ノーフォークテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ノーフォークテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6843
update

ノーフォークテリアはイギリス原産の小型犬です。 ペットとして人気上昇中の犬種ですが、テリア種の特徴である性格が強く残っているため、しつけに多少手を焼くこともあるとか。 元気で可愛らしいノーフォークテリアと問題なく生活できるように、特徴や性格、飼い方やしつけ方のコツを紹介しますね!

6843
update

ノーフォークテリアの特徴

Norfolk terrier

Niwiko/shutterstock.com

テリアグループに属するノーフォークテリアは、ヨークシャーテリアに次いで小型の犬種です。

可愛い顔と姿をしていますが、狩猟能力に優れていて、どんな天候にも対応することのできるタフな犬でもあります。

そんなノーフォークテリアの外見的特徴、寿命や体型について説明します。

ノーフォークテリアの外見的特徴

小さくてずんぐりとした体ですが、もともとは狩猟犬として活躍しただけあって運動能力がとても高く、筋肉質な体つきをしています。

骨格もがっしりしていて、野性的な雰囲気があります。

垂れた耳が特徴で、手足は短かくチョコチョコと歩く姿はとてもチャーミングです。

被毛はダブルコートで、どんな天候でもへこたれないように上毛はワイヤーのように硬質なのも特徴的です。

ノーフォークテリアの寿命・体型

ノーフォークテリアの平均的な寿命は12歳から15歳と言われています。

テリア犬種の中でも特に気を付ける病気が少ないので、比較的長生きする犬種で、環境や健康に気を付けて飼育すれば15歳以上生きる犬もたくさんいます。

ノーフォークテリアの平均体高はオスが25cm~26cmでメスが24cm~25cmほどで、オスのほうが少し大きいことがわかります。

平均体重はオスが5kg~6kg、メスが4.5kg~5.5kgで小型犬に分類されています。

狩猟能力に優れていて、ネズミやキツネの巣穴にまでもぐりこんでいけるように体が小さいことが特徴です。

体長が体高より少し長く、小さいですが頑丈な骨格で、首も手足も筋肉質で力強い体型をしています。

ノーフォークテリアの歴史

Norfolk Terrier in Gloucestershire scene. UK

undefined/shutterstock.com

ノーフォークテリアの原産はイギリスで、19世紀後半ごろ、ケンブリッジ大学の学生たちが大学の校舎や宿舎などのネズミ駆除を目的に入手した小さなテリアからその歴史は始まります。

このテリアはトランピントンテリアと呼ばれていて、アイリッシュテリアやヨークシャーテリアが祖先ではないかと言われています。

さて、地域のテリア好きがこのトランピントンテリアをベースに繁殖をはじめ、ペドリントンテリアなどを交配すると褐色で背中が赤茶色のテリアが誕生しました。

1912年にファーガソン氏によって作出された「ブローニー」はとても評価の高いメス犬で、その後に作出されたノーフォークテリアとノーリッチテリアのルーツになりました。

同じ血統のノーリッチテリアから垂れ耳と立ち耳の2種類の犬が生まれ、垂れ耳をノーフォークテリアとして確立していきました。

小型で頑丈な狩猟犬を作ることを目的に作出されたノーフォークテリアは狩猟能力がとても高く、ネズミだけでなくキツネを相手にしても勇敢に立ち向かっていきました。

ネズミ、キツネ、アナグマなどの巣穴に入り込み、獲物を執拗に追い込む姿から「原野の小悪魔」とも言われるほどでした。

このトランピントンテリアは基礎が確立されると、「ノーリッチテリア」として1932年にイギリスケンネルクラブに公認されました。

このころは立ち耳と垂れ耳の両方が混同していましたが、立ち耳を好むブリーダーが多かったため、垂れ耳の個体数はどんどんと減っていくことになりました。

第二次世界大戦の頃には絶滅しかけた垂れ耳タイプの個体ですが、戦後にドッグショーが開かれるようになると、垂れ耳タイプの個体を愛するブリーダーたちによって繁殖が行われるようになりました。

改めて垂れ耳タイプの個体を別の犬種として認定するようにという働きかけが行われ、その結果1964年に立ち耳タイプのほうはノーリッチテリア、垂れ耳タイプのほうはノーフォークテリアとして登録されることになりました。

20世紀中ごろにはアメリカにも輸入されるようになり、1979年にアメリカケネルクラブでも耳の形状によってノーリッチテリアとノーフォークテリアに分けて認定されることになりました。

原産国のイギリスでは今でも家庭犬としてではなく、狩猟犬としてのテリア気質を活かした繁殖が続けられています。

日本では同じタイプのヨークシャーテリアのほうが愛玩犬として人気がありますが、ノーフォークテリアも犬好きの間で密かに人気を誇っています。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報
1

むき出しって言うほど出てる?ちょっと口が空いてるだけのような気がしますけどね。

写真ってその瞬間を切り取ってるので、動きの中で判断するべきだと思いますよ。

それはさておき、ノーフォークテリアって長毛種特有の雰囲気があっていいですね

1 バレンタイン
通報

ここに載ってる写真怖いですね、、。歯をむき出しにしてる?っていうか。お顔は可愛らしいのに、そういう表情をすると怖い。少々気が強い性格っていうのを読んで、あの表情もなんか納得してしまいました。自分にも怖い顔をされたらどうしよう、、

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー