犬に玄米はOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬に玄米はOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3093
update

犬に玄米を与えても問題ありません。玄米には体を健康に保つ栄養素がたっぷり含まれているので、犬の健康をサポートする上でも玄米を与えることは大きなメリットとなります。この記事では、玄米に含まれる成分や、犬に与える際の注意点について詳しく紹介します。

3093
update

犬に玄米を与えても問題ない?

炊く前の玄米

perfectlab/shutterstock.com

「玄米」とは、精米する前の状態のお米のことをいいます。玄米には、食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。健康志向が高まっている近年、女性を中心に玄米を食べる人が多くなってきています。

玄米には、犬にとって有害な成分は含まれていないので、犬に玄米を与えても問題ありません。しかし、玄米は消化に悪い食材なので、与え方を間違えると体調不良を起こす可能性があります。そのため、与え方や与える量には注意しなければなりません。

犬に玄米を与えてもいい量

ごはんを食べているゴールデンレトリバー

LightField Studios/shutterstock.com

体の構造上、犬は肉を消化することは得意でも、穀物や食物繊維を消化するのは得意ではありません。そのため、玄米を与え過ぎると、消化不良を起こす可能性があります。栄養豊富な食べ物でも「適量」をきちんと守って与えるようにしましょう。

犬に手作りごはんを与える場合、「肉:野菜:穀物=1:1:1」の割合で与えることが、ペット食育協会で推奨されています。犬の体重や体のサイズ、健康状態によっても与えていい量は異なるので、それぞれの愛犬に合わせて量を調節するようにしてください。では、愛犬に手作り食を食べさせる場合に、与えていい穀物類の量を体重別に見てみましょう。

超小型犬の場合

超小型犬には、体重4kg未満の犬種が含まれます。チワワやトイプードル、ポメラニアン、マルチーズなどが日本では人気です。

体重3kgの成犬の場合、1日に必要な食事量は200gほどです。成犬期の食事回数は1日2回が適正とされているので、1回の食事量は100gほどが目安となります。上記の「肉1:野菜1:穀物1」の基準にあてはめると、1食につき穀物は約33g(1日2回で約66g)が適量となります。

小型犬の場合

体重10kg以下の犬は小型犬に分類されます。例えば、シーズーやミニチュアダックスフンド、ペキニーズ、パグなどがいます。

体重5kgの犬に必要な食事量は1日300gほどです。2回に分けて与えた場合、1回の食事量は大体150gが目安となります。ゆえに、1食につき穀物類は50g(1日2回で100g)が適量です。

中型犬の場合

中型犬とは、体重が25kg以下の犬のことです。中型犬には、アメリカンコッカースパニエルやウィペット、スタンダードシュナウザー、日本スピッツなどを挙げることができます。

体重20kgの犬に手作り食を与える場合、1日850gほどの量の食事が必要です。1回に与える量は425g程度なので、上記の割合を基準にすると、穀物類は約140g(1日2回で約280g)与えていい計算になります。

大型犬の場合

大型犬には、体重25kg以上の犬が含まれます。代表的な犬種に、ゴールデンレトリバーやサモエド、シベリアンハスキー、ドーベルマンなどがいます。

体重40kgの大型犬の場合、1日に必要な食事量は1,450gほどです。2回に分けると、1回あたり725gの量の食事を与える必要があります。その内、与えていい穀物類の量は約241g(1日2回で約482g)です。ただし、個体差があるので、犬に合わせて量を調節するようにしてください。

子犬の場合は注意が必要

子犬は消化器官機能が未発達なので、特に注意が必要です。玄米は消化が良い食材ではないので、子犬に与える場合は、やわらかく炊いたものをフードプロセッサーなどで細かくしてから与えるようにしましょう。

犬に玄米を与えることで期待できる効果

お茶碗に盛られた玄米

DONOT6_STUDIO/shutterstock.com

玄米は「食物繊維」が豊富です。特に不溶性食物繊維が多く含まれているので、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便の排泄を促す効果が期待できます。

また、玄米には「フィチン酸」と呼ばれる成分が含まれています。この成分には抗酸化作用があり、ガン細胞の発生・増殖を抑える効果や、血栓予防効果、デトックス効果などを期待することができます。

さらに、「ビタミンE」が豊富に含まれています。ビタミンEには、血液をサラサラにする働きがあるので、動脈硬化の予防に効果的です。

犬に玄米を与えるときの注意点

普通に炊いた玄米だと、硬くてパサパサしているため、犬にとって消化に良くありません。犬に玄米を食べさせる際は、多めの水でやわらかく煮たり、トロトロのお粥にしたり、フードプロセッサーでペースト状にしたりして、消化しやすいように工夫してあげましょう。

また、先ほども述べたように、犬はお米を消化するのがあまり得意ではありません。玄米は白米よりも消化しにくいと言われています。そのため、一度に大量の玄米を与えると、消化不良を起こす可能性があります。特に普段から下痢をしやすい犬には、与え過ぎないように注意してください。

さらに、犬の中には玄米アレルギーを持っている子もいるので、注意が必要です。犬に初めて玄米を食べさせる場合は、少量からスタートさせましょう。万が一、下痢や嘔吐、皮膚をかゆがる、目が充血するなどのアレルギー症状が現れた場合は、与えるのを中止し、すぐにかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

玄米粉や玄米茶は与えても問題ない?

カップに入っている玄米茶

Anna Hoychuk/shutterstock.com

玄米粉は犬に与えても問題ありません。玄米を粉末にしたものなので、消化もよく、犬の手作りごはんにも利用することができます。犬に与える際は、水分と熱を加えてから与えるようにしてください。

犬に玄米茶は与えてはいけません。なぜなら、玄米茶には玄米の他に、茶葉が含まれているからです。茶葉にはカフェインが含まれているため、犬が飲むと「カフェイン中毒」を起こす危険性があります。ゆえに、少量でも犬に玄米茶は与えないでください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー