ローデシアンリッジバックってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ローデシアンリッジバックってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

1355

精悍な顔に均整のとれた体、そしてリッジと呼ばれる背中の逆毛。アフリカで猟犬として活躍していたローデシアンリッジバックは、警察犬や番犬のみならず、その性格や特徴からヨーロッパでは家庭犬としても親しまれています。日本ではあまり聞きなれないローデシアンリッジバックの飼い方やしつけ方をご紹介します。

1355 |

ローデシアンリッジバックって知ってる?

Rhodesian ridgeback puppy.

Osetrik/shutterstock.com

ローデシアンリッジバックという犬はなかなか聞きなれない犬種かもしれません。

ローデシアンリッジバックは南アフリカの原住民ホッテントット族の猟犬リッジバックと、ヨーロッパ人が持ち込んだヨーロッパ原産の猟犬の交配で生まれました。

猟犬としての特徴がありながらも穏やかな性格のローデシアンリッジバック。

その特徴や性格、飼い方やしつけ方をまとめました。

ローデシアンリッジバックの性格は?

性格は温和で飼い主に忠実なため、ヨーロッパでは家庭犬としても人気です。

清潔好きで賢いという特徴があり、肉体的にも丈夫です。

猟犬というと攻撃的な性格のイメージがありますが、獲物を猟師に知らせる役目がメインで積極的に襲う事はありませんでした。

精神的にも落ち着きがあり愛情深い性格なので、子供がいても仲良く接することができます。

また現在も猟犬として人気があり、飼い主に忠実な性格から番犬や警察犬にも向いています。

この記事が気に入ったらシェア♪
3
通報

大型犬で、ワイルドな印象があるから、ちょっと怖いのかもと思ったりもしたけど、性格は怖くなくって温和なんですね。でも、時には攻撃的になってしまう可能性があると聞くと、しっかりとした躾が必要になるなと思いました。

3 ローデシアンリッジバック
通報

ローデシアンリッジバックって見た目からして大人しそうなイメージがありますけど、やっぱり大人しい性格してるんですね。大型犬で性格が温厚となれば日本でも飼いやすいかもしれませんが、運動不足にならないようにドッグランは活用しないとダメですか

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー