愛犬におすすめ!「プロバイオティクス」配合サプリを調べました!

愛犬におすすめ!「プロバイオティクス」配合サプリを調べました!

2725
update

ワンちゃんの腸内環境です。腸内環境はワンちゃんの消化吸収や免疫にかかわっており、身体全体の健康を保つうえでとても大切な分野なのです。腸内環境を良い状態に保つためにはどのようなことができますか?プロバイオティクスがワンちゃんの腸内環境を正常に保つための大きな秘訣なのです。

2725
update

健康なワンちゃんとはどんなワンちゃんでしょうか?体調が良いことはもちろん、皮膚が滑らかで、被毛に艶があることも含まれるでしょう。現在病気でなく、今後も病気になりづらい身体であることも健康的に含まれる事柄ですよね。

よくご飯を食べ、しっかりと消化し、吸収してたくましい身体をつくることも大切です。こうした事すべてに対して万全な状態でいることはとても難しいでしょうか?

今回はプロバイオティクスについてご説明し、その成分を含むサプリメントをご紹介したいと思います。

プロバイオティクスって何?

Medical doctor drawing probiotics on the virtual screen.

Wright Studio/shutterstock.com

「プロバイオティクス」とは身体に良い影響を与える微生物(細菌)、またそれらを含む製品や食品の事です。

ワンちゃんの腸内にはたくさんの細菌が住んでいます。腸の壁には多くの細菌がいて、その様子を顕微鏡で見ると花畑のように見えます。そうした様子から、腸内細菌の集まりの事を腸内フローラ(花畑)といいます。

腸内フローラの状態はワンちゃんの健康状態を左右します。

腸内細細菌の働き別性能

・善玉菌 良い働きをする

・悪玉菌 悪い働きをする

・日和見菌 善玉菌と悪玉菌の中間的ポジション

の3つに分けることができます。

腸内フローラの良い状態は善玉菌が優勢な状態です。この状態を保つことができるなら、ワンちゃんの健康状態は良いものになるでしょう。しかし、悪玉菌が増えてしまうなら腸内環境が悪化してしまい、身体の様々な面に悪影響を与えてしまうのです。

プロバイオティクスと呼ばれる細菌たちはワンちゃんの腸内の環境を改善することが出来ます。善玉菌を増やし働きを活発にするよう助けてくれるのです。

プロバイオティクスの効果は?

では実際にプロバイオティクスを取り入れるとワンちゃんにどんな良い効果をもたらしてくれるのでしょうか?

腸内環境改善

X-ray of dog lateral view red highlight in gastric dilatation volvulus- stomach twists-double bubble pattern indicates stomach torsion has occurred- Veterinary medicine- Veterinary anatomy- blue color

Intarapong/shutterstock.com

善玉菌の働きが活発になるので腸内環境がよくなります。そうすることによって消化・吸収といった腸内の活動が活発になります。

ワンちゃんのうんちを確認してください。下痢や柔らかいうんちは正常な状態に戻るでしょう。またワンちゃんの臭いが軽減されます。ワンちゃんの身体から強い臭いや口臭が無くなると思われます。

定期的な摂取で被毛改善可能

ワンちゃんの皮膚や被毛が健康的に戻ることも期待できるでしょう。ハリのある皮膚、艶やかな被毛に戻り、ワンちゃんが持つ本来の美しさを手に入れることができるかもしれません。

免疫力アップ

また免疫力が向上することによって感染症や病気にかかりにくい身体になります。免疫力の向上は外部からの感染を防ぐだけでなく、体内から生じるガンをも抑えてくれるようです。ガンを予防する点でもプロバイオティクスは役に立つのです。

腸内環境はワンちゃんの身体全体に益がありますが、プロバイオティクスはそれをサポートしてくれるのです。

プロバイオティクスはどんな種類があるの?

プロバイオティクスがワンちゃんにとってとても良い働きをしてくれることが分かりましたね。ではプロバイオティクスにはどんなものが含まれるのでしょうか?私たちにとってもなじみ深い名前があるでしょう。いくつかご紹介しますね。

乳酸菌

Yogurt

jazz3311/shutterstock.com

ヨーグルトや漬物、キムチなどに含まれている菌です。ビフィズス菌、フェカリス菌、ガゼリ菌などは耳にしたことがあるかもしれません。そのほかにもブルガリア菌、カルピス菌、ビヒダス菌などもあり、有名な商品の名前がこうした乳酸菌と関連していることが分かりますね。

これらの乳酸菌は腸内届くときに善玉菌を増やし、整腸を促してくれるのです。

納豆菌

Bacillus natto

jazz3311/shutterstock.com

名前の通り、納豆に含まれている菌です。納豆菌も腸内に良い影響を与えてくれます。

糖化菌

糖化菌はアミラーゼを生産し、デンプンを糖へと分解してくれます。デンプンを分解することが出来ない乳酸菌の増殖を促進してくれます。

酪酸菌

酪酸菌はデンプンやアミノ酸を利用することで、腸内で様々な有益物質を作ってくれます。生み出した有益物質によって善玉菌の活躍をサポートし、悪玉菌の繁殖を抑制します。

酪酸菌には芽胞と呼ばれるバリアーがあり、胃酸を通過して腸内で活動できる微生物でもあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー