、あらかじめ防音のしっかりした家を選ぶのがいいでしょう。

自分で防音する場合は、防音カーテンを使用すること、防音シートを貼るという対策ができます。厚手の防音カーテンや、工事用の防音シートがとくに効果が高いです。また、ペットを遊ばせる部屋を変えてみるのもありだと思います。お隣さんと離れた部屋で遊ばせるようにすると、少しは吠え声が響きにくくなるかもしれません。

ニオイ対策

ニオイの元になるのは、犬の体臭と汚物です。定期的にシャンプーをしてあげて、体臭が強くならないようにしましょう。もちろん、ニオイ対策のために香料が含まれているシャンプーや洗浄力の高いものを使う必要はありません。それらは犬にとって刺激が強すぎますので、ていねいにシャンプーをしてあげるだけで十分です。

シャンプーの仕方ですが、頻度は、週に1回や2週間に1回など、犬の様子を見ながら調整してあげましょう。犬の場合は、自分のにおいがシャンプーで消えてしまうため、ストレスに感じてしまう子もいます。

とくにお風呂が苦手という子の場合は、シャンプー剤を使わず、ぬるま湯で流してあげるだけでもいいと思います。洗う時にも怖がらないよう注意してあげて、足元から体、顔の順で洗ってあげるのがおすすめです。徐々に慣れさせて、清潔な状態を保たせてあげましょう。

また、場合によっては病気の時に体臭がきつくなることがあります。お腹をこわしていないか、ご飯をいつも通り食べれているかなど、体調を崩していないか様子をみてあげましょう。

さらに、ニオイの元になる汚物ですが、しっかりと蓋がしまるゴミ箱を使いましょう。倒れてもふたが開いてしまわないよう、ストッパー付きのものがおすすめです。

室内のにおいに関しては、犬のにおいの染みついたブランケットやカバーなどを取り換えるという手もあります。長く使っているとどうしてもニオイが染みついてしまいますので、たまに新調するのもおすすめです。空気清浄機を部屋に置いておくのも良いと思います。

抜け毛対策

抜け毛対策

Nomad_Soul/shutterstock.com

抜け毛の多い犬種や、毛足の長い犬種の子は、どうしても部屋の掃除が大変になってしまいますね。あちこちに毛がフワフワと落ちていたり、あっという間に部屋の隅に毛の塊ができてしまうかもしれません。

ある程度しょうがない部分ではありますが、できる対策はしておきましょう。犬を飼っている方が実際にしている対策例として、ブラッシング・シャンプー・トリミング・犬用の服を着せる、という方法があります。

こまめにブラッシングやシャンプーをして、床に落ちる毛を少なくしておきましょう。シャンプーで地肌をきれいに保っておくと、抜け毛を抑えることもできます。どうしても毛が落ちるのが気になる場合、犬用の服を着せるのもありです。秋冬など、暑くない季節は体全体を覆うものを選ぶのもおすすめです。

犬は毛の抜け替わる時期がありますので、その時期はとくにこまめに掃除をしたり、ブラッシングをしてあげましょう。

ペット共生型賃貸に住む

ペットと一緒に住むように作られている、ペット共生型賃貸を利用するのも一つの手です。ペット共生型賃貸とは、あらかじめペットと一緒に住むことを目的として提供されているマンションです。マンション全体の飼育規則が設定されていることが多く、飼育規則を守れる人が賃貸契約をします。ペットの飼い方への意識が高い方が入居されますので、大きなトラブルになるリスクが低くなります。

具体的に確認しておく

ペットと一緒に暮らす

gpointstudio/shutterstock.com

「ペット可」となっているマンションでも、ウサギやハムスターなどの小動物、小型の室内犬のみ、など限定されている場合もあります。中型犬や大型犬でも飼育可能なのか確認しておきましょう。また、大型犬でもきちんとしつけられており、他の人に飛び掛かったり吠えたりしないなど、近所の人に迷惑をかけないと大家さんが判断すれば、飼育可能になることもあります。すでに犬を飼っている方で、引っ越しを考えているという方は、大家さんや不動産と交渉してみてもいいかもしれません。

次のページ問題行動と対策
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー