ジャーマンピンシャーってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

ジャーマンピンシャーってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ! 

3899
update

ドイツが原産国となっている「ジャーマンピンシャー(German Pinscher)」とても歴史が古く、ドーベルマンやミニチュア・ピンシャーのもとにもなっている犬種です。優雅な見た目と、堂々とした身のこなしは、とてもかっこいいですよね。 今回は、そんなジャーマンピンシャーについてご紹介します。

3899
update

ジャーマンピンシャーの特徴

Sable brown and black and tan miniature pinscher portrait on summer time.  German miniature pinscher sitting outdoors on a wooden pier with green background. Smart and cute pincher with big funny ears

Lisjatina/shutterstock.com

ジャーマンピンシャーは、ドイツ原産のピンシャー犬種の代表とも言える犬種です。

単に「ピンシャー」と呼ばれるときには、この犬種を指しています。

ドイツ語では、「ジャーマン・ピンシェル」と発音されます。

他にも、「スタンダード・ピンシャー」とか「レー・ピンシャー」と呼ばれることもあります。

「ピンシャー(Pinscher)」というのは、フランス語などで「つまみ捕らえる」という意味をもつそうです。

ジャーマンピンシャーは、ネズミ駆除のための使役犬として活躍していました。

狩猟能力がとても高く、使役犬として人気だった犬種ですが、ペットとしての素質も高く、友好的で家族にとても優しい性格ゆえにペットとしても愛されています。

ショードッグとしても活躍しています。

世界的に見て、頭数が多いわけではありませんが、安定した人気を持ち、日本でも少ないとはいえ、毎年登録されている犬種です。

見た目はとても凛々しくて、いかにも”猟犬”といった感じがしますけど、とても優しくて、飼い主二従順で、賢くしつけもしやすいということから、飼育しやすい犬種としても知られています。

もちろん運動量はかなり必要ですので、愛犬を一緒にたくさん遊びたい!というアクティブな人が飼育に向いていますね。

ジャーマンピンシャーの外見的特徴

ドーベルマンンシャーは、体高が45〜50センチメートルほどです。

体重は14〜20キログラムほどになります。

それで、中型犬に分類されています。

なめらかで短毛の被毛を持ち、体はすっきりとしていますが筋肉質です。

無駄のないその体つきは、優雅さも感じさせます。

短めのスムースコートなので、その筋肉質な体つきがとても良く映えるんですね。

わずかにアーチを描く首と、小さな頭を持ちます。

小顔なんですね。

顔には、シワが少し入っています。

本来の耳はたれ耳なのですが、断耳されることもあり、その場合立ち耳になります。

しっぽも本来は長いのですが、断尾されることもあります。

とはいえ、現在は動物愛護の精神から断尾や断耳されない個体も増えています。

シュナウザーとは兄弟犬種で、シュナウザーのように力強く、その身のこなしはとても堂々としています。

「ミニピン」の愛称で親しまれているミニチュアピンシャーは、ジャーマンピンシャーを小型化した犬種です。

小さな巣穴にも入れるようにと品種改良されました。

ジャーマンピンシャーに、ダックスフンドやイタリアングレーハウンド、ミニチュアシュナウザー、マンチェスター・テリアなどを交配しています。

そして、警察犬としても有名なドーベルマンは、逆にジャーマンピンシャーを大型化したものです。

こちらは、19世紀後半に優秀な護衛犬として作出された犬種で、ジャーマンピンシャーをもとにして、ジャーマンシェパード、ロットワイラー、ワイマラナー、マサチューセッツテリアを交配して生まれました。

それで、ミニチュアピンシャーやドーベルマンは、ジャーマンピンシャーととてもよく似ている容姿をしているんですね。

日本においては、ジャーマンピンシャーは珍しい犬種となります。

しかし、ジャーマンピンシャーの小型版であるミニチュアピンシャーは人気の犬種なので、街などでも見かけるかもしれません。

性格などは、ミニチュアピンシャーとほとんど同じと言われています。

とはいえ、ジャーマンピンシャーは護衛犬としてより優秀であり、訓練次第ではレスキュードッグやドッグスポーツでも十分活躍できる能力を持っているとされています。

ジャーマンピンシャーの寿命・体型

筋肉質で優雅で美しい体つきをしているジャーマンピンシャーですが、体型としてはスクエア型です。

体高と体長がほぼ同じくらいになります。

寿命ですが、12〜14年といわれています。

アクティブな犬種ですが、戦後に頭数が減ってしまい、なんと5頭のジャーマンピンシャーから繁殖がなされて現在に至っているという経緯があるため、遺伝性疾患に注意しなくてはいけない犬種となっています。

さらに、運動不足による肥満などによって病気が発症しているケースもあるため、十分な量の運動をさせてあげることや質のよい食事などによって、健康維持と管理をしてあげる必要があります。

ジャーマンピンシャーの歴史

Cute pinscher in winter forest

Fusekle/shutterstock.com

ドーベルマンンシャーは、とても古い歴史をもつ犬種ですが、その起源については謎のままなんです。

とはいえ、1880年にはすでにドイツのスタッドブックに乗っていました。

この犬種の祖先となっているのは、ラフ・コーテッド・ピンシャーと呼ばれる犬です。

この祖先犬は、スタンダード・シュナウザーの祖先でもあり、つまりジャーマンピンシャーとスタンダード・シュナウザーは兄弟犬なんです。

もともと、同じ祖先犬をもつこの2種ですが、剛毛で長い毛をもつタイプは「ワイヤーヘア・ピンシャー」と呼ばれ、一方で短い被毛タイプは「スムースヘア・ピンシャー」と呼ばれて、それぞれ別の犬種として育種されるようになりました。

そして、ワイヤーヘアタイプの犬がスタンダード・シュナウザーとなり、スムースヘアタイプの犬がジャーマンピンシャーとなったわけです。

よく、ジャーマンピンシャーは、ドーベルマンを小さくした犬と思われていたり、ミニチュアミンシャーもドーベルマンの小型版と言われることがあります。

しかし、その歴史を見ると、犬種として一番古いのは、ジャーマンピンシャーであり、ミニチュアピンシャーもドーベルマンの土台となった犬種なのです。

そして、見た目としてはこの2種にとても近いとはいえ、より近縁なのはスタンダード・シュナウザーということになります。

もともとネズミ駆除や番犬として働いていて、その狩猟能力の高さから優秀な使役犬として人気となっていました。

古い歴史を持つとはいえ、イギリスを始めとする原産国で犬種として認められたのは19世紀に入ってからと、比較的最近のことです。

しかし、他の犬種と同様、世界大戦の戦禍によって頭数がかなり減少してしまい、ほぼ絶滅寸前にまで追いやられてしまいました。

なんと、西ドイツにおいて1949年からの10年間の間には、1頭も出産されなかったようです。

その絶滅の危機は、西ドイツで1958年に発足したジャーマンピンシャー再生プロジェクトです。

ミニチュアピンシャーの愛好家であったワーナー・ユング氏とその他の繁殖家たちが立ち上がり、西ドイツに残っていた4頭の大きなミニチュアピンシャーと、命がけで東ドイツから密輸した一頭の純血のミニチュアピンシャーの合計5頭を基礎とした育種が行なわれました。

つまり、現在いるミニチュアピンシャーというのは、すべてその5頭の血筋であるということです。

それゆえに、近親交配による遺伝性の疾患に注意する必要があるのですが、優秀で家族に対して忠実で愛情深いこの犬種が守られたというのはうれしいことですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー