犬にプリンはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

犬にプリンはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

3755
update

犬にプリンは与えてはいけません。プリンには砂糖が多く使用されているため、犬に与えると糖尿病になる可能性があります。また、卵や牛乳にアレルギーを持っている犬だと、アレルギー症状を引き起こすこともあり危険です。今回は、犬がプリンを食べてしまった時の症状や対処法について解説します。

3755
update
犬にプリンはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

犬にプリンを与えてはいけない理由とは

美味しそうなカスタードプリン

Alp Aksoy/shutterstock.com

プリンの原材料は主に牛乳・卵・砂糖です。犬にとって中毒となる危険な成分は含まれていないものの、以下の理由から犬にプリンを与えることはおすすめできません。

まず、プリンには多くの糖分(ショ糖)が含まれています。犬がこのショ糖を過剰摂取すると、下痢や嘔吐を起こしたり、肥満や糖尿病のリスクが高まります。また、ショ糖が原因で虫歯にもなりやすくなります。

さらに、プリンは卵や牛乳などたんぱく質が含まれた食材が使用されています。そのため、たんぱく質がアレルゲンとなっている犬の場合、プリンを食べてアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

加えて、犬のほとんどが「乳糖不耐症」のため、牛乳が使用されたプリンを与えることはおすすめできません。乳糖不耐症とは、乳製品に含まれる「乳糖(ラクトース)」を分解する酵素が少なく、乳製品を摂取したときに腹痛や下痢などの症状を起こすことを言います。

犬がプリンを食べてしまった時の症状

元気のない犬

Lindsay Helms/shutterstock.com

摂取した量などによっても症状のあらわれ方は異なりますが、犬がプリンを食べてアレルギー反応が起きた場合、以下の様な症状が出ることがあります。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 湿疹
  • 抜け毛
  • 脱毛
  • 血便
  • 震え
  • 痙攣
  • 皮膚のかゆみ

犬の近くにプリンがあって、このような症状が見られた場合は、プリンを食べてアレルギー反応を起こしていることが考えられます。症状がひどいと、ショック状態になることもあるため、注意が必要です。

犬に危険が及ぶ摂取量

スプーンの匂いを嗅いでいるポメラニアン

Leeyakorn06/shutterstock.com

犬に与えてはいけないプリンの量は特に決まっていません。しかし、犬が卵や牛乳にアレルギーを持っている場合、少量であっても上記の様なアレルギー症状が出ることがあります。死に至るケースはまれですが、犬の健康状態によっては重篤化する可能性は十分にあります。ゆえに、量に関係なく、犬にプリンは与えてはいけません。

また、プリンはカロリーが高く砂糖も多く使用されているため、少しの量でも継続的に食べさせていると、肥満や糖尿病のリスクが高くなります。

プリンを誤って口にしてしまった事例

犬がプリンを食べてしまいました。
今日の夕方にハウスから姉が犬を出して一緒に遊んでいて
姉が目を少し離した隙にドアが開いていた部屋に入ってそこにおいてあった
昨日のプリンを食べてしまいました。

食べた量は少量だと思います。
すぐに水を飲ませました。
2歳のチワワです、犬にプリンは大丈夫なのでしょうか?
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10132150180?__ysp=54qs44CA44OX44Oq44Oz

子犬の場合はさらに要注意

消化器官機能が未発達の子犬の場合、特に注意が必要です。子犬は体力がないので、下痢などを起こすとすぐに弱ってしまいます。また、成犬よりも体が小さいので、下痢が続くと脱水症状を起こす可能性があります。急激に症状が悪化することもあるので、何度も下痢をしているようであれば、すぐに動物病院に連絡してください。

犬がプリンを食べてしまった場合の対処法

病院で診てもらっている犬

Sergey Mikheev/shutterstock.com

犬が誤ってプリンを食べてしまったとしても、無理に吐かせることは絶対にしないでください。勝手な判断で応急処置をすると、犬の体に大きな負担となってしまいます。

アレルギーを持っていなくても、プリンを食べた後に下痢などを起こすことがあります。体調に何らかの異変が見られる場合は、放置せずに速やかに動物病院に連絡し獣医師に相談してください。

卵や牛乳にアレルギーを持っている場合、プリンを食べてショック状態になる危険もあります。すぐにかかりつけの病院に連絡し獣医師の判断を仰ぐようにしてください。

受診する場合は、「いつ食べたのか」「どのくらい食べたのか」「どんな症状が出ているか」など、具体的に伝えるようにしてください。また、市販のプリンを食べた場合には、パッケージや容器なども持って行くようにしましょう。

抹茶プリンやチョコレートプリンも与えてはダメ

美味しそうな抹茶プリン

Tawin Mukdharakosa/shutterstock.com

定番のカスタードプリンに加え、最近では色々な種類のプリンがあります。しかし、人間向けに作られたプリンはどれもカロリーが高く、糖分も多く含まれているため、犬には与えてはいけません。また、犬が摂取すると中毒を起こす危険な成分が含まれていることもあるので、注意が必要です。

例えば、抹茶プリンは少量でも絶対に与えてはいけません。なぜなら、抹茶に含まれる「カフェイン」が原因となって、カフェイン中毒を引き起こす可能性があるからです。犬がカフェイン中毒になると、痙攣や不整脈などの症状があらわれます。場合によっては、死に至るケースもあります。

また、チョコレートプリンも絶対に犬に与えないでください。チョコレートは犬にとって危険な食べ物のうちの一つです。チョコレートに含まれる「カフェイン」や「テオブロミン」の成分を犬が摂取すると、中毒症状を引き起こす可能性があります。少量でも犬には危険なので、絶対に与えてはいけません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー