猫の不思議な行動。衣類を吸ったり噛んだりする意味は?

猫の不思議な行動。衣類を吸ったり噛んだりする意味は?

1881
update

猫が飼い主さんの脱ぎ捨ててある衣類に顔を付けて、吸ったり噛んだりする異常行動を見せることがあります。ウールサッキングと呼ばれる行動で、離乳が早すぎた子猫が母猫のお乳を吸う動作をしているのです。これが嵩じて異食になると害があります。この行動の意味から考えられる治し方をまとめました。

1881
update

猫が衣類を吸ったり噛んだり-ウールサッキングとは

Cute kitten biting a finger

Lisa Charbonneau/shutterstock.com

猫が衣類をふみふみしながら吸う行動

猫、とくに1歳未満の子猫の異常行動として、衣類や毛布をちゅうちゅう吸ったり噛んだりする行動があります。これをウールサッキングと言います。

吸ったり噛んだりするのは、衣類や毛布、バスマット、くつひも、カーペットなどから飼い主さんの髪の毛まで。繊維だけでなく、プラスチック類まで噛む異常行動をする猫もいます。

可愛いですが、ちょっと気になりますね。 多くは1歳までに自然に治まりますが、中には成猫になっても続ける子もいます。

食べた繊維は少量なら排泄されます。しかし、これが嵩じて異食という異常行動が習慣になると、食べた繊維で腸が詰まったりするリスクもあります。

どんな猫が、どんな意味で衣類を吸うの?

www.flickr.com

離乳が早かった子猫

子猫は12週齢くらいまで母猫と一緒に育つのが理想ですが、多くは固形フードを食べられるようになる6週齢くらいで、突然に母猫から引き離されます。

このような子猫が、衣類を吸ったりする異常行動を起こしがちです。 前足でふみふみするのは、母猫の授乳を促す行動のなごりであることを意味します。

また羊毛のラノリンという皮脂成分が、母猫の乳首のにおいに似ているので羊毛(ウール)を舐めたり顔を埋めたり、母猫への行動を転化したしぐさを意味します。

猫が飼い主さんの膝の上で服を吸う行動をとった場合は、母猫に甘えるような信頼感をもっていることを意味します。

一見異常に見える行動にも、意味があるのですね。

遺伝的な要因

サイアミーズのような、オリエンタルブリード(東洋血統、東洋種)と言われる長めの耳で三角の顔をした猫は、長い離乳期間が必要です。

そのため、通常の猫の離乳期間で親から離すと、衣類を吸う異常行動が現れやすくなります。離乳が早い子猫と同じ意味です。

ストレスを抱えた猫

先の理由とは逆に、何らかのストレスを感じた猫は、母猫の下で安全に過ごした時期への退行衝動という意味で、衣類を吸う異常なふるまいをします。

ストレスの原因としては、子猫であれ人間の赤ちゃんであれ新メンバーの加入、あるいは逆に誰かがいなくなったり、引っ越しをしたりなどの環境の変化があります。 ストレスにより指をしゃぶる行動は、人間の子どもにも見られる異常行動です

繊維を欲しがる意味

猫白血病や猫免疫不全などの感染症、摂食障害などが背景因子として関与している場合もあります。消化器の不調により繊維質を求める習性が、衣類などの繊維を噛むという行動に現れたという意味合いになります。

また猫が自分の体を頻繁に舐めたり、吸ったり噛んだりするときは、皮膚の病気が関与している可能性も考えましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 ふみ
通報

吸ってるのを見たとき、母乳を飲んでいる真似なのかなぁ?くらいに感じたことがあったんだけど、やはりその通りだったんですね。離乳が早すぎるのは良くないんだなと感じました。できるだけ母と長く過ごして欲しいなと今思いました。早いうちに別れてしまうのは寂しいでしょう。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー