セントバーナードの体重や性格を考慮したしつけを知ろう!

セントバーナードの体重や性格を考慮したしつけを知ろう!

1100

大きな身体が特徴のセントバーナード。映画に主演したこともある犬種のため知っている方も多いと思います。温厚な性格をしているため、良いパートナーとなることでしょう。しつけも難しくはない犬種ですが、パワーが強いため間違ったしつけをしないように!飼い方もコツもお教えいたします。

1100 |

セントバーナードの特徴・性格とは?

Adorable Saint Bernard Purebred Puppy

tobkatrina/shutterstock.com

ドッグランや散歩道で見かけたら、思わず愛犬を守ってしまいそうな図体の大きなセントバーナード。 海外の映画で一躍有名になり、知名度が一気に上がり今ではたまにペットショップでも目にします。 一番の特徴でもある大きな身体とは裏腹に、とても温厚な性格をしているため、飼いやすい犬種として人気です。

体重は最低でも50kg!

体重は50~90kg。過去には110kg程になったという報告もあるセントバーナード。 もとは遭難救助犬ということもあり、寒さに大変強いという特徴をもっています。 その代わり、暑さには弱いため、夏場には暑さ対策をしてあげる必要があります。

とても温厚な性格!

セントバーナードは滅多なことがない限り、他の犬をいじめたりするような性格をもつ犬種ではありません。 そのため、しつけは大変楽だとは思います。 しかし、根本的なパワーが強いため、ダメなことはダメとしっかり教えてあげましょう。 特に小さな子どもがいるような家庭で育てる場合は、力加減などを教えておく必要があります。

セントバーナードへのしつけ方法

Saint bernard puppy playing with soft toy

Grigorita Ko/shutterstock.com

その温厚な性格のため、怒られることを苦手としています。 犬はその気がなくても、物を壊してしまうことがあると思います。 そのたびに怒られると犬は自信をなくし、好奇心をおもてに出さない内気な性格になってしまいます。 ですので、なるべく壊されたくないものは隠しておきましょう。

ゆったりと反応する犬種ですので、根気を持ちしつけをしてあげると、決して頭の悪い犬種ではないため、しっかりと物事を覚えてくれます。 もちろん、褒めてあげるときは全身を使い褒めてあげましょう。 撫で応えのある犬種ですので、落ち着いているときは褒めながら撫でであげましょう。

飼い方によってはパワーが抑えられない可能性がありますので、その点のみ注意が必要です。

老後のことも考えて

セントバーナードの老化が目に見えて始まるのは7~8歳ほどになってから。 もしも歩けなくなったときに、かついで移動できる人が身近にいますか? 80kgもの巨体を抱き上げ、病院まで連れていけるような人がいれば安心ですが、そうでない場合は、飼うことを最初に検討しなおしたほうがよさそうです。

セントバーナードは超大型犬の分類に入ります。 ですので、平均寿命は8~10年と短めです。 その間にしっかりと愛情を注ぎ、しつけをすることで従順で利口な犬になることでしょう。

もちろん長生きしてもらえるように、日々の体調管理もしっかりと行いましょう。

セントバーナードについてもっと知りたい!

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

セントバーナードって言うが写真が違う!

1 名無しさん
通報

セントバーナードの事を説明されてますが、犬の写真が2枚とも違います❗

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

犬の健康のおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー