ホワイトスイスシェパードってどんな犬?性格から寿命、飼い方まで知ろう。

真っ白な被毛とスラッとした体型の白いシェパード、憧れる方も多いと思います。この白いシェパードは日本で正式に犬種として認められているのは「ホワイトスイスシェパード」が正式名称で比較的新しい犬種です。この「ホワイトスイスシェパード」とはどんな犬なのでしょうか?性格、寿命、飼い方を解説します。

ホワイトスイスシェパードってどんな犬?性格から寿命、飼い方まで知ろう。

ホワイトスイスシェパードってどんな犬?

ホワイトスイスシェパードは、古くから活躍していた狩猟犬などとは違い、犬種の歴史の中では比較的新しい部類に入る犬です。このホワイトスイスシェパード誕生には、犬の誕生としても珍しい足跡を辿っているので、まずその足跡を見ていきましょう。

ホワイトスイスシェパード誕生秘話

ホワイトスイスシェパードは、犬名にスイスの名前がつく通りスイスで作られた新しい犬種です。ホワイトスイスシェパードの祖先は、警察犬などで知られるジャーマンシェパードです。このジャーマンシェパードの中に、白い被毛の因子を持つ個体があり、繁殖の家庭で白い被毛の犬が産まれていました。しかし当時、ジャーマンシェパードに白の被毛は認められなかったため、白い仔犬が産まれた場合には淘汰されていたのです。 そんな事態を憂慮した、アメリカやカナダのブリーダーが白い仔犬だけを集め、毛色を白く固定して作出し生まれたのが「アメリカンカナディアンホワイトシェパード」で、それがスイスに持ち込まれ、より白く、穏やかな性格、ジャーマンシェパードの持つ足腰の欠点を改良されたのがホワイトスイスシェパードなのです。 ジャーマンシェパードはとても魅力ある犬種ですが、遺伝的疾患にかかりやすいことやシニア期に下半身マヒを起こすおそれが非常に高いという欠点があります。また大型犬によくある股関節形成不全という股関節がゆるみやすくなる疾患が1歳未満の子犬期に発症しやすいことも例外ではありません。ホワイトスイスシェパードはこういったリスクを軽減したことが身体的特徴の1つです。 また精神的特徴としてジャーマンシェパードよりも柔和な性格に改良されています。

ホワイトスイスシェパードはどんな性格なの?

もともとは軍用犬として作られたジャーマンシェパードと同じですから性格も似ています。訓練性も高く頭の回転が早いのが特徴で、友好的で忠誠心が高い性格と言えます。また、ジャーマンシェパードの持つ攻撃性を抑制して作られているため、穏やかで優しい性格で家庭犬に向いています。 子犬のときからかなり体格のいいホワイトスイスシェパードですが、甘えん坊な性格で家庭犬として迎えるとかまって欲しくて鼻鳴きをしますがかなり大きな声で驚いてしまいます。優しくなだめひとり(一匹)でも落ち着いて過ごせるようしつけて行くことが必要です。 ただ、頭が良いいので、どんなに温和な性格だと言ってもそこはしっかりと主従関係を作れるしつけが必要です。しかし、まだ犬種として固定されてからあまり時間がたっていないため、個体差があります。全てのホワイトスイスシェパードが、陽気で友好的な性格とは限らないのも事実です。

ホワイトスイスシェパードの寿命を知りたい

その希少性から人気が出つつあるホワイトスイスシェパードの寿命は何年ぐらいなのでしょうか?ジャーマンシェパードと同じ大型犬ですが、足腰を改良されているため、体高がジャーマンシェパードよりも高いのが特徴です。ホワイトスイスシェパードはジャーマンシェパードの遺伝疾患を改善され作出されたと言われていますが,やはり大型犬のため寿命は10~12年と考えて良いでしょう。

ホワイトスイスシェパードの飼い方は?

ホワイトスイスシェパードは、ジャーマンシェパードから作られた犬種ですから資質も似ています。そのため、飼い方もそんなに難しい訳ではありません。訓練性が高いので、しつけは入りやすいと言われていますが、飼い方の基本としてリーダーをハッキリわからせることが大切です。訓練性の高い犬種ほど、リーダーの存在を重視します。 飼い方として、飼い主がきちんとリーダーシップをとれていないことを、ホワイトスイスシェパードが感じてしまうと、不安になり言うことを聞かなくなってしまうので注意しましょう。

ホワイトスイスシェパードの飼い方のコツとは?

しつけの行き届いたホワイトスイスシェパードは、本当に素晴らしい犬種です。カラダも大きく、運動性能が高いホワイトスイスシェパードは運動することが大好きです。飼い方のコツとして、訓練性能の高いところを伸ばし、飼い主も一緒に楽しめるアジリティやドッグスポーツ、また災害救助犬としての資質も備えていることから探知ゲームなどを日常の遊びに取り入れてみましょう。

室内飼いできる大型犬のホワイトスイスシェパード

性格が良く、頭が良いホワイトスイスシェパードなので、大型犬ですが室内で飼うことも可能です。その場合は、しつけをきちんとし散歩の時間を十分にとってあげるようにしましょう。軍用犬、警察犬として繁殖されてきたジャーマンシェパードの賢さ、我慢強さを引き継いでいるので、他の大型犬よりストレスをためにくいと言われていますが、十分な運動は必要です。

まとめ

日本では、まだまだ認知度の低いホワイトスイスシェパードですが、その美しい容姿、訓練性の高さ、友好的な性格からヨーロッパでは人気犬種となりはじめています。現在JKCに犬種として認められているのはホワイトスイスシェパードのみで、アメリカンカナディアンホワイトシェパードは「一般社団法人日本ホワイトシェパード協会」というところで登録されています。 アメリカンカナディアンホワイトシェパードよりさらに温和と言われるホワイトスイスシェパードは、一度は触れてみたい犬種です。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連する記事

このまとめのキュレーター

andymama

20歳を目指す13歳と4歳のゴールデンレトリバーと暮らすホリスティックケアカウンセラーです。犬たちの健康に関する情報をお届けします。