「熊犬」ってどんな犬?猟をサポートしてきた熊犬の種類や歴史を詳しく紹介!

「熊犬」ってどんな犬?猟をサポートしてきた熊犬の種類や歴史を詳しく紹介!

3615
update

日本には猟をサポートしてきた犬たちがいます。それらの犬は「熊犬」または「マタギ犬」と呼ばれてきました。古くから日本に存在していた熊犬ですが、その種類や歴史についてはあまり知られていません。そこで今回は、熊犬がどんな犬なのか、その種類や歴史についてご紹介します。

3615
update
「熊犬」ってどんな犬?猟をサポートしてきた熊犬の種類や歴史を詳しく紹介!

熊犬とは?

猟師と犬

pixabay.com

「熊犬」とは、特定の犬種名ではなく、マタギのパートナーとして猟をサポートしてきた日本犬の総称です。別名「マタギ犬」とも呼ばれています。

「マタギ」とは、狩猟をする人のことです。マタギは鹿や熊、猪、ウサギなどの動物を何人かで取り囲み、追い立てながら狩りをしていきます。

熊犬の歴史

日本において熊犬の歴史は古く、平安時代にまでさかのぼるといわれています。古くから猟師と共に生活をし、猟のサポートをしてきました。

大型の動物にも勇敢に立ち向かい、獲物のありかを吠え声で猟師に知らせたり、獲物に噛み付くなどして捕まえることもしました。

他にも、獲物が逃げないように吠えて足止めしたり、猟師が獲物に襲われそうになると猟師を守ることすらあったようです。

しかし、ニホンザルやカモシカが禁猟になったことや、森林の減少、猟犬の噛みつきによる捕獲が鳥獣保護法によって禁止されたことにより、マタギ猟をする人が少なくなり、徐々に熊犬の個体数も減少していきました。

熊犬の祖先を持つ犬種には、秋田犬、会津犬、津軽犬、仙台犬、越路犬、岩手犬、相馬犬、高安犬がいました。しかし、熊犬の数が減少した結果、現在では秋田犬と北海道犬だけだといわれています。

秋田犬ってどんな犬?

秋田犬

pixabay.com

秋田県では昔からマタギ犬を「秋田マタギ犬」と呼んできました。その秋田マタギ犬が、秋田犬の先祖だといわれています。

江戸時代から明治時代にかけて、犬同士で戦わせる「闘犬」が流行すると、秋田犬をさらに闘犬として強くしようとして品種改良がされるようになりました。そのため、純血種の秋田犬が減ってしまいます。

しかし、大正になると純血種の秋田犬を守ろうとする運動が始まります。1931年(昭和6年)には、政府によって日本犬の保存の必要性が認められるようになり、日本犬として初めて秋田犬は「国指定天然記念物」に指定されました。

秋田犬の特徴

秋田犬は、山岳地帯でも走り回ることができるほどの体力があります。

大きさは、オスの場合、体高が64センチ~71センチ、体重は39キロ~59キロです。メスの場合、体高は58~66センチ、体重が27~50キロです。

秋田犬の被毛の毛色は、「赤」「胡麻」「虎」「白」の4種類です。

被毛の構造は、オーバーコートとアンダーコートの二重構造(ダブルコート)になっています。オーバーコートには皮膚を保護する役割があります。アンダーコートの毛は柔らかく、主に体温調節の役割を果たします。秋田犬はこの二重構造の被毛のおかげで、寒い冬でも外で過ごすことができます。

秋田犬の性格は穏やかで、落ち着きがあり、飼い主さんに従順です。一方、猟犬の気質があるため、警戒心が強いところもあります。

北海道犬ってどんな犬?

犬

pixabay.com

北海道犬と聞くと、大手通信会社のCMで「お父さん犬」の役を演じた犬を思い浮かべる方が多いことでしょう。

北海道犬は、鹿や熊などの狩猟犬として北海道の先住民族アイヌ人と一緒に暮らしていました。そのため、別名「アイヌ犬」とも呼ばれています。

1902年に起きた「八甲田雪中行軍遭難事件」において、寒さに強い北海道犬が捜索活動で活躍しました。その頃は、まだアイヌ犬と呼ばれていましたが、1973年に国の天然記念物に指定されたことで「北海道犬」という犬種名になりました。

北海道犬の特徴

北海道犬の大きさは、オスの体高が48.5センチ~51.5センチ、体重は20キロ前後です。メスの体高は、45.5センチ~48.5センチ、体重が15キロ前後です。北海道犬は、がっしりとした筋肉質な体を持っています。

北海道犬は病気になりにくい犬種のため、長生きしやすいともいわれています。

北海道犬の毛の色はバリエーションがあり、「白」「黒」「茶褐色」「虎」「胡麻」「赤」などがあります。秋田犬と同じく北海道犬の被毛もダブルコートです。そのため、極寒な地でも生活することができます。

北海道犬はとても忍耐強く、飼い主さんに従順な性格です。猟犬の気質のため、闘争心が強く、警戒心が強いところもあります。

まとめ

「熊犬」とは、特定の犬種名ではなく、狩猟犬としてマタギ猟をサポートしてきた日本犬の総称のことです。マタギ猟をする人が少なくなったことに伴い、熊犬の個体数も減少してしまいましたが、現在でも北海道犬や秋田犬が熊犬として活躍しています。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (1件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

1 名無しさん
通報

SBの犬は、甲斐犬だと思ったが。

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー