犬のトリミングとは?トリミングの意味やメリット、かかる費用など詳しく解説!

犬のトリミングとは?トリミングの意味やメリット、かかる費用など詳しく解説!

2033
update

トリミングは犬の代表的なお手入れ方法の一つです。トリミングをすることで、愛犬の健康を維持できます。しかし、トリミングといっても費用や方法はさまざまです。また、犬種によって頻度も異なります。この記事では、犬のトリミングの頻度や費用について、またセルフカットの注意点について解説します。

2033
update
犬のトリミングとは?トリミングの意味やメリット、かかる費用など詳しく解説!

トリミングとは?

毛をカットしてもらっている犬

Helen Sushitskaya/shutterstock.com

トリミングという言葉には、「不要な部分を切り取ること」「刈りそろえること」という意味があります。そのため、犬のトリミングと聞くと毛を短くカットすることをイメージする人が多いかもしれません。

確かに犬のトリミングには毛のカットが含まれます。しかし、他にも爪切りや肛門絞り、ブラッシング、シャンプー&ドライヤーなどのお手入れ全てがトリミングに含まれています。

犬によっては、それほど毛をカットする必要のない犬種もいます。しかし、基本的にその他のお手入れはすべての犬に必要です。

トリミングの頻度は?

ブラッシングしてもらっているトイプードル

ThamKC/shutterstock.com

トリミングの頻度は、犬の毛質によっても異なります。例えば、チワワや柴犬などダブルコートの犬種の場合、換毛期になると毛の生え変わりが起きるため、ブラッシングをしっかりしていれば頻繁にトリミングをする必要はありません。夏の暑い時期だけカットするなど、飼い主の判断でカットするタイミングを決めることができます。

一方、トイプードルやマルチーズなどシングルコートの犬種は、1年を通して少しずつ生え変わります。そのため、トリミングをせずに放置していると毛が伸びて絡まってしまいます。伸びすぎた毛が原因で転んでケガをしてしまうこともあります。ゆえに、シングルコートの犬種の場合は、月に1回程度を目安にトリミングをしてあげてください。

トリミングにかかる費用は?

お手入れしてもらっている犬

Africa Studio/shutterstock.com

トリミングにかかる費用は、犬の大きさによって料金が異なります。ここでは、トリミングにかかる一般的な費用を犬の大きさごとにご紹介します。トリミングサロンによっても料金が異なるので、詳しくは各サロンにお問い合わせください。

小型犬の場合

小型犬のトリミングはシャンプー込みで3,000円~が、一般的です。爪切りや肛門絞りなどは別料金かかる場合があるので、事前にサロンに確認しておきましょう。また、小型犬でもトイプードルなど特殊な毛の犬はカット代が高く設定されていることが多いようです。サロンに行く前に下調べをしてから予約されることをおすすめします。

中型犬の場合

中型犬の場合、トリミングの料金は5,000円~が、一般的な料金です。サロンによってはシャンプーにも別料金が発生する場合があるので、事前に確認するようにしておきましょう。

中型犬になると料金だけでなく、時間もある程度かかるので、時間に余裕を持って予約することをおすすめします。

大型犬の場合

ゴールデンレトリバーなどの大型犬になると、トリミングの料金も高くなり10,000円を超えることがあります。小型犬や中型犬に比べ費用はかかってしまいますが、愛犬の被毛を健康に保つためにきちんとお手入れしてあげるようにしてください。

また、どの犬種にもいえることですが、サロンによっては1年以内に接種したワクチン証明書や狂犬病予防接種済票の提出が必要な場合があります。それらの証明書の持参が必要かどうかも前もってサロンに確認しておくようにしましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー