セントバーナードってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!!

セントバーナードってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!!

6468
update

セントバーナードといえば、アルプスの少女ハイジのヨーゼフを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?実際にヨーゼフのモデルがセントバーナードかどうかは不明ですが、今回はセントバーナードの性格や特徴、しつけや飼い方のコツをご紹介します。

6468
update

セントバーナードの特徴

Saint bernard in winter

Grigorita Ko/shutterstock.com

筋肉質で足もしっかり太く、雪山をグングン歩いていける力があります。

被毛は長毛と短毛が居ます。

長毛は、直毛の場合とウェーブがかかっている場合があり、柄も様々です。

最初に短毛のセントバーナードが活躍していましたが、同種での交配が続くと、遺伝子に異常が出るため、ニューファウンドランドと交配することになりました。

その結果長毛のセントバーナードが誕生したんですよ。

短毛でも、長毛でもあまり性格は変わらず、穏やかで、どっしりした雰囲気のただようのが特徴の大型犬です。

セントバーナードの外見的特徴

体高が90センチ近くもなるその体は大型犬といわれる風格が十分あります。

また三角形の大きな垂れ下がった耳も特徴的で、骨太な筋肉質の足も重い大きな体を支える役割を果たしており、全体的にがっしりしていながらも柔らかい印象を与えます。

被毛はあまり知られていませんがロングとショートがあります。

セントバーナードの寿命・体型

Bernard dog, Bernard

Aneta Jungerova/shutterstock.com

8歳から10歳くらいが平均的な寿命といわれています。

セントバーナードは超大型犬であるため他の犬種と違って寿命は短めです。

とはいえ大型犬の中では平均的な寿命といえるでしょう。

肥満になったときにかかる負担を軽減させて寿命を延ばしてあげることができますので食事は大切になってきます。

体型は大型犬で体高が65センチから90センチあります。

当然ながら体重もそれなりにあって大きくなると90キロにもなることがあります。

筋肉が良くついていて垂れ耳が可愛らしさを演出しています。

尻尾も太いので体全体としてもこもこした感じに見えます。

セントバーナードの歴史

St. Bernard rescue dog in Zermatt, Switzerland, with Mount Matterhorn in the background

EmmepiPhoto/shutterstock.com

セントバーナードの歴史においてよく知られているのは、スイスとイタリアの国境の峠にある修道院での活躍でしょう。

このサン・ベナール修道院ではアルプスを越えていく人たちの救護の役割を果たしており、時には雪山での遭難にあった人たちを探索することもおこなっていました。

通説によると300年間に渡ってセントバーナードが携わって救助された人の数は2500人とも言われています。

19世紀に入るとセントバーナードの激減によりニューファンドランドとの交配が行われ、それまで短毛だった犬種が長毛の特徴を持つようになります。

1887年には正式にスイスの犬種として認められるようになりました。

この記事が気に入ったらシェア♪
16 アリゲーター
通報

セントバーナードって食いしん坊なんですね。体が多いから、食欲も旺盛なのかな。セントバーナードがたくさんモリモリ食べている姿は、きっと見ていて気持ちがいいだろうなってイメージがある。無心でパクパク食べ進めるのかな。

15 ROBOT
通報

セントバーナードというとアルプスの少女ハイジのヨーゼフのイメージが強すぎて、穏やかで賢くて人の痛みにそっと寄り添える犬なんだろうな~。前にスイスに行った時に山でセントバーナードをたくさん見かけたし、セントバーナードのロゴのついたバス?も走ってました。やっぱりそっちで多く飼育される犬なんでしょうね。

14 名無しさん
通報

超大型犬が成犬になるのに2年。 1〜2年の間は子供で、まだ成長します。 2年過ぎても成長する子もいるよです。 うちの子は2年ちょっとで成長が止まりました。

13 上海ミー
通報

セントバーナードといえばアルプスの少女ハイジですよね。子供の頃にアニメを見てから、いつかヨーゼフを飼いたいと思い続けていました。それで田舎の広い庭のある家に住める仕事を探して、昨年ついにセントバーナードを飼育始めました。穏やかで賢くてまさしくヨーゼフのような犬ですよ。

12 クーラーボックス
通報

セントバーナードは穏やかな犬種なんですね。「アルプスの少女ハイジ」にもセントバーナードが登場しますが、ほとんど床に大人しく座っていることが多いですよね。何かないと吠えないですしね。あのイメージの通りなんですね。ならば、確かに躾がしやすそうです。

11 ムートン
通報

犬の平均寿命を比較すると、セントバーナードの寿命は随分と短いですね。なぜ大きな差が出るのか気になりました。セントバーナードは超大型犬とのことですので、体が大きい分、様々な器官などへ強い負担をかけてしまうからなのでしょうか?

10 名無しさん
通報

セントバーナードは食いしん坊だから、おやつを使ったしつけは有効です!だって。大型犬なのに、威厳っていうよりも、一生懸命おやつを食べてる姿を想像したら、可愛すぎるー。 ただ、寿命が8年くらいっていうのは、短くてかわいそうですね。。一緒に過ごせる時間はあっという間に過ぎちゃいそうだから、いっぱい可愛がってあげないとですねー。

9 ゼロ
通報

やはり大型犬は短命な種類の子が多いですね。でも、それだからこそ幸せな人生を送ってほしい〜。そのためにも、ここに載せられていた注意点をよく守って少しでも長生きして欲しいですね。

8 道民
通報

セントバーナードは短命だったんですか、ちょっとショックというか長生きしそうなイメージを勝手に持ってたので寂しい感じがしますね。大きくて心は優しくてというのがセントバーナードのイメージですし、実際にそのとおりのようですからもし飼うようなことがあれば、愛情いっぱいで育ててあげたいですね

7 ベーグル
通報

アルプスの少女ハイジに登場するセントバーナードは、落ち着いていていつも大人しいイメージがありました。そのイメージ通りでしつけには手がかからないんですね。従順な性格だと確かにしつけがしやすいと思います。コツを掴んで上手にしつけをしたいと思いました。

6 名無しさん
通報

セントバーナードって長生きするってイメージがありましたが、そうではなかったんですね。なんでそんなこと思ったのかは覚えていませんが。勝手な情報が入っていたので、記事を読んで情報をupdateできて良かったです。よく動くので、関節の病気にも気を付けなければなりませんね。体重が重くなり過ぎないようにも気を付けます。

5 名無しさん
通報

夜食の時間を設けてあげると満足してよく眠るって、面白いですね。一日にドンっと上げるより、数回に分けてご飯を上げるのがポイントですね。大型犬ですと確かに体重もかなりのものになりますが、普段から運動と食事に気を配ってあげて大切にしていきたいですね。

4 名無しさん
通報

よくテレビや映画などで救助犬として目にするセントバーナードについて知ることができてよかったです。カッコよくて一度は飼ってみたいセントバーナードですが、それなりの場所が必要ですね。運動もしっかりさせて肥満にならないための努力やお菓子の上げ過ぎにも注意が必要なんですね。大きいので世話するのも大変そうですね。飼っている人すごい!!

3 花柄
通報

セントバーナードは大きいので、その分力も強いのでしょうか。大きいことで体重の重みが膝に負担をかけてしまうんですね。太り過ぎに注意が必要と書いてありましたが、何キロ以上が太っていることになるのですか?大型犬は太っているのか、元々の大きさなのか見極めが難しいかなと思います。

2 むむむ
通報

やっぱりセントバーナードっていうとアルプスの少女ハイジを思い出してしまいます。それにしても見た目どおりの性格で勇敢で責任感が強いっていいですね。それにしても寿命が短いのは残念ですね、遺伝的なもので仕方ないのでしょうが、できれば長生きしてほしいものです。

1 ロン
通報

え?!セントバーナードの寿命って8年?!そんな短いの?悲しすぎる〜。こんな短いと飼うのをちょっとためらってしまいます。愛犬とはできるだけ長くいたいと考えてしまうのは、人間の勝手な考えでしょうか?でも、そんな短い命だからこそ、楽しかった、幸せだったと思ってくれるように大切に飼っていきたいですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー