犬も人見知りをする?人見知りの犬がとる行動と克服させる方法を紹介!

犬も人見知りをする?人見知りの犬がとる行動と克服させる方法を紹介!

3276
update

犬も人見知りをします。でも人間が感じるような人見知りとは違い、犬の人見知りは自分より高い位置から見下ろしてくる人間や動物など生物全般に対して本能的に警戒することでする行動です。ここでは犬がどんな時に人見知りのような行動をするのか、また克服させるためにできることについて取り上げます。

3276
update
犬も人見知りをする?人見知りの犬がとる行動と克服させる方法を紹介!

犬も人見知りをする?

人見知り?

Eric Isselee/shutterstock.com

犬は人見知りをするのでしょうか?結論から述べるなら、犬も人見知りをします。しかし、人間が人と接するのがイヤだとか、人に会うのが恥ずかしいなどと感じる人見知りとは違います。

犬は人間のような気持ちはないため、自分より高い位置から見下ろしてくる人間や動物など生物全般に対して本能的に警戒します。つまり、犬にとって飼い主さん以外の人間は知らない生物である上、高い位置から見下ろして接してくるため、怖い対象になるわけです。

そして怖い対象に見せる態度や行動が、犬の人見知りと言われています。

犬が人見知りをする理由とは?

何かに警戒している?

Dmussman/shutterstock.com

友好的なイメージの強い犬ですが、人見知りが激しい犬や人嫌いの犬などもいます。では、犬が人見知りをする理由をみてみましょう。

①何かに警戒している

犬は自分のテリトリーを守るために、警戒行動として怖がることがあります。特に家に来る来客や、散歩中に出会う知らない人に対して恐怖心を抱き、吠えたり唸ったり、最悪の場合は噛みついたりなどの問題行動を招くこともあります。

②驚き

犬の中には子どもを苦手とする犬も少なくありません。なぜなら子どもは甲高い声を出す上、予想できない行動をするからです。何をされるか分からないため犬はパニック状態に陥ってしまい、自分を守ろうとして唸ったり噛んだり・・などの行動に出てしまうことがあります。

またシニア犬で人が苦手な犬の場合、昔より嗅覚や聴覚の機能が老化現象で衰えてきているため人の存在に気づきにくく、突然人の気配を感じたときに驚きから噛んだりすることがあります。

③不安

犬は人が何をするか分からない・・という不安な心理から、人見知りの行動をとることがあります。たとえば子どもは急に大声を出したり、急に走ったり、耳や尻尾などを掴んできたりすることがあります。またお年寄りの中には大きな声で話す人もいます。

人見知りをする犬はこれらのタイプの人をとても苦手とし、驚きや不安の心理から人に対して唸ったり噛んだりする行動をとることがあります。

④苦手な臭いがする

犬は人工の香りが強い香水やタバコの臭いを苦手とするため、これらの臭いがすると人見知りの行動をすることがあります。犬は人間よりも嗅覚が何十倍も優れているので、臭いがキツイ人は近くによってもらいたくないことが考えられます。

人見知りの犬がとる行動とは?

吠える犬

alexei_tm/shutterstock.com

人見知りをする犬の多くは、人が近づいてくると唸ったり吠えたりなど、さまざま行動や仕草をします。では、人見知りの犬が見せる行動を詳しく見ていきましょう。

吠える

人見知りの犬がする行動のひとつに、吠えることが挙げられます。人が近づいてきたときに吠える子もいれば、人が通り過ぎたときに吠える子もいます。また、吠え方も犬によって異なっており、軽く吠える子もいれば、相手が見えなくなるまでずっと吠え続ける子もいます。

犬が人見知りゆえに吠える行動は、”こっちに近づくな!”という意思のあらわれなので、無理矢理近づいて撫でようとするなら、噛まれるなどの危険があるので気を付けましょう。

逃げる

人見知りの犬が見せる行動には、逃げることも挙げられます。家の中に見知らぬ人が入ってきた時や散歩中に初めて会う人などに対して、十分な距離がとれる場所まで逃げようとします。愛犬が人見知りゆえに逃げるようなら、避難できる場所を確保してあげましょう。

震える

人見知りをする犬は、怖さや不安の気持ちが大きくなると震える子もいます。

目をじっと見つめてくる

犬が相手の目をじっと見つめるのは、相手に敵意があることを意味していることが考えられます。。つまり人懐っこい犬の場合は、人間が目を見つめるとすぐに目をそらすのです。ですから犬の目を見て、人見知りをしているかどうかを判断することができるでしょう。

犬が人見知りをすると困ること

お客に人見知り行動?

Milica Nistoran/shutterstock.com

犬が人に慣れておらず人見知りをするなら、さまざまな危険を招く可能性があります。特に次のようなシーンで困るでしょう。

初対面の人を攻撃してしまう危険性

犬が人に慣れていないと人見知りをし、特に初対面の人や子どもに対して攻撃的な行動をしてしまう危険性があります。具体的には唸り声を出す、噛む、威嚇、マウンティングなどさまざま方法の攻撃行動があります。

特に散歩中は初対面の人に会う確率が高く、すぐにトラブルにつながるので注意が必要です。

預かってもらうことができない

犬が人見知りをするなら、飼い主さんが急用や急病の時や旅行に行く際などに、人に預けることが難しくなります。犬を扱うプロであるペットホテルでも、人見知りをする犬は利用を拒否されることがあります。

災害時の避難生活が難しい

震災などの避難生活を強いられる際、人見知りをする犬は避難所に受けいれてもらうことができない場合があります。唸ったり吠えたりするなどして静かにすることができないと、避難所は多くの方に迷惑となってしまうからです。

自宅に人を呼ぶことができない

犬が人見知りをすると、初対面の来客に対して唸ったり、吠えたり、噛んだりする危険性があるため、気楽に人を呼ぶことができない・・と悩んでいる飼い主さんも少なくありません。

ご家庭にお子さんがいるなら、お子さんもお友達をおうちに呼ぶことができなくなってしまうでしょう。

犬もストレスが溜まる

散歩や日常生活の中で人に接しないということはまずありません。そのため、人見知りが激しい犬にとっては毎日の生活がストレスとなり、精神的にも肉体的にも大きなダメージを与えます。ストレスを解消しないなら、病気につながる危険性もあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー