犬は感情が顔に出やすい動物。それには犬の【共感能力】が関係している!

犬は感情が顔に出やすい動物。それには犬の【共感能力】が関係している!

3745
update

愛犬の表情がよく変化すると感じるのは、犬が感情を顔に出し、飼い主さんの気持ちに共感する動物だからです。ということは、飼い主さんが愛犬の表情を読み取れるなら、コミュニケーションが取りやすくなるといえます。この記事では、愛犬の表情から読み取れる気持ちと表情が出やすい犬種をご紹介します。

3745
update

気持ちが顔に表れる人は素直な性格の持ち主であるともいえますが、それは犬にも当てはまります。

もちろん犬にも個体差があり、すべての犬に当てはまる訳ではありませんが、基本的に犬は性格が素直なことが多く、それゆえに感情が表情に出やすいと考えられます。

もし愛犬の表情が良く変化すると感じるなら、それは素直な性格であるといえるでしょう。でも、性格以外にも関係していることがあります。それを今から説明していきます。

犬は飼い主さんの感情に共感する動物

飼い主と顔を合わせる犬

pixabay.com

麻布大学の研究結果により、犬には飼い主さんの感情や気持ちを共感できる能力が備わっていることが分かっています。つまり、犬は飼い主さんの表情を読み取り、その感情が伝染することがあるのです。

たとえば、飼い主さんの表情が豊かで感情が表情に出やすい性格なら、自然と愛犬も感情が表情に出やすくなると考えられます。より素直な性格の犬ならなおのこと、感情が表情に出やすくなるでしょう。

麻布大学「犬は人に共感する能力を有している」
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー