イタリアン・ポインティング・ドッグの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

イタリアン・ポインティング・ドッグの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

2938
update

イタリアン・ポインティング・ドッグの性格や飼い方や歴史についてご説明します。

2938
update
The head of an italian bracco, the typical pointing italian dog

Fishermanittiologico/shutterstock.com

名称:イタリアン・ポインティング・ドッグ 性格:粘り強く理解力があり、飼い主に従順 寿命:10~14歳 体重:25~40kg 体高:55~67cm 毛色:ホワイト、ホワイト&オレンジ、ホワイト&チェスナット 値段相場:希少犬種のためペットショップでの取扱いはほとんどなし、ブリーダー50万円~(輸入)

イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG
イタリアン・ポインティング・ドッグ ITALIAN POINTING DOG

イタリアン・ポインティング・ドッグの性格

日本国内で犬籍の登録や血統書の発行などを行っているジャパンケネルクラブ(JKC)によると、イタリアン・ポインティング・ドッグはイタリア原産の猟犬です。

ポイント(獲物を見つけて合図する)のみならずハント(狩り)、リトリーブ(獲物の回収)までマルチにこなす優秀な猟犬であるものの、狩りから離れればやさしく温厚で、家族のそばで過ごすことが大好きです。

飼い主に忠実なのはもちろんのこと、見知らぬ人にも比較的友好的で、番犬にはあまり向いていません。

外見はたくましく、筋肉質な体つきで力強さを感じさせます。目の下のチズリング(頬の肉付きが薄くすっきりしていること)が好ましいとされ、犬種としての特徴にもなっています。

イタリアン・ポインティング・ドッグの平均寿命

イタリアン・ポインティング・ドッグは大型犬で、平均寿命は10~14年です。寿命が短めの大型犬の中では比較的長寿であるといえるでしょう。

イタリアン・ポインティング・ドッグの平均体重

イタリアン・ポインティング・ドッグの体重は、ジャパンケネルクラブにおいて25kgから40kgの間でサイズに準ずるとされています。この範囲内で体高に見合った体重をキープすることが理想的だといえるでしょう。

イタリアン・ポインティング・ドッグの平均体高

イタリアン・ポインティング・ドッグの体高は、ジャパンケネルクラブにおいてオスは58~67cm、メスは55~62cmが好ましいとされています。平均値としては60cm前後でしょう。

イタリアン・ポインティング・ドッグの毛色(カラー)

イタリアン・ポインティング・ドッグのカラーは、ホワイトの単色もしくはホワイトにオレンジやチェスナットの斑があるものです。

顔のマスクは左右対称であることが好ましいとされていますが、マスクがないものも許容されています。

ホワイト&オレンジ
Bracco italiano standing seen from the side looking away waging its tail isolated on a white background

MirasWonderland/shutterstock.com

ホワイト&チェスナット
The head of an italian bracco, the typical pointing italian dog

Fishermanittiologico/shutterstock.com

  • ホワイト
  • ホワイト&オレンジ
  • ホワイト&チェスナット

イタリアン・ポインティング・ドッグが成犬になるまでの期間

イタリアン・ポインティング・ドッグは大型犬ですので、成犬になるまでに時間がかかります。15~28カ月ほどは成長期が続くでしょう。

※成犬とは身体的な成長が止まることです。

イタリアン・ポインティング・ドッグの鳴き声

イタリアン・ポインティング・ドッグは、さほど吠えやすい犬種ではありません。 しっかりとトレーニングをすれば、家の中で静かに過ごさせることができるでしょう。 吠え声はどちらかといえば低めです。

イタリアン・ポインティング・ドッグがかかりやすい病気

病名時期や症状治療費
肘関節形成不全肘関節の3本の骨のうち、1本もしくは2に異常が起こる病気。大型・超大型犬に多い。治療法により異なる
股関節形成不全股関節が変形し、歩行に異常が見られる。遺伝が多い。約40万
胃捻転胃の中にガスがたまったり、食後に運動したりすることで胃がねじれてしまう病気。10~30万円
眼瞼内反症まぶたが内側に巻き込まれる病気で、炎症の原因にもなる。3千円~、外科手術を行う場合は10万円~

※症状や病院によって金額は変わってきますので、かかりつけの動物病院で確認してください。

イタリアン・ポインティング・ドッグは、暑さや寒さにある程度の耐性があります。しかし夏は酷暑となる日本で飼うのであれば、熱中症にならないよう気をつけなくてはいけません。

犬は気温が22~23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 夏期には昼も夜もエアコンをつけ、快適な室温と湿度を保ちます。

イタリアン・ポインティング・ドッグの体臭

イタリアン・ポインティング・ドッグの被毛は汚れたとしても手入れがしやすく、臭いはつきにくいといえます。 ただし皮膚がたるんでいる部分のシワには汚れがたまりやすく、そこから臭うこともあります。手入れをする際はシワの間までケアしてあげましょう。 また、垂れ耳の犬種ですので、耳の臭い防止のためのケアも大切です。

イタリアン・ポインティング・ドッグの飼い方

運動量はかなり多く、ビルに囲まれた都会の道路を散歩させるだけで満足させるのは難しい犬種です。 毎日の散歩は必須で、ジョギングなどを取り入れるとなると飼い主の側にも相当な体力が求められます。

運動もただ歩くだけではなく、ドッグスポーツに取り組んだり、狩猟の好奇心を満たしてあげれる運動など、肉体的にも精神的にも満足させてあげるといいでしょう。 できれば日常的に、自然の中で過ごさせてあげられる環境で飼うのが望ましい犬種です。

また大型犬であることから、病気や高齢になり動けなくなってしまった時のことを考えると、その際の移動は車になるでしょうから、車を所有していないと飼うのは難しいといえます。

ドッグフードの量・回数

基本的に成長に合わせた総合栄養食を、記載量の通りに与えていれば問題ありません。

フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的には1日2回で問題ありません。

イタリアン・ポインティング・ドッグは胃捻転になりやすい犬種のため、一度にたくさん食べさせない、食べてすぐは運動させないといった日ごろの対策が重要です。

食べさせてはいけないもの

犬が食べてはいけない食べ物ネギ類全般(にんにく・ニラ・玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般
犬は避けたほうがいい食べ物ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず

上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

  • 柑橘類
  • 酢類
  • スパイス類
  • クセのある葉物野菜

また犬が苦手な食べ物として、犬は臭覚が優れているため酸み・辛み・苦みに対する感覚がとても敏感で、においを嫌がります。

  • 柑橘類
  • 酢類
  • スパイス類
  • クセのある葉物野菜

上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。

抜け毛の量

イタリアン・ポインティング・ドッグの被毛は短く光沢があり、綿密に生えています。抜け毛は標準的で多くも少なくもありません。

手入れは簡単で、通常は週に1~2回ほど、ラバーブラシなどでブラッシングしてあげましょう。 手袋状のグルーミングミットも役に立ちます。汚れが目立つときは固く絞った濡れタオルで拭いてあげましょう。

お風呂の入れ方

大型犬のため、日本の一般的なサイズのバスルームでは手狭なこともあります。 そんなときは庭などの屋外で洗えるようにしておくといいでしょう。

お風呂に入れる前にはブラッシングをして、ある程度汚れを落としつつ毛並みを整えておきます。

シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。

また、子犬のお風呂は初めてのワクチンを接種してからにしましょう。それまでに体が汚れてしまったら、濡れタオルやウエットティッシュで拭くだけにとどめます。

イタリアン・ポインティング・ドッグの子犬のお風呂の入れ方

  1. 怖がらないようおもちゃなどで遊ばせつつ、やさしく声をかけながら、ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。飽きたり怖がったりすると動き回ることがあるため、手早く行います。顔や鼻には水がかからないように注意します。顔は濡れたタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。
  4. 送風口から30cm以上離してドライヤーで乾かします。

イタリアン・ポインティング・ドッグの成犬のお風呂の入れ方

  1. ぬるま湯でお尻のほうから濡らしていきます。
  2. シャンプーを泡立てて洗っていきます。顔や鼻には水がかからないように注意し、耳の中にも水が入らないようにしましょう。顔は濡れタオルなどで拭くにとどめるか、最後に洗います。
  3. 洗い終わったら泡をきれいに流し、しっかりとタオルドライします。
  4. 送風口から30cm以上離してドライヤーで乾かします。

最適な散歩時間

イタリアン・ポインティング・ドッグは猟犬ですので、必要な運動量は多く、毎日の散歩を欠かすことはできません。散歩は1日2回、ジョギングなら30分、散歩なら1時間など運動の内容に応じた時間をかけてあげましょう。

また、時々は自然の中へ連れ出すと喜びます。精神的な満足のために、おもちゃを使った知的な遊びも取り入れてあげましょう。 運動不足はストレスや肥満の原因となり、犬の心身の健康にとってよくありません。

イタリアン・ポインティング・ドッグのしつけ方法

イタリアン・ポインティング・ドッグは理解力があり、飼い主に従順な犬種ですのでしつけはしやすいといえます。温厚な性格ではあるものの、もともとはタフな猟犬ですので、子犬のうちから訓練を繰り返して制御できるようにしつけましょう。

しつけのためには、飼い主と犬との信頼関係が重要です。人間がリーダーだと教えるために、感情的にならず毅然とした態度で接し、日常的に正しいコミュニケーションをとりましょう。 トレーニング中に失敗したとしても、叩いたり頭ごなしに叱ったりするのはもってのほかです。人間の子どもと同じように上手にできたときは愛情を注いで褒め、ルールを覚えさせていきましょう。

大型犬は何かあってからでは遅いので、大型犬を得意とするしつけ教室へ預けたり、プロの手を借りたりするとよいでしょう。

トイレのしつけ方

室内で犬を飼うときに重要なのがトイレのしつけです。イタリアン・ポインティング・ドッグの子犬を迎えたらすぐにトイレのしつけをしましょう。しつけの開始時期が遅れると、犬が勝手にトイレの場所を決めてしまい、矯正するのが難しくなってしまいます。トレーニング中に失敗したときは淡々と片づけ、イライラしないのが大切です。

もし、里親制度や保護犬譲渡制度を利用して成犬を引き取るのであれば、子犬以上に根気よくしつける覚悟が必要です。成犬になると排泄回数が減るぶん、トレーニングには時間がかかります。ただし日本国内にはほとんどいない希少犬種ですので、成犬を迎える機会はないかもしれません。

  1. 身体の大きさに合ったトイレトレーをケージ内に設置します。トイレを覚えるまではケージ内に他の物を置かないようにすると良いでしょう。
  2. 起きた後や食後は排泄のタイミングです。うろうろしたり床のニオイを嗅いだりし始めたら、やさしくトイレに誘導してあげましょう。
  3. 上手にトイレができたら思いっきり褒めてあげることも大切です。トイレが済んだらケージから出してあげましょう。

無駄吠えのしつけ方法

イタリアン・ポインティング・ドッグは狩猟のとき以外は穏やかです。

むやみに吠えることは少ないものの、吠えやすい犬になってしまうと、体が大きいぶん周囲を怖がらせ孤立してしまいかねません。 無駄吠えの傾向があるときは、クセになってしまわないよう、早めにしつけを開始しましょう。

  1. 犬が吠えているときはその原因について探ります。原因を取り除いたり、慣れるようにトレーニングしたりすることによって無駄吠えも落ち着いていきます。
  2. 子犬のうちから他の犬や生活音などの刺激に慣れさせておくことも大切です。
  3. 無駄吠えをしたときは反応しないようにしましょう。吠えても何も起こらないと学習すれば、無駄吠えも自然と減っていきます。

噛み癖のしつけ方法

イタリアン・ポインティング・ドッグは温厚で友好的ですが、体が大きいので人やほかの犬を噛んでしまうとケガをさせてしまいかねません。

かつては狩猟犬だったルーツを持つため、狩猟本能が残っています。噛むという行動は本能的なものなので完全にやめさせることはできませんが、噛んでもよいものといけないものの区別を教えることは可能です。

歯が生え替わる時期は、しきりにものを噛もうとします。これは乳歯が抜ける前の違和感による行動で、通常は永久歯が生え揃えば落ち着くため問題ありません。 噛んでもいいおもちゃなどを与えましょう。

  1. 手などを噛まれたときに大きな声を出してしまうと、喜んでいると犬は勘違いしてしまいます。絶対に反応しないようにしましょう。
  2. 噛まれたときはおやつを握った手を鼻まで近づけ、気をそちらに向けさせます。犬が噛むのを止めたらおやつを与えて褒めてあげましょう。これを繰り返し、噛むのを止めれば良いことが起きると学習させていきます。

待てのしつけ方法

優秀な猟犬であるイタリアン・ポインティング・ドッグは、狩猟犬の本能から猫や鳥などの小動物に反応してしまうことがあります。行動をコントロールし、トラブルなく過ごすためにも「待て」のしつけは重要です。

「待て」は、「おすわり」や「伏せ」ができることが前提のしつけです。「待て」の前に、「おすわり」「伏せ」のトレーニングをしておきます。

  1. おやつを用意し、「待て」の合図を出してから1秒後にそれを与えます。1秒待てたら2秒、2秒待てたら3秒、という風に少しずつ間隔を長くしていきます。
  2. 10秒まで待てるようになったら、待ての合図後に一歩下がってみましょう。できたら徐々に距離を取っていきます。
  3. 同時に解除の合図を出して、食べても良いタイミングについても覚えさせるようにしましょう。

留守番のしつけ方法

犬を飼うと、1匹で留守番させる場面が出てきます。

しかし留守番中に分離不安や寂しさから暴れたりいたずらをしたりすれば、イタリアン・ポインティング・ドッグの場合、体の大きさゆえに家屋や家具などに大きなダメージを与えかねません。 不安な気持ちで過ごすのは犬にとってもよくありませんので、犬も人も安心して留守番できるようにしつけましょう。

留守にする前に犬が快適に過ごせるよう夏や冬などはエアコンを効かせ、飲み水をたっぷり用意しておきます。

  1. まずは別の部屋に移動するなどして、短時間の不在から始めてみましょう。問題がなければ不在時間を徐々に長くしていきます。
  2. 留守番の前には犬が快適に過ごせる環境にしておきましょう。室温や飲み水、お気に入りのおもちゃなどを準備しておきます。
  3. 犬が寝ている間に出かけるのも一つの方法です。外出前に遊びの時間をたっぷり取ったり、食事の時間を調節したりするなどしておくと、犬もお昼寝しやすくなります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー