犬にデコポンはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

犬にデコポンはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!

3604
update

別名「不知火(しらぬい)」と呼ばれるデコポンは、日本で品種改良されたみかんの一種です。デコポンは犬にも与えることができるフルーツです。与え方や量をきちんと守って与えさえすれば、犬にも健康効果を期待できます。ここでは、犬にデコポンを与える時に注意したいことやメリットを詳しく取り上げます。

3604
update

犬にデコポンを与えても問題ない?

デコポン

norikko/shutterstock.com

デコポンとはミカン科ミカン属の柑橘類の一つで、日本で「清見」と「ポンカン」を掛け合わせて作られたフルーツです。一般に「不知火(しらぬい)」と呼ばれることもあります。

適度な甘みと酸味が合わさって非常にジューシーで美味しいデコポンですが、犬にも基本的に安心して与えることができるフルーツです。犬は柑橘類を苦手としている場合が多いですが、中には好んで食べたがる犬もいます。犬はあまり味覚を感じない動物ですが、甘味だけは感じることができるので、甘いデコポンを食べたがるかもしれません。

デコポンを犬に与える時は、必ず外皮をむいてから与えるようにしてください。外皮には「ソラレン」と呼ばれる毒物性物質が含まれており、犬が口にしてしまうと危険です。

基本的にデコポンは種が少ないのが特徴で食べやすいですが、種があったら取り除いて実の部分だけ与えるようにしましょう。薄皮も取り除いたほうが良いでしょう。薄皮には毒性物質は含まれていませんが、繊維質が多く消化に良くないからです。種も同様の理由です。

犬にデコポンを与えてもいい量

オレンジを見つめる犬

Lori Beneteau/shutterstock.com

犬にデコポンを与える時は水分補給としておやつ程度に与えるようにしましょう。デコポンはミカン類の中ではカロリーも高い方です。また、デコポンも含め柑橘類は糖分も含まれているので、愛犬が喜んで食べるからといってたくさん与えたり、常習的に食べさせたりすると逆に健康を害してしまう恐れもあります。

犬にどれくらいの量のデコポンを与えてもいいのかは、犬の体の大きさや体重によっても変わってきます。では、犬の体重別に与えていい適正量を見ていくことにしましょう。

超小型犬の場合

超小型犬とは体重が4kg未満の犬種のことで、トイプードルやポメラニアン、豆柴、ヨークシャーテリアやマルチーズ、チワワといった犬が含まれています。

超小型犬に間食やおやつとしてデコポンを与える時は、1日に7g~17g程度で良いでしょう。デコポンは1房の重さが20g程度です。半分弱から1房弱を目安に与えるだけで十分な量と言えます。

小型犬の場合

小型犬とは体重が10kg以下の犬のことです。代表的な犬種の中には柴犬やパグ、ボストンテリア、シーズー、ミニチュアダックスフンドなどがいます。

小型犬に1日に与えられるデコポンの量は25g~40g程度です。ということは1房~2房を目安に与えることができます。

中型犬の場合

中型犬には体重が25kg以下の犬種が含まれます。例えばウェルシュコーギーや日本スピッツ、バセットハウンド、パセンジー、ビーグルやブルドッグ、ボーダーコリーなどです。

中型犬に与えていい適量は56g~81g程度なので、デコポン3房から4房程度を目安に与えましょう。

大型犬の場合

体重が25kg以上の犬種が大型犬に含まれます。アイリッシュセッターや秋田犬、アフガンハウンド、レトリーバー、ボクサー、ドーベルマンやダルメシアンといった犬種がいます。

大型犬に与えていいデコポンの適正量は約81g~117g前後なので、4房から6房程度と覚えておきましょう。

子犬の場合は注意が必要

デコポンは水分も多く、お腹を壊すこともあるので、消化器官がまだ発達しきれていない子犬には与える時はより注意が必要です。子犬の体重に関わらず「ごく少量」だけ与えるか、もしくはわざわざ与える必要はないでしょう。

犬にデコポンを与えることで期待できる効果

デコポン

kai keisuke/shutterstock.com

デコポンに含まれる「βクリプトキサンチン」というカロテンには、ガン予防や抗酸化作用の効果があります。また、デコポンはビタミンが豊富で代謝機能を高めるのに役立ちます。

他にも、クエン酸によって体内の酸性物質を減少させたり、疲労回復や血をサラサラにしたりする効果も期待できます。また、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維には便秘を解消し、胃腸の働きを整える効果があります。

犬にデコポンを与えるときの注意点

犬にデコポンを与える時は外皮をきちんと剥き、薄皮や種を取り除いた実の部分だけ与えるようにしましょう。

腎臓や心臓に疾患を持つ犬や薬を飲んでいる犬に柑橘類を与える時は注意が必要です。柑橘類に含まれる成分によって、薬の働きに影響を与えてしまう場合があるからです。もし、投薬中もしくは持病をもつ犬にデコポンをを与える時は、かかりつけの獣医師に相談してからの方が良いでしょう。

すべての犬にデコポンは大丈夫ということはありません。中には、特定の食材にアレルギー反応を示す犬もいます。もし、デコポンを食べた後で皮膚や目の周りに赤みが出たとか痒がっている、あるいは嘔吐や下痢などの症状が出ているなどアレルギーの反応が見られる時は獣医師に相談して指示を仰いだ方が良いでしょう。

オレンジやみかんは与えても問題ない?

デコポン以外にもオレンジや温州みかん、はっさくやいよかん、ぽんかんなどさまざまな種類のみかんがあります。いずれも外皮をきちんと取り除き、薄皮や種を取り除いた実の部分であれば、デコポンと同じように犬に食べさせることができます。いずれも糖度が高いので、量をきちんと守って与えるようにしてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー