ミニチュアブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ミニチュアブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6019
update

イギリス、イングランド原産のミニチュアブルテリアはねずみ狩り用の犬種です。 愛くるしくもひょうきんでもある表情から日本でも人気のある犬種でのひとつです。 ではミニチュアブルテリアの性格や特徴、飼い方やしつけ方を見てみましょう。

6019
update

ミニチュアブルテリアの特徴

www.flickr.com

ミニチュアブルテリアは、名前のとおり、ブルテリアのミニチュア版、つまり小型のブルテリアです。

「ミニブル」なんて呼ばれることもありますね。

日本でも人気のある犬種です。

すでに1800年代には、小さいサイズのブルテリアの存在がありました。

とはいえ、国際畜犬連盟(FCI)に犬種として公式に認められたのは、ごく最近の2011年なんです。

それで、犬種としては新しい種類ということになります。

ブルテリアを19世紀に小型化したのは、闘犬やネズミ狩りのギャンブルで大穴として使うためだったようです。

とはいえ、現在ではペットとして人気で、性格も当初もっていた凶暴性を取り除き、おとなしくて人懐っこい犬種として愛されるようになっています。

見た目はブルテリアと同じですが、小さいサイズということで、日本でも飼育しやすいといえます。

ミニチュアブルテリアの外見的特徴

ブルテリアはもともと、ブルドッグとテリアをかけ合わせて作出さえた、闘犬またはネズミ狩りとして作出されてきた犬種です。

それゆえに、とてもがっしりとした体つきをしていて、骨も強く、筋肉質です。

クマや牛なども倒せるように、首も太くて、とにかくがっちりとしています。

そして1番の特徴は「顔」です。

頭部から鼻先までまっすぐ伸びていて愛嬌のある顔をしています。

顔の形がとても特徴的で、長い卵型のようですよね。

そして、目は三角形で小さめです。

でも、がっしりとした体つきに、そのつぶらな瞳がとっても愛くるしいんですよね。

被毛は短く硬いので、ザラザラしているように感じます。 色はホワイト、ブラック、ブリンドル、レッド、フォーン、トライがあります。

片側の目の周りに模様があるタイプはアイパンチが効いてて人気があります。

ミニチュアブルテリアの寿命・体型

ミニチュアブルテリアの体重とサイズの特徴ですが、体長と体高がほぼ同じ四角い形でガッチリ体型です。 筋肉質でプロスポーツ選手並みと評する人もいます。

ミニチュアとは言いますが分類は中型犬です。

サイズ感としては体高は35.5cm以下、体重は平均11?12kgです。

ブルテリアが、体高53~56cmほどで、体重が24~28kgほどになりますので、比べると小さいと感じますが、存在感は抜群です。

寿命は、平均で11~13年といわれています。

ミニチュアブルテリアの歴史

white dog breed bull Terrier on a walk in the forest beautiful

Serova_Ekaterina/shutterstock.com

ミニチュアブルテリアの歴史は、ブルテリアの歴史とともにあります。

もともとブルテリアは、18世紀のイギリスで犬をクマや牛などと闘わせるギャンブルのために作出されました。

つまり、闘犬として生み出された犬種ということです。

ブルテリアは、闘犬として作出されていたブルドッグと、テリアをかけ合わせて作出されています。

それで、「ブルドッグ+テリア」で「ブルテリア」と呼ばれるようになったですね。

そんなブルテリアには、サイズがいろいろといたようです。

なんと4,5kgにしかならない小さなブルテリアから、20kg以上にもなる大きなブルテリアもいたそうです。

それで、1863年にはすでに、体重が4.5kg以下の小さいブルテリアのクラスがあったことがわかっています。

19世紀に小型化が始まりましたが、その目的はペット用ではなく闘犬やねずみ狩りゲームのためでした。

つまり、家庭犬として愛玩犬として、小さいサイズにしたわけではなかったのです。

闘犬として、闘いを有利にするためにサイズを小さくしたのです。

ですから当初のミニチュアブルテリアはブルテリアの凶暴な性格を残したままの小型犬でしたので、大変扱いにくく人気がなくなってしまいました。 それも、極端な小型化が進められたことによって虚弱な子犬が生まれたりして、絶滅の危機に立つことにもなったようです。 しかしその後、1835年に闘犬が廃止されました。

そして、愛犬家によって犬種としてのミニチュアブルテリアの存続のために、サイズの変更や凶暴さなど性格の改善が行われ、現在の小型犬としてのミニチュアブルテリアになっています。

愛犬家たちは、家庭犬としての資質を持てるように、凶暴な性格を取り除き、より穏やかな性格に改良したのです。

1863年には、ドッグショーに登場し、1873年にはショーで優勝するまでになりました。

今では世界中で人気のある犬種になりました。

1939年には、英国ケネルクラブでブルテリアとは別の犬種として、ミニチュアブルテリアが登録されています。

この記事が気に入ったらシェア♪
1
通報

なんか、筋肉質に見えるんですけど!昔闘犬だったからなのかな。すっごいムキムキ、筋骨隆々な感じがする。怖そうな印象はあるんだけど、人懐っこいんですね。見た目と性格は必ずしもつながらないから、見た目だけじゃなくてきちんと性格も知っておかないとなー

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー