アイリッシュウォータースパニエルってどんな犬?性格や特徴、しつけ方について解説!

アイリッシュウォータースパニエルってどんな犬?性格や特徴、しつけ方について解説!

5138
update

大型のアイリッシュウォータースパニエルは、水の中でもなんのその!水鳥の狩猟で活躍する犬種です。クルクルとした巻き毛はスタンダードプードルにも似ていて、とても特徴的なルックスをしています。そんなアイリッシュウォータースパニエルの特徴や性格、飼い方やしつけ方のコツについて説明します。

5138
update

アイリッシュウォータースパニエルの特徴

Typical Irish Water Spaniel in the spring garden

Capture Light/shutterstock.com

アイリッシュウォータースパニエルは、アイルランド原産の猟犬です。

7~8世紀にヨーロッパで、水の中に落ちた矢を拾ってくるよう訓練されたと考えれているのでこの名前がついています。

アイリッシュウォータースパニエルの体型や外見的特徴、寿命などについて説明します。

アイリッシュウォータースパニエルの体型や外見的特徴

アイリッシュウォータースパニエルの特徴は、中型犬と大型犬の中間の体格をしています。

平均的な体高はオスが55cm~59cmでメスが52.5cm~56cmです。

平均的な体重はオスが25kg~27.5kgでメスが20.5kg~26.5kgです。

体高が高く、細長い体型の中型犬で最も古いスパニエルの系統と言われています。

カールした巻き毛はどことなくプードルを大型にした感じもありますね。

またカーリーコーテッドレトリバーにも似ていると言われ、いずれかの犬種の混血ではないかと考えられるものの近縁であるとの証拠はありません。 アイリッシュウォータースパニエルの毛は、耐水性のある分厚くて硬い質の被毛です。

モコモコしていて、さほど毛は抜けません。

その為、アレルギーを持っている方にはおすすめの犬種です。

昔もまた現代でも、犬種名のとおり水中での仕事が得意としています。

水鳥のハンティングの場で活躍しています。

その反面、独特の被毛が草や枝に絡むので、狩猟には不向きとされることもあります。

尻尾はさらに特徴的な形状で、他の犬種ではまず似たようなものがありません。

尾が真っすぐに先端に向かってのびていますが、付け根は太くてカール状の毛で覆われて、先端に向かう途中の部分から毛がなく、つるつるになり細くなっているという特徴があります。

まるでネズミのような尻尾をしているので「ラットテール」と呼ばれています。

足の指に水かき状の皮膜があるのと、このラットテールが水中で舵の役割を果たすため、水中の作業が得意です。

大きな耳は垂れ耳で豊かな飾り毛に覆われています。

アイリッシュウォータースパニエルの寿命

アイリッシュウォータースパニエルの寿命は10歳から12歳くらいとされています。

アメリカンケネルクラブ(AKC)では12歳から13歳くらいとされています。

これはあくまで平均寿命で、寿命は個体差や飼育環境によって短くもなれば長くもなります。

できるだけ健康管理に気を付ければ平均寿命よりも長く生きることができるでしょう。

アイリッシュウォータースパニエルの歴史

Irish Water Spaniel in Water

Eppersimons/shutterstock.com

アイリッシュウォータースパニエルの歴史は古くて、7~8世紀ごろに生まれたとされています。

ローマ時代の遺跡にアイリッシュウォータースパニエルに似た犬の彫刻が発見されたと言われています。

泳ぎが得意な猟犬がポルトガルからスペインを経由してアイルランドに上陸したとされています。

この犬種の基礎が築かれたのは1800年代で、サウスカントリーウォータースパニエルとノースカントリーウォータースパニエルが掛け合わされました。

サウスカントリーウォータースパニエルには単色のレバー、長い耳、豊かな被毛、短い巻き毛といった特徴があります。

そしてノースカントリーウォータースパニエルには短い耳と少ない被毛、レバー色に白のマーク、そして巻き毛といった特徴があります。

ポインターやセッターとしても優秀な猟犬ですが、泳ぎ上手な特徴を生かしたリトリバー(回収犬)としての能力に秀でています。

ダブリン出身のジャスティン・マッカーシーという人が1830年代にアイリッシュウォータースパニエルの洗練に一役買いました。

彼の有名な「Boatswain(ボーツワイン)」という名の犬が多くの子孫を残しました。

1800年代後半になるとイギリスやアメリカでドッグショーに登場するようになり、1859年にはイギリスで、1884年にアメリカンケネルクラブ(AKC)で公認され、1890年にはアイリッシュウォータースパニエルクラブが設立されました。

一般的に飼われるようになったアイリッシュウォータースパニエルは、1875年にアイルランドで3番目に人気のあるスポーティングドッグになりました。

その後、短毛で手入れが簡単なラブラドールレトリバーに人気の座を奪われることになりました。

現在ではアメリカンケネルクラブ(AKC)の人気ランキングで194犬種中150位となっており、非常に希少な犬種になっています。

日本では見ることのない犬種で、もし入手を考えているのなら輸入という方法になりそうです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

一瞬プードルかと思った!水中が得意なわんちゃんなんているんですね!初めて知りました。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー