犬や猫の身分証明書を作れるって本当?人気の犬猫証明サービスを紹介!

犬や猫の身分証明書を作れるって本当?人気の犬猫証明サービスを紹介!

3950
update

みなさんは愛犬や愛猫の可愛い身分証明書が作成できるサービスをご存じですか? 自分やペットのためにはもちろんのこと、友人や知人に自慢のペットを紹介するためや迷子札の代わりなど、さまざまな目的や用途で利用できるとあって注目を集めています。 この記事では犬や猫の証明書を作成できるサービスを紹介します。

3950
update
犬や猫の身分証明書を作れるって本当?人気の犬猫証明サービスを紹介!

犬や猫のための身分証明書がある?

犬猫の写真

Phase4Studios/shutterstock.com

みなさんは愛犬や愛猫の可愛い身分証明書が作成できるサービスをご存じですか?

自分と愛するペットのために作るのはもちろん、友人や知人に自慢のペットを紹介するためであるとか迷子札の代わりになど、さまざまな目的や用途で利用できるとあって近年注目を集めています。

この記事では犬や猫の証明書を作成できるサービスについてご紹介します。さっそくみていきましょう。

どうぶつ健康保険証

ペット保険

Rawpixel.com/shutterstock.com

アニコム損害保険株式会社(anicom)では、ペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」を提供しています。この保険は動物病院の通院・入院・手術まで幅広い補償に対応している保険商品で、どうぶつ健保ふぁみりぃに加入すると「どうぶつ健康保険証」が発行されます。

かわいいペットの写真が入った、世界にひとつだけの身分証明書であることに加え、財布に入るカードタイプの証明書なので、いつでも友人に自慢したくなることでしょう。

また、アニコム損保がJTBと提携し厳選した全国のペットと泊まれる宿やホテルなどの施設を利用する際、どうぶつ健康保険証を提示すると優待や割引サービスなどの特典を受けられることもポイントです。犬や猫はもちろん、鳥、うさぎ、フェレットまで契約することが可能です。

人間のケースと違い、ペットが病気やケガをしてしまうと治療費は全額自己負担となります。たとえばペットが骨折をし、手術1回、1週間の入院をするとおよそ25~30万円弱の費用が発生します。しかしペット保険に加入しているなら、発生した費用を負担してくれるので、飼い主さんが全額自己負担する必要はありません。

人間にとっての1年が4年に匹敵するペットにとって、1日でも病院へ行くことが遅れると症状はかなり悪化してしまいます。ペット保険に加入していないと、ペットが体調不良でも金銭的な不安から病院へ連れていくことを躊躇してしまう飼い主さんも少なくありません。その結果症状は悪化し、病院へ連れていったときには最悪の状態となっているケースはよくあります。

一方ペット保険に加入していれば、ペット保険が経済的負担を緩和してくれるので、すぐに動物病院を受診し、早期治療早期回復につながります。ペット保険を契約していない方は、証明書も発行されるペット保険・どうぶつ健保ふぁみりぃの加入を検討してみるのはどうでしょうか?

アニコム損保のペット保険 どうぶつ健保ふぁみりぃ

ペット免許証

ライセンス

Gustavo Frazao/shutterstock.com

犬・猫ペットの名刺とオリジナルペットグッズを扱っている通販サイト「POPO Store(ポポストア)」では、ペット名刺、ペット免許証、ペット健康手帳などオリジナルアイテムを提供しています。

その中でも特にペット免許証が人気を集めています。ペット免許証はその名前の通り、いわゆる人間の”車の免許証風”のペット名刺で、ペットの顔写真が載っています。

免許証風ペット名刺には、ペットの名前、ペットの生年月日、ペットの性別、住所、飼い主さんの名前(ハンドルネームやニックネームでもOK)、免許の条件、種類、毛色、体重などが記載されています。愛犬や愛猫のブログやSNSのアカウントを保有しているなら、URLやアカウント名を掲載することも可能です。

人間の車の免許は”○○年まで有効”と記載されている文字の下はグリーンやブルー、ゴールドなど色で区別されています。それと同じように、免許証風ペット名刺は”良い子にしてたら有効”とか”かわいいからずっと有効”などと自由に言葉を選ぶことができます。

また、豊富なカラーからペットのイメージに合ったカラーを選ぶことも可能です。用意されているカラーにはパステルグリーン、パステルブルー、パステルピンク、パステルパープル、グリーン、ブルー、ゴールドなどがあります。

ちなみに使用できるペットの画像は1枚ですので、愛犬愛猫がとびっきり可愛く写っている写真を選びましょう。

ペットの名刺・オリジナルグッズの専門店 POPO Store

ペット健康手帳

ペット情報

Rawpixel.com/shutterstock.com

上記でご紹介したペット免許証を扱っている「POPO Store(ポポストア)」では、ペット健康手帳も販売しています。メディアで紹介され話題となっているため、現在緊急で増刷されている今注目のアイテムです。

ペット健康手帳はその名前の通り、ペットの健康と美容についてすべて記録することができる飼い主さん専用の手帳となっています。ペット健康手帳にはたとえば次のようなことを記録することができます。

・ペットとお出かけする場所や日にち ・イベントのスケジュール ・通院やトリミングサロンに行った日の内容やその記録 ・体型や体重など日々の成長の記録 ・ワクチンやお薬について ・オリジナルレシピの作り方とペットの満足度 ・お気に入りのペットショップやグッズ

こうしたペットに関する正しい記録を残すことができます。ペット健康手帳のサイズはA6サイズ(105㎝×148㎜)、合計68ページです。

その内訳は表紙1ページ、名前1ページ、ダイアリー24ページ(12か月分)、スタイル表(サイズ表2ページ・体重表2ページ)、レシピ4ページ、通院カルテ3ページ、常備薬ワクチン2ページ、フィラリア・ノミダニ2ページ、トリミング6ページ、お買い物8ページ、メモ4ページ、そして裏表紙1ページとなっています。

ペット健康手帳の詳しい概要

ペット健康手帳には次のようなことを記載することができます。

・ペットの名前・特徴、飼い主さんの連絡先 手帳の最初のページには、ペットの名前と飼い主さんの名前を記入する欄があります。名前のほかにも生年月日、品種、毛色、性別、そして犬であれば鑑札登録番号、猫であれば去勢・避妊手術の有無などの情報も記載できます。

飼い主さんも名前のほかに住所やアドレス、メッセージ、SNSのIDなども記入できるので、万が一手帳を紛失してしまったとしてもすぐに見つかることでしょう。

・ダイアリー 12ヶ月分の日記や予定を記入できるダイアリーは、月や日付が未記入なので好きなタイミングで開始することが可能です。トリミングサロンや動物病院、お出かけする予定などを記入できるでしょう。

・スタイル・サイズ表 ペットの健康管理のために首周り、胴回り、腰回り、背丈などのサイズを12ヶ月分記録することができます。サイズの記録があればペットの成長記録にもなりますし、洋服や首輪などを購入する際にも役立ちます。

・スタイル・体重管理表 ペットの健康維持には体重管理が欠かせません。体重管理は健康管理の基本なので、太りすぎ瘦せすぎを予防するためにも毎月決まった日に体重測定をし、記録していくようにしましょう。成長の記録としても残せるので、後で読み返した時に楽しむことができるでしょう。

・食事レシピ ペットの健康手帳には、ペットの食生活記録も可能です。ペットフードを手作りしている飼い主さんは、オリジナルレシピの作り方や写真やペットの反応も記録しておくことができるでしょう。

・通院カルテ 病気やケガなどで動物病院などの記録も残せます。具体的には発症した部位、発症したときの様子、受診した日、病院名、担当医、診察・検査結果、処置内容、処方箋、症状の経過などについて詳しく記入することができます。

・常備薬・ワクチン接種の記録 ペットの常備薬やワクチン接種の記入について記録することができます。また犬猫に必要なワクチンの種類が記載されているので役立ちます。

・フィラリア・ノミダニ予防薬投与の記録 犬に住み着くフィラリアや犬・猫に着くノミダニを予防するためには、正しいタイミングで予防薬を投与することが大切です。ペット健康手帳にはフィラリア予防薬やノミダニ予防薬の投与日や記録ができるので、健康管理につながります。

・トリミングの記録 美容と健康管理のために、トリミングの記録を残しておくことは大切です。トリミングをした日付に加え、利用したサロンの名前、施術名、料金、満足度、次回の予約日時などを記入できます。

・お買い物やお店の記録 ペットフードやペット用品の購入記録を忘備録として残すことも可能です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー