あなたは大丈夫?ペットロス症候群に陥りやすい傾向と症状

あなたは大丈夫?ペットロス症候群に陥りやすい傾向と症状

1589
update

大好きな家族の一員でもあるペットが亡くなってしまうことは、本当に悲しい出来事です。その悲しみは時に飼い主の感情、健康をもむしばみます。ではどのようにその感情から立ち直ることができるでしょうか?ペットロス症候群について見てみましょう。

1589
update

ペットロス症候群とは

www.flickr.com

最近よく耳にする言葉の一つに「ペットロス」があります。ではペットロス症候群とは何でしょうか?ペットロス症候群とはペットを失った悲しみから起こる様々な症状のことを言います。 ペットを失ったショックから立ち直れず、強い精神的ダメージを受けてしまい、日常生活にも支障を起こす症状がでることがあります。ではペットロス症候群になるとどんな症状が出るのでしょうか?

ペットロス症候群の症状とは?

ペットロス症候群になると、個人差はありますが様々な症状が出てきます。

主な症状は、深い悲しみ、ペットを思い出してなく、眠れなくなる、過食や食欲がなくなる、胸や胃が痛くなる、疲れやすい、何をしても楽しくない等です。

このように愛するペットを失ったストレスから精神的バランスが崩れ、体にも異変が現れたりします。

もちろん、長年一緒に暮らしてきたペットがいなくなるのは、悲しいことで普通の感情なのですが、日常生活に支障をきたすほどの症状がでる場合は「ペットロス症候群」と言っていいでしょう。

ではどんな人がペットロス症候群になりやすい傾向を持っているのでしょうか?

ペットロス症候群になりやすい傾向の人は?

ペットを家族以上に大切に思っている人、自分の子どものようにかわいがっている人、周りに自分の悲しみを理解してくれる人がいない人、ペットに対してもっとできることがあったのではないか?と後悔しているような人などがペットロス症候群になりやすい傾向にあるといわれています。

このような人はペットを失った後、上に挙げたような症状が現れやすい傾向にあります。ではペットロス症候群を克服する方法はあるのでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

なりやすい/なりにくいとかあるんですね。大切にしていたペットを亡くしたら誰でもなるものだと思っていたんですが、中でも生活に影響を与えるくらい落ち込んでしまうと問題ですね。家族が亡くなっても、残された人は生きて行かなければいけませんから。

2 名無しさん
通報

ペットロス症候群になってかなり苦労しました。今は多頭飼いしています。1匹だけを深く愛しすぎてしまうと耐えられないので。それでも別れはつらいですけどね。。。。大好きになればなるほど失うのはつらいですね。。。。

2 名無しさん
通報

自分も飼い犬を病気で亡くしたことがあって、その時は1年ぐらいは思い出しては泣いてましたね。家族と同じように生活していたので、本当に生活の一部が失われた感はありました。1年ぐらいしてからようやく立ち直れたって感じでしょうか。幼い時から一緒だとダメですね

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー