スタンダードシュナウザーは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

スタンダードシュナウザーは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1868
update

くるくるの毛、気品漂う雰囲気が人気のスタンダードシュナウザー。でも抜け毛対策やケアが面倒そう・・。実際飼う際の注意点、コツとは?

1868
update

スタンダードシュナウザーの抜け毛は多い?

Standard schnauzer (mittelschnauzer) lying on green grass

Jagodka/shutterstock.com

被毛が美しいスタンダードシュナウザー。 でも飼うとなると、その被毛のお手入れが難しそうで気が引けてしまいますよね。 実際、スタンダードシュナウザーの抜け毛対策、ケアは難しいのでしょうか? スタンダードシュナウザーの抜け毛は他の犬種よりも多いのでしょうか?

スタンダードシュナウザーの毛質はダブルコートです。 ダブルコートとは、被毛が二種類の構造をしている犬種を指します。 ダブルコートの犬はアンダーコートとオーバーコートの二種類の被毛を持ちます。 皮膚から生えている部分はアンダーコートが生え、一般的に毛が密集して体温を保持する機能を果たしています。 そしてオーバーコートは硬く、外からの刺激や寒さから体を守るはたらきをします。 この二種類の毛を持つことで、体を守りながら厳しい寒さに耐えることができるのです。

ダブルコートなので他の犬よりも抜け毛が多いと言えるでしょう。 ですがさらに抜け毛が多くなる時期があります。それは「換毛期」です。 「換毛期」とは、季節の変わり目に毛の種類が変わることを指します。

「換毛期」は季節の変わり目にやってきます。 夏毛から冬毛へ変わるときは少なめですが、冬毛から夏毛へと変わるときには大量の抜け毛が出ます。

スタンダードシュナウザーの抜け毛ケア

スタンダードシュナウザーのようにダブルコートの犬の場合、抜け毛対策としてブラッシングが不可欠です。 ダブルコートの場合、アンダーコートは密集して生えています。 そのため、抜け毛が抜け落ちずに密集した毛に絡まってしまっている可能性があるのです。 抜け毛が多いときは気づかないかもしれませんが、抜け毛が正しく抜け落ちないことは皮膚にも良くありません。

抜けている毛が他の毛にからまって落ちないでいると、蒸れや細菌繁殖の原因になります。 蒸れは皮膚病の原因ともなるため危険です。 常に抜け毛を取り除き、風通しのよい状態にしておくことは大切です。

さらにブラッシングにより抜け毛を取り除くことは、家のなかを清潔に保つことにも貢献します。 お家に入る前、できればお庭などで抜け毛を取り除いてしまいましょう。

ブラッシングする際には、正しいブラシを選ぶ必要もあります。 ダブルコートのスタンダードシュナウザーのブラッシングには、スリッカーブラシがおすすめです。

スリッカーブラシとは、ピンの先端が細い金属製のブラシです。 一見危険に見えますが、この細いピン先のゆえに抜け毛を効果的に取り除くことができます。 とくにダブルコートの場合、アンダーコートの密集した毛から抜け毛を取り除く必要があります。 スリッカーブラシを使うことで、密集したアンダーコートに絡まった毛も除くことができるのです。

スリッカーブラシに抵抗がある場合は、ソフトタイプのスリッカーブラシを使いましょう。 皮膚への刺激も少なく、危険も少ないでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー