猫にこんにゃくはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

猫にこんにゃくはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3733
update

与え方や量に気をつけるなら、猫にこんにゃくは与えても大丈夫です。こんにゃくはカロリーも少なく、猫のダイエットに役立つ食品です。また、食物繊維も豊富なので、猫の便秘解消にも役立ちます。この記事では、こんにゃくに含まれる栄養素や、与える際の注意点について詳しく解説します。

3733
update
猫にこんにゃくはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

猫にこんにゃくを与えても問題ない?

ざるの上に乗っているこんにゃく

jreika/shutterstock.com

こんにゃくには、猫にとって害になる物資は含まれていません。むしろ、カリウムや食物繊維など、猫にとって必要な栄養素が含まれているので、猫にもこんにゃくを与えることができます。

猫にこんにゃくを与えても問題ありませんが、積極的に与えなくてもいい食品です。猫にこんにゃくを与える際は、与え方や与える量に注意しましょう。

猫にこんにゃくを与えていい量

毛並みの良い猫

pixabay.com

こんにゃくは消化にあまりよくない食べ物なので、与える量には気をつけなければなりません。また、猫の年齢や体重などでも、猫に与えていいこんにゃくの「適正量」は異なります。

子猫の場合

12ヶ月未満の子猫の場合、消化器官がまだ発達してないので、与えるなら少量の方がいいでしょう。こんにゃくに含まれる食物繊維を取り過ぎると、猫は消化できないので注意が必要です。

また、子猫は噛む力がまだ発達しておらず、こんにゃくのように弾力のある食べ物は喉に詰まらせてしまう危険があります。ゆえに、子猫にこんにゃくを与えるときは、細かくして与えることをオススメします。

成猫の場合

12ヶ月から7歳までの成猫の場合も、こんにゃくの消化を助ける消化酵素を持っていないので、こんにゃくを与える際は少量にとどめた方がいいでしょう。

また、こんにゃくにはカリウムが含まれており、猫が大量に摂取すると高カリウム血症を引き起こすリスクが高くなります。

老猫の場合

7歳以上の老猫の場合、子猫同様、消化器官が弱ってきているので、消化がよくないこんにゃくはあまり与えない方がいいかもしれません。

こんにゃくが好きで、老猫が欲しがる場合は、喉につまらないよう細かく刻んだものを少量与えることができるかもしれません。

猫にこんにゃくを与えることで期待できる効果

器に入っているこんにゃく

Nutria3000/shutterstock.com

こんにゃくはカロリーがほぼなく、食べた時の満足感があるので、肥満気味の猫のおやつとして与えることができます。

また、こんにゃくはカルシウムがとても豊富です。カルシウムは骨や歯を丈夫にしたり、神経や筋肉の動きを円滑にする働きをサポートしてくれます。

さらに、こんにゃくには食物繊維がとても豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境を整えてくれるので、犬の便秘解消に効果があります。

加えて、こんにゃくに含まれるカリウムには、疲労回復の効果を期待することができます。

最近では、ペット用のこんにゃくもおやつとして発売されています。ペット用のものであれば、より一層安心してこんにゃくを猫に与えることができるでしょう。

猫にこんにゃくを与える時の注意点

猫は肉食の動物なので、食物繊維を消化する分解酵素を持っていません。そのため、猫にこんにゃくを大量に与えると、消化不良を起こす危険があります。繰り返しになりますが、猫に与える場合は少量だけにとどめておきましょう。

また、先ほども述べたように、こんにゃくに含まれているカリウムは、少量であれば疲労回復に役立ちますが、大量に摂取すると「高カリウム症」の原因になってしまいます。

さらに、こんにゃくはとても弾力がある食べ物です。猫は噛んで食べる習性があまりないので、大きなサイズでこんにゃくを与えると、喉に詰まらせて窒息してしまう危険があります。必ず細かく刻んで与えるようにしましょう。

こんにゃくは、あくまでも補助食品であり主食にはなりません。キャットフードに混ぜるか、おやつとして少量与えるだけにしてください。

稀に、原材料であるこんにゃく芋にアレルギー反応を示す猫もいます。初めて猫にこんにゃくを与える場合は、少量だけ与え、アレルギー症状が出ないかを確認してください。もし、下痢や嘔吐などアレルギー症状が出たなら、与えるのを中止し、すぐにかかりつけの病院に連絡しましょう。

白滝やこんにゃくゼリーは与えてもいい?

お椀に入っている白滝

Ingrid Balabanova/shutterstock.com

白滝は、基本的な成分がこんにゃくと同じなので、こんにゃくを与える際の注意点を守っていれば、与えても問題はありません。ただし、白滝も消化不良を起こす危険があるので、与える際は少量にしてください。

また、こんにゃくでも白滝でも、猫に与える場合は、味付けされていないものを与えるようにしてください。鍋やすき焼きに入った白滝をおすそ分けしたくなるかもしれませんが、猫にとっては塩分や糖分の過剰摂取になってしまいます。さらに、鍋やすき焼きには、猫にとって有害なネギが入っていることが多いので、中毒症状を起こしかねません。

こんにゃくゼリーには、甘味料が多く含まれています。こんにゃくゼリーを大量に食べると、糖分の取り過ぎで、肥満や糖尿病などを引き起こす可能性があります。また、こんにゃくゼリーは熱で解けないので、しっかり咀嚼する必要があります。しかし、猫の歯には食べた物をすりつぶす力がそこまでありません。そのため、咀嚼がうまくできず、喉に詰まらせ窒息してしまう危険があります。ゆえに、猫にこんにゃくゼリーは与えない方がいいでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー